2008年07月02日

THE TING TINGS

westartednothing.jpg

WE STARTED NOTHING / THE TING TINGS
'04年に「DEAR ESKIMO」結成、大手レーベルと契約に至ったがデヴュー前にあっさり“首”になり、心機一転うさ晴らし的にJules De Martinoが(ds)、Katie White(g,vo)は初のギターで曲を創り始める。あれよあれよというまに大ブレーク、瞬く間にU.Kヒット・チャート1位となってしまう。ダンサブルでポップな楽曲を元気に演る姿勢が小気味よいのだが、この二人が面白いのはループ・ペダルを駆使し、演奏しながらビートやギター・リフを録音して、バック・トラックをその場で構築するらしい…(ライナー・ノーツ、新谷洋子氏の電話インタヴューより)。
この中で、Katie曰く『曲作りに参加していないミュージシャンをお金で雇うのは、ウソっぽいと思うのよ』と言い放っている、わはは。
トラックを駆使してといえば、我がchi-B & masta.Gもそんな少数派(日本では…)だが、ブレイクするまで家賃にも困っていたというKatie & Julesのイキサツやプレイ・スタイルを考えると俄に何だか近しいDuoに思えて来たのだ。しかし、音楽的方向性が似ていると言ってる訳ではない、双方がオリジナルを自らの信ずるままに創作している処に好感が持てるのだ。


01. Great DJ
02. That's Not My Name
03. Fruit Machine
04. Traffic Light
05. Shut Up And Let Me Go
06. Keep Your Head
07. Be The One
08. We Walk
09. Impacilla Carpisung
10. We Started Nothing

BONUS TRACK

11. Great DJ - 7th Heaven Radio Remix -
12. That's Not My Name - Soul Seekerz Radio Mix -
13. That's Not My Name - ☆Taku Takahashi Mix -


個人的には05「Shut Up And Let Me Go」の何処か、チア・リーダー的アメリカン・グラフィティを想像したりしてそのおキャンではち切れんばかりの若さを爆発させながらちょっぴりセクシーという雰囲気が新鮮なようなそれでいて旧くからあるステレオ・タイプ的なリズムとヴォーカルが耳について離れなくなってしまった(汗)。
posted by tori's 108 at 20:01| Comment(51) | TrackBack(0) | music | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ミュージシャンとの予想外の葛藤、もしくは融合みたいのがバンドの楽しさですが、表現の方向によっては「参加者」だけでやった方が間違いないかもしれませんね。
便利な世の中になったな〜。
Posted by J・AGE at 2008年07月03日 12:21
バンド・メンバーと色んな意見を出し合ってやってくってのは変化や良い意味での模索があって良いだろと思いますけどネ、Jさん。
このKatieの向こっきの強さもこれまたひとつのカラーかも知れませんね。そういえば、Rodrigo Y Gabrielaの彼女も気が相当強そうな…わはは。

あれ?さっき、泥さんがコメント・エラーが出ると言ってたけどちゃんと書けてるなぁ…栃木だけのピン・ポイント・エラーかっ?んな訳ないだろっ!わはは。
Posted by torigen at 2008年07月03日 13:01
信ずるままに創作に没頭すると貧乏なのでアル。
Posted by 御大@鹿児島 at 2008年07月03日 13:12
信ずるままに酒と女を追いかけるとだしょ?御大?
そっちでは色々旨そうなアテが次々出てるけれど、あの生の…ド忘れした…爆。あっカラスミや!あれって地元でないと食えないよねぇ?涎。
Posted by torigen at 2008年07月03日 16:52
テスト送信〜!!

ジャケは非常にロッキンでパンキッシュだと思います。ブロンディみたい。

どうだ!エイ!(と、送信する泥水)
Posted by 泥水飲込 at 2008年07月04日 09:04
入った〜ぁ!!

