2008年07月21日

渋谷毅&竹田一彦Live

68fe.jpg

渋谷毅&竹田一彦 at BIGAPPLE
いつになくアダルトなDuoを堪能してきた。
お二人のキャリアを考えると気が遠くなりそうな程なのにセッションの経験がなかったという、そんなライヴだったけれど、そこはホレ海千山千のミュージシャン・シップで軽快でその上、奥深い演奏は圧巻だった。

b1e8.jpg 6dda.jpg

来客もいつもより少しアダルト、穏やかで心地の良い三ノ宮の夜だった。
1st stageが終了後、カウンターで少し四方山話のつもりが…もうこのまま飲んじゃう?的に落ち着いちゃって2ndはいつ始まるのか?っていう雰囲気に…わはは。
しかし、竹田さんのギターはホントに音色が暖かくって素晴らしい!なんだか人となりがそのまんまout putされているような出音が今も頭の中で鳴っているようだ。渋谷さんのいつものピアノともしっくり絡み合って極上のひと時を楽しめた。

20日のこの夜、関西あちこちで私の一押しやマイ・フェイバリットたちがライヴだったのでいささか困ったことになってしまったが、それぞれパフォーマンスばっちりだった模様でひと安心。

一応、そんな皆さんの模様はそれぞれのサイトでご覧頂きたい。

○ 溝口恵美子With with Two Guitars
    at  香櫨園
はらだ皮膚科クリニック
        http://blogs.yahoo.co.jp/satoshis37「さとしのブログ」

○ chi-B & masta.G LIVE
        at 東大阪 MOKSHA
        http://chib.seesaa.net/

○ キャタピラーズ LIVE
       at 大阪心斎橋 The Cellar
       http://blogs.yahoo.co.jp/msports326「ラディッグなレフティはローライダー」

それぞれが強力にライヴを繰り広げた模様であるのだが、如何せん身体は一つしか無かったりする…汗。スケジュールがダヴルどころかトリプル・ブッキングは非常に辛い。
しかし、メゲズにこの水曜日は京都RAGだったりして…わはは。

※新規リンク

『竹田一彦のホームページ』

http://www.h6.dion.ne.jp/~gt.kaz/

いぶし銀のギター!必聴だ。
posted by tori's 108 at 13:34| Comment(20) | TrackBack(0) | music | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
torigenさん、昨日もむちゃくちゃ暑かったですねー!遠くまで行かれた甲斐がある、期待通りの気持ち良いLIVEだったようですネ。こちらも面白かったです♪初めての方も入れて、思ったよりもたくさん来てくれはって、終わったら「あちらの右の端におられるお客さんからです☆」という”あこがれの”?映画のシーンのようなセリフとともに、メンバー全員への飲み物が運ばれてきて、うぅぅぅ〜うれし!なんて。(決してイヤシイ気持ちでなく。)笑

The Cellarは勝手知ったる場所ですが、もう長〜いこと行ってませんねぇ。外国人がたむろするバーだったんですが、今もそうなのかな?二回ほどLIVEをやりました。当時はバンドでお客さんが多く、百五十人くらい入って貧血で倒れた人もありましたが、今となっては遠い昔です。だってベース弾きながら歌っていた頃です。また顔出してみようかなと思ってた所でした。私の歌に合わせて、ご年配のカップルが抱き合ったり回ったりして踊っているのを見たのは、今のところあの場所だけで、思い出深い店です。

さて、次へ向けて計画たてに行ってまいります!
Posted by chi-B at 2008年07月21日 14:05
The Crllarってば、キャパ60名くらいじゃないの?そこに150人かよ!そりゃ倒れる人も出るわなぁ、わはは。

いやね、ほんと上にも書いたけれど知合いが関西各地で同時にやっちゃうから私としてはメッチャ困るんやけど…わはは。
三ノ宮も結構暑かったけれど、あちらは海があるせいか風がホドヨク吹いて絶えられないほどでは無かったけれど、終わって京都に着いたとたんムわっと暑苦しかったであります。
竹田さんのギター、GさんやBさんにも聴かせたかったくらい心地良かったですヨ。御歳70などとぜんぜん感じさせないパワーがありました。渋いミュージシャンってたくさんおられて嬉しい悲鳴ですけど、ホント身体が幾つあっても足りないですよネ。写真にあるようにずぅ〜っと一緒に話し込んでいるうちに2nd stage忘れそうになってました(汗)。

そっか『あちらのお客さんから…』がありましたか!わはは。そういったことがサラリと出来る粋人はカッコいいよね。
とてもワンダフル・ナイトだった訳やね?頑張るぞっていう気にさせるそんな夜は大事にしたいよネ!Feels so good!
Posted by torigen at 2008年07月21日 15:01
やー、お疲れさまでした。ほんとにいぶし銀の響きでしたね。そんな気品を感じさせるライブなのにエロ親父に変身している人が・・・。誰とは言えません。怖くて言えません。興味のある方はボクのブログでチェック!
Posted by ヨッシー at 2008年07月21日 15:10
あのね、誤解を呼ぶだろ…わはは。
で、そんなに酔ってた訳でもないし…爆。
それより番い(つがいで)毎回ロマンティック・モードに突入しているカップルの方が危なかったりするからなぁ、誰とは云わないけれど(爆笑)。
Posted by torigen at 2008年07月21日 16:14
見せていただきました、画像。確かに誤解、、、ぶわはは

ピアノとギター。山のようにありそうで、無いのかも知れません。どちらもコードが鳴らせるところが、難しいのかも。
Posted by 泥水飲込 at 2008年07月21日 19:10
観なくてよろしい…。
Posted by torigen at 2008年07月21日 19:26
なんや、からだの調子悪いのとちゃうんかいな……。よけいな心配したなあ。ま、お元気でなにより。
Posted by 御大@鹿児島 at 2008年07月22日 09:05
いやぁ、慢性でおまんがな御大さん。
なので週に1~2日はアルコールを抜くように心がけておりますが、平日(明日のように)にライヴの予定が入るとそういう訳に行かなくなってきたりして…わはは。

泥さん、ピアノとギターね。
たまたま明日も宮野さんと進藤陽悟さんでピアノとギターのDuoであります(汗)。しかし、連続は財布が厳し〜!わはは。
Posted by torigen at 2008年07月22日 11:51
私はキャパ40人のところに4人しか来なかったことならあります。
Posted by J・AGE at 2008年07月22日 12:11
Jさん、関西のE.D.Fというバンドの合い言葉を思い出します。『向かうところ客なし!』ってね。これはたくさんファンのいるE.D.Fのいささか謙遜