2013年01月08日

ワタシ ハ ナリタイ

watasiwa.jpg

ワタシ ハ ナリタイ
アナタの チチニ
ナヤンデイル トキハ イッショにカンガエテアゲヨウ
クルシンデイル トキハ イッショにイタミヲ ワケヨウ
カナシンデイル トキニハ ハゲマシテアゲヨウ
 
ワタシ ハ ナリタイ
アナタノ アニニ
アナタガ サビシイトキハ イッショニ イテ アゲヨウ
ツライトキニハ ハナシアイテニナロウ
 
デモ タノシイ トキハ
ワタシ ハ ソノ アナタノ エガオヲ イツマデモ
ミツメテイタイ
 
ワタシ ハ ナリタイ
アナタ ノ サイアイ ノ ヒトニ
posted by tori's 108 at 18:48| Comment(107) | TrackBack(0) | diary | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年06月03日

サマーキャンプ 1989 posted by yossy

SummerCamp_890714_1.jpg

torigen とツーショットの写真は以外と少ない。記憶に残っているだけでも数枚しかないはずだ。その記憶を辿ってお目当てのアルバムをめくってみると、やはりそこに22年の時をさかのぼった torigen が居た。

左に居るのが当時33歳のボク、右が27歳の torigen。彼は右手の人差し指と親指を丸めている。カメラ目線でイカツイ睨みをきかし「お前らなー金のことやったら心配するな!」とでも言っているのか? 

バブル絶好調の1989年だからね。この2年後にはまさか奈落の底に落ちるとは考えもしなかったし、まして20年後のことを語り合うことすらなかった。

まもなく6.6。今年の夏は、このキャンプ場に行ってみるかな。
posted by tori's 108 at 19:19| Comment(117) | TrackBack(0) | diary | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月07日

夏休み特別企画「トイストーリー3」posted by 泥水飲込

Toy_Story_3_poster2010.jpg


子供達が嫁の実家に行ってしまい、夫婦だけで過ごした週末。


 こんな事は今まで一度も無いので二人ともどうしてよいか判らずに、どちらともなく「映画館に行こう!」と。

 昨年末、地元にシネコンがオープンして気軽に観に行けるようになったので仲良く二人で行ってきた。観たのは「インセプション」 重層化した夢の話が見応えありました。

が、その前に。実は次男と「トイストーリー3」も少し前に観たので、今回はそっちを。
続きを読む
posted by tori's 108 at 06:45| Comment(116) | TrackBack(0) | movie | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月23日

もんくがあったらかかってきなさい!

jigazo_blog.jpg




現世のごたごたは観ていられないね、ほんとに。
ばらばらのビートやメロディでも心地よいグルーブを生み出すのが
ポリティシャンの役割ってもんじゃないの。
オーネット・コールマンでも聴いて本物の自由を味わってみなよ。

続きを読む
posted by tori's 108 at 12:20| Comment(31) | TrackBack(0) | diary | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月23日

Toriさんへの手紙 posted by MAX

029_max.jpg

Toriさん、初めまして。IKEGAMIのパートナーをやっておりましたMAXです。

 

続きを読む
posted by tori's 108 at 07:30| Comment(80) | TrackBack(0) | diary | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月03日

あのころ、そして・・・

osanaikoro.jpg

あのころ、ぼくらは自由だった
ぼくがこれからどんな道を歩むことになるのか
何て考えることなく無邪気に遊んだ
ファインダーの奥にあるあの優しい瞳が
ぼくらを導いてくれたから

このごろのぼくはと言えば
中性子の様にただ漂っているだけ
プラスに流されることも
マイナスに引きずられることも無い
何かに束縛されることも無いが
自由という概念も無い

やわらかい光に包まれてただ漂うだけ
その光はみんなが放ってくれたもの
ありがとう、みんな・・・
ぼくはもうすべてに解き放たれているから




posted by tori's 108 at 09:39| Comment(17) | TrackBack(0) | diary | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月13日

お礼 posted by torigen@mother

ご一同様にはご壮健でお過ごしのこととお慶び申し上げます

 

過日 長男 torigen 儀 死去の節はご多忙の折柄 ご弔慰ならびにご厚志を賜り有難く厚くお礼申し上げますとともに 生前のご厚情ご心配をおかけ致しましたこと 本当にありがとうございました

 