Posted by 泥水飲込 at 2008年07月04日 09:05
うむ、カラスミは、こちらでどうぞ…。で、昨日ひさしぶりに鶴田一郎ちゃんが、福岡からやってきました。8月2日から鹿児島で個展をやるそうで、その打ち合わせに。で、さんざん飲みました。

どう、8月個展にあわせてヨッシーとこっちにこない?
Posted by 御大@鹿児島 at 2008年07月04日 10:47
泥さん、わはは。

たぶんJさん宛と思しき携帯メールがこちらに入ってたヨ(汗)。

御大さん、福岡から鹿児島って随分時間かかるんでしょうね?想像が付かない。
鶴田さん、長いことご無沙汰ですわ、お元気なのかしらん?そうですか、個展を?
ヨッシーさんに負けず劣らず金欠なのでどうなることやら…わはは。 
Posted by torigen at 2008年07月04日 12:32
三重の桑名市のネカフェから送信します。訳あって3ヶ月は桑名です(逃亡ではありません。シ・ゴ・トです!)またまた、楽しそうなCDを見つけられましたねぇ〜。また、おじゃましに行きますのでゆっくりと拝聴させてください。新名神〜東名阪を使えば1時間で帰れました。でも、国道を使うとなぜか迷って3時間かかり、さすがザ・方向音痴とみんなを納得させました!
Posted by ぶうみん at 2008年07月05日 02:26
あれ、ぶうみん氏。
ひょっとしてネットカフェに泊まってるのかいな?って、ついさっきのコメントじゃあ〜りませんか?わはは。
Posted by torigen at 2008年07月05日 02:36
昨夜は雷雨。カミナリは大嫌い。

ネットカフェって、、、入ったことない、、マン喫も、、、メイド喫茶もないし、、、、
Posted by 泥水飲込 at 2008年07月05日 09:30
いやぁ、私もそういった店には行ったことないなぁ。ノーパン喫茶とかノーパンしゃぶしゃぶで接待を受けたこともありませんなぁ…わはは。
二週連続でなんと暇な…近くだったらゴンと遊びに行くのになぁ。
Posted by torigen at 2008年07月05日 12:00
まだ居ます。入居時刻が決まっているのですぐにでれず。雨が降ると困るな〜。
Posted by J・AGE at 2008年07月05日 12:52
えっ?遊んでくれるの〜??ねぇねぇ、毛布引っ張るの好き???って言い出しますよ、ゴンちゃんは。わはは。

雨が降るとお散歩が出来ないので、、、しかし今日は暑いし、、、夕方にはまたカミナリらしいし。

Jさん、気をつけて。
鳥兄は〜、DIYコーナーで車のリペアキットでも物色して、、、パテと格闘する?栃木までくれば当社の工場で修理できますが。その後どうなってます??

CDといえば。とうとう私、クルセイのストリートライフを入手いたしました。今までアナログしか持ってませんで。センターずれで微妙なワウフラともオサラバですわ〜
Posted by 泥水飲込 at 2008年07月05日 13:15
タントは明後日、入院します。もうだいぶ錆が出て来てます、わはは。
板金塗装は結構好きな作業で、中々の腕を持っていると自負しておりますが、時間とやっぱ場所がいるしねぇ。今回はディーラーの工場で治してもらいます。保険使ってネ、日動火災、わはは。

なんだなぁ、「Street Life」持ってなかったのかいな?それはまさか…という意味で落とし穴かもです。
Posted by torigen at 2008年07月05日 14:11
弊社取り扱い保険メーカーの東京海上日動火災保険のトータルアシストという商品ですね〜
塗装はホコリや湿気が大敵だし、、、、ね。私は絶対にその手の作業をいたしません。不器用だから。

でしょ?ストリートライフを持ってないクルセイファンは、、、いつも半斤さんに怒られるんですよ。アナログは持ってるんだよ、それでも。
実は他にも持ってないクルセイが沢山あるんだけどね。ほれ、寄り道しちゃうじゃん?おいら。
Posted by 泥水飲込 at 2008年07月05日 15:37
ま、集めたからって何にもならないしなぁ。
Posted by torigen at 2008年07月05日 17:30
グサッ…。
Posted by 半斤八両 at 2008年07月05日 22:56
わはは、半斤さん(汗)。
半斤さんのコレクションはこれまた普通と違いますもんねぇ!しかも、Crusadersに限って云えばStreet Lifeの前期が好きだっ!って人もおられるだろうし、んなこと関係なく全部好きだっ!っていう人もおられるだろうしねぇ、わはは。
Posted by torigen at 2008年07月05日 23:57
torigenさん、こんばんわ。また新しいのを見つけてこられたようで、ポストをじっくり読ませていただいていました。ジャケットを見ていると、はじけてそう?ですね。UKの音楽ってあんまり聞かないのですが、古さと斬新さがあいまったイメージがいつもあります。女王様がいてお城があるような国ですもんね。でもミニスカートやパンクが生まれた国でもあり、レゲエに真っ先に飛びついた人たちでもあり…おもしろそうな所ですよね。

ループをその場で構築しつつ…というのはヒップホップの人たちにもよく見かけます。その子達が使っているのは、PCかサンプラーなので、この方たちのように実際に弾いているわけではありませんが。私達のトラックは、kazhのギター(ベースやシンセ・ギターも使われていると思いますが、直接質問したことはありません。)は曲の頭から終わりまでリアルで弾けはるのが特徴です。たいていのトラックメイカー達(国内外)は、一番うまく弾けたのをコピー&ペイストでループさせてトラックにしているので、実際には演奏できない人が多いのですが、16ビートで延々とグルーヴしつつとても正確なタイムでカッティングしたりフレーズを弾いたりできるのが、kazさんの最も凄いところなのです。それがアース・ウィンド&ファイアーのジョニーさんと一緒に暮らした日々に受け継いだものという事です。いつの日か、ライブで演奏しているのを見せて差し上げたいです。間近で見るとちょっとビックリしますよ。同じフレーズをタイムをキープして綺麗にずっと弾く事ってかなり難しいようです。何年かのうちに一緒にやる時が来るかと思います。私がもっと上達できればかな。笑

話が少しだけズレますが、昔、音楽はたいてい”人と”やるものだったのが、ココ最近の流れを見ていると、機械を使ってなんでも”一人で”やろうとする人が増えてきましたね。バンドやら、もめながらも長〜くつづけるのには、結婚みたいな(した事ないですがw)気持ちのもちようが要るに違いないと思います。音楽はほんとにいろんな要素が組み合わさってて、一筋縄では行きません〜。私も夢はライブバンドでのステージです。DJがレコードやCDを回して、そこにスクラッチなども入れて、そして、生の楽器が乗っていく…アメリカで見たあのデジタルとアナログの融合が目に焼きついています。それができるようになるにはまだまだ時間がいるようですが、でもその方向に向かいたいものです。生演奏の方がやってても、見てても、絶対に楽しいですからね〜。がんばって何とか前進していこっと!大ッ好きなストリングスやら、ホーンズやら、オーケストラみたいにいっぱいの人と一緒にやりたいもんです。♪ いったい何年かかるやら…。夢は大きく持っていたいですよね。
Posted by chi-B at 2008年07月06日 02:42
ここでもリンクさせてもらってる『PIECES OF IMAGE』のギタリストHiroさんがWayne Hendersonとレコーディングした時、「もっと、生のバンドの音で演らなきゃ…」って云われたけれど現実、ギャラやスケジュールを頭に入れると…っておっしゃってました。名前を忘れたけれど、ベースのsoloで(シンセ内臓)演ってる人がFMに出てました、汗。
Macにも「Garage Band」などと云うアプリが始めからバンドルされてくる時代ですからねぇ。
Posted by torigen at 2008年07月06日 07:14
昨日、無事に移動しました。友人がさりげなく車で迎えにきてくれ、折角だからもっていけ、ということでギターも背負いました。
母は相変わらず周囲を味方につけるような狂乱を演じて私を責め続けていますが、最悪よりはいいかな、と。
Posted by J・AGE at 2008年07月06日 09:02
Jさん、お疲れさん。
Posted by torigen at 2008年07月06日 10:59
ループは、機材の進歩の恩恵ですね。一発芸・飛び道具の人もいますけど。使う人のセンス、といってしまえばそれまでだけど、、、リスナーとしては「こんなん聞いたこと無い!」ってのを歓迎したいです。