49年間の人生とは短すぎるかも知れませんが「一生分のお付き合いをさせていただいたのでは」と 先日 IKEGAMI さんがおっしゃってくださいました通り 私もそう思うことにいたします

 

おかげを持ちまして滞りなく納骨の法要を相済ませさせていただきました

略儀ながらここに謹んでご挨拶申し上げます

 

平成21年9月12日

torigen@mother

 

 

追伸

お礼を申し上げるべき方々が大勢いてくださいますが お名前とお顔が判りかねますので 機会があればくれぐれも よろしくお伝えいただければと願っております

 

posted by tori's 108 at 04:04| Comment(92) | TrackBack(0) | diary | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月11日

tori's Styles オリジナルTシャツ

tshirt@blackred.jpgtshirt@black.jpg

Tシャツの予約受付を開始したのですが、コストの問題で悩んでいます。50枚程度の発注で1枚2000円、送料が別途で380円になってしまいます。オリジナルだからしょうがないか!なんて思ったりしますが、やっぱ高いですよね。刷色は赤か白を考えていますが、これも2種類つくるとなると割高になるしどちらかに決めなくてはです。みなさんご意見をお聞かせください。


★シルクプリントの版代が15000円程度かかりますが、これは tori's Collection のヤフオク販売でペイできそうです。torigen ありがとうなっ。

*写真は画像合成で作成しました。本物っぽいでしょ!

 

posted by tori's 108 at 07:01| Comment(103) | TrackBack(0) | goods | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月24日

森 博嗣 ―ZOKURANGER― 光文社 2009年4月25発行 posted by 泥水飲込

ZOKURANGER


鳥さんのブログに記事を書く、、、、思い出してみると、鳥さん宛に送ったメールを承諾なしに記事にされてしまった事が一度有ったが、記事を書いた事は無かった。

トップバッターということで、さて何を書いたらよいか、音楽・新譜CDというのが頭に浮かんだが、暫く買ってないんだなCDを。最近の興味は弾けもしないギター。今週ヤフオクで落札した小型ギターアンプ・ローランド・ジャズコーラス・JC−20について〜なんて書いても皆さんの関心を引くことは出来ないだろうし。

それで、鳥さんの書き方とは違うのだけど、先日読んだ本、森博嗣著・ZOKURANGERについて書こうと。


続きを読む
posted by tori's 108 at 07:48| Comment(68) | TrackBack(0) | books | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月16日

渋谷 毅 Live in KOBE BIG APPLE with 山内 詩子(Vol.2)

去年の夏、torigen と一緒に渋谷さんのライブ、神戸 Big Apple へ行った。
その時と同じコースを辿ろうとトアロードから少し横へ入ったお好み焼き屋さんへ立ち寄った。幸い店は空いていて去年と同じコーナーの隅の席に座ることが出来た。ボクの左手の席は、その時と同じように torigen のために開けておいた。
「ビールを飲むとなんか鼻が赤くなるねん。喉も変やしなー」そう言っていた彼を思いだす。
感傷に浸りながらもボクは、店主らしいおばちゃんに思いきって尋ねてみた。
「去年の夏にここ寄せてもらってんけど、ボクの横に座っていた従兄弟が、こないだ死んでしもてん」
「あー、覚えてるで。オープンしたての頃やからなー。京都から来てくれはったんやんな」
コリアンのおばちゃんは即座に答えてくえれた。
去年どんなメニューを頼んだかは忘れてしまっていたけど、とりあえず、韓国唐辛子(プコチ)のチジミと野菜たっぷりの塩焼きそばを頼んだ。もちろん生ビールもね。ライブが始まるまであまり時間がなかったこともあるけど、こんな時ほど直感的に決めてしまうのがボクの性格だ。
豚バラの甘みとニラの香り、そして激辛だけど甘みがあって香りも良い韓国唐辛子、甘酸っぱ辛いタレ。ビール呑みには絶妙のハーモニーだ。塩焼きそばもエビと豚バラの程よい旨味と塩分で箸を休める暇もなく2杯目のビールで喉から食道へ流し込む。いつものことだけど、ライブが始まるまであまり時間が無いからだ。
「せわしのーてごめんな。ライブ行ってくるし」
せかせかとトアロードを登ってBig Apple へと向った。

続きを読む
posted by tori's 108 at 22:36| Comment(45) | TrackBack(0) | music | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。