Jさん、良いお友達ですね、、、、心配です。

本日は次男の映画館デビューだったのですが、、、DVDの方がいいとの事。はぁ、、、
Posted by 泥水飲込 at 2008年07月06日 22:01
あれ、エラーが出たけどコメント出来てる、、、

よくジャストの演奏で「人間シーケンサー」とか「人間メトロノーム」とか言いますが。プリンス殿下のバンドなど本当に「生音」??って思うけど、「生音」だよ〜なんて言ってたり。
「人間シーケンサー」とか言われると無機質なイメージだけど、実際はそう感じないですね。むしろ正確な演奏が心地よく、、、、そこまで到達するための鍛錬を思うと、気が遠くなったり。
Posted by 泥水飲込 at 2008年07月06日 22:33
私の場合、やはり生音が一番しっくりきますが、そうでない場合も無機質な感覚のものは聴いてると疲れますねぇ。音場の広がりや奥行きの感じられないのもちょっとパス。
Posted by torigen at 2008年07月07日 03:20
生音はイイ!
人間の演奏が聴きたいぞ!ってわけですよね。

朝から電話が鳴り止まぬ週明け。
昨日と打って変わり、どんより、、、、次男の汗疹が良くなるだろうか、、、
Posted by 泥水飲込 at 2008年07月07日 12:00
アレンジの一環とか、SEとかで無機質な音が入るのはまぁいいか、と思いますが、それがほぼ表現だとつらいですね。
私はいまだにスタジオ一発録りですので、間違えやリズムキープを失敗することがばれないように、いつも違うことをします(爆)
Posted by J・AGE at 2008年07月07日 12:19
京都ははや30度超え…閉口します。
今年は特に暑くなりそうな…爆。
Posted by torigen at 2008年07月07日 12:43
torigenさん、こんにちわ。今日も暑苦しいお天気ですネ。LIVEのフライヤーを貼って下さってどうもありがとうございます。m(_ _)m 取り急ぎお礼まで。。。では、行って参ります!
Posted by chi-B at 2008年07月07日 14:47
5:00amに28度でした…汗。
クーラーつけて寝ると寒いし、一番やっかいな気象ですねぇ。
Posted by torigen at 2008年07月07日 19:15
話の流れと全然関係ないんですけど、久しぶりにHIROSHIMAのデビューLP(1979)を聴いてみたら、懐かしくて、そして、下手なんだけど、熱意がこもっていて、いいなぁと・・。(笑)

で、このヒロシマを最初に認め、アルバムのプロデュースまでしたのがウェイン・ヘンダーソンで、彼がいなかったら、この史上最初の日系(アジア系)フュージョンバンドの成功はなかった。

ザ・クルセイダーズはさすがだなぁと感心した次第。(笑)

詳細は拙ブログに書きました。能面のジャケットに帯まで付いている(笑)。LPの解説は上田力さんで、上田力さんは日本のフュージョンを引っ張ったひとのひとりですよね。

しかし、このLPから30年近くが過ぎたのかよ。歳を取ったわけだ。わはは。
Posted by asianimprov at 2008年07月07日 20:26
ネカフェに泊まろうかなぁ♪と思っているぶうみんです(笑)23時まで仕事をしてついさきほど帰ってきました。でもあと15時間後には三重県に行きます。夕方にToriさん宅に寄れそうでしたらカオを見せに行きます(おみやげはありませんハハハ)
Posted by ぶうみん at 2008年07月08日 03:27
Wayneに限らずCrusadersの面々は結構プロデューサ的仕事も好きなようですね、asianさん。でも、彼は特別面倒見が良いみたいでそういった仕事もたくさん過去にありそうです。

ぶうみん氏、よくやるよ…汗。
私なら三重から一歩も動かないだろなぁ、わはは。くれぐれも車走行中は気をつけて移動してくれヨ。
Posted by torigen at 2008年07月08日 03:39
ぶうみんさん、ハードワークですが、体調はどうなんですか?気をつけて。

じめじめしてますわ、、、乾燥機とエアコン除湿、、、サミットで警官の数が少ないのに昨日は事故が多発してました。気をつけよう。
Posted by 泥水飲込 at 2008年07月08日 09:25
まぁ、所属する組織が谷有り山あり…ひとつの山場を迎える時、組織人としては頑張らざるを得ないしね、ぶうみん氏に泥さん。
そんな中、拙速で幼稚な我が政府、高齢者や年金生活者、障害者などの寿命を縮めるような施作ばかりで弱者も守れない国に何が出来るのかいな?
Posted by torigen at 2008年07月08日 17:16
株式から先物・現物に流れる巨大マネー、、、現状ではここが一番の問題だと思うんだけど、どうすればいいのか、、、、
Posted by 泥水飲込 at 2008年07月08日 17:51
今、ぶうみん氏が慌ただしく来て帰っていきました、わはは。気をつけて帰れよう!
Posted by torigen at 2008年07月08日 17:57
半斤さん、龍さん、torigenさんならずとも、もうとっくにご存知かもしれませんが、さっきこの学校を見ててビックリしてました。http://www.arcint.com/music/pages/ccm.html
学校の名前は聞いたことがあったんですが、ウェインさんはミュージシャンであり、校長先生なんですね〜。ぜんぜん知らんかったです。お金があったら覗きに行ってみたいですがimpossible at this momentです。いくら「今なら20万円安くなるキャンペーン中です」だそうですゎ。笑

torigenさん、もうすぐPCをお送りします。荷造りがまだなんですが、近いうちにやります!グズグズしててごめんなさい。
Posted by chi-B at 2008年07月09日 01:06
きちんとした処だったら良いのですが…汗。

chi-Bさん、いつでも良いけど受取人払いでエエで。
Posted by torigen at 2008年07月09日 04:14
へ〜、Wayneが校長!
知らなんだ。
プロデューサー目指してワシらがクルセイダーズやめて。
手を広げるうちにミュージシャンの青田刈りに手を染めて…。
Posted by 半斤八両 at 2008年07月09日 18:49
ぶはは、半斤さん。
私もこれは知らなんだです、汗。とんでもない経営をやってないことを祈るのみであります、わはは。
Posted by torigen at 2008年07月09日 18:59
この情報は、私の知っているLA在住の日本人女性のHPからのlinkで知りました。他のLAの音楽学校は、現在は日本人に買収されてるので(日本人留学生からの収入がかな〜り大きいからでしょうね。毎学期=三ヶ月に一度ほど、百人〜二百人を超す団体で10代の子供たちがお金を落としにやって来ますからね。)、ここはアメリカ人が経営しているのが”売り”だそうです。どなたも必要ないかと思いますが、公式の学校のサイトはhttp://www.ccmcollege.com/jp/index_jp.htm です。学費は他と比べていませんが、どっちにしろ高いですよね。皆さんのカンパと命を受けて、代表で夏期講習かなんか受けに行って偵察してきましょうか??(笑)また超過激な変な日本人オバchanのOSAKAパワーを噴霧して来ましょか?笑いながら校長先生の背中バシバシ叩いたりとかして。(嫌われるょ)

By the way...torigenさん、メールありがとうございました。(^_^)
Posted by chi-B at 2008年07月09日 21:24
話変わって、、戻してか。このTTTのプロモを見ました。大太鼓叩いてました。男女のユニットだとホワイトストライプスが思い浮かぶけど、あっちは太鼓が女性だっけ。

そうか、、、カモか、日本のミュージシャン志望は、、、残念だな、、、
Posted by 泥水飲込 at 2008年07月10日 08:46
ま、カモといえば過去の栄光のみが自慢のバンドが再結成とかって云うと何故か日本での公演が組まれている(日本だけってことも…)。ちょっと小遣い稼ぎに手軽な国なのかも知れないよネ(汗)。

そういった、学校をひとつのキッカケとして外国での活動を…と思ってる人は良いのかもだけど、始めから日本人をターゲットにしている学校のうちどれだけの処が本当の意味しっかりしたカリキュラムや指導法を確立しているのか…多いに疑問であります。また、行くほうも非常に軽い気持ちでイッちゃう子達が多いのも難ありか…。
Posted by torigen at 2008年07月10日 12:07
私なんかだと、、、海外に行くだけでも大事だし、留学するなんていうのは想像できませんけどね。行くにしたら、かなりの覚悟が必要だろうし、、、
Posted by 泥水飲込 at 2008年07月10日 19:21
友人に、一旦高校卒業後会社に勤務してから一転、アメリカに自費留学した強者がいます。しかも大学修了後もそのまま十何年働きながら滞在。金が乏しいので好きなビールも無印ビールで我慢。何年かごとに短期帰国していろんな話しを聴かせてくれました。ここまでするとやはりその国の実情まで深く知ることになるので値打ちがありますよネ。一般的に云う留学とは意味が違ってきます。そういった人の多くはその国に行っても日本人のグループから外に出ることもせず、結局あちらの文化に深く触れることのないままカリキュラム修了と共に帰国するパターンが非常に多いのであまり留学の意味がなく、少し長い旅行のようなものだわね、これじゃ。
Posted by torigen at 2008年07月11日 04:03
なんていっても、姫やJさん、その他の人のように英語が出来ないのは、、、結果、日本人同士でたむろしてしまうわけだし。
Posted by 泥水飲込 at 2008年07月11日 10:16
行くまでの下調べがまず出来てないし、行ってから何を学ぼうとしているのか今イチ自分で判ってないような人が多いのですよ、汗。これはじっさいに欧米に定住している日本人によく聴く話しです、困ったことに…。
で、紛争などの問題が頻発している地域やそうではない国でもその国の住民さえ立ち入らない処へ単独で何も考えずにフラっと行ってしまう日本人、汗。
逆に目的意識をしっかり持って、事前に周到な計画を建てて諸外国でキャリアを積んでる見上げた人もなかには居ますけれどネ、これには拍手!であります。
Posted by torigen at 2008年07月11日 11:28
まっ、ダメなのは、どこに行ってもダメなんだよね。
あんまし人のことは言えないけど、、、

ムシムシする、、、ベタベタか。たいした雨は降らない栃木県北部。
Posted by 泥水飲込 at 2008年07月11日 17:48
鬱陶しい季節なのに、大分だっけの教育委員会に有明のギロチン裁判に対する国の対応…などなど腹立たしいことばかりで余計に鬱陶しいよネ。よくもまぁ、大きな顔して上訴するなどと云えたものだよネ?だって、きっかけ作ったのは住民じゃなくて国だろ?って、わはは。こいつら阿呆をぶっちぎってるなぁ。で、何を云うかと思いきや「入植した農民の安全が…」だって。何を言ってるんだろうね、それを何の根拠も無しに奨励したのは国だろがっ!
Posted by torigen at 2008年07月11日 18:44
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/102014879

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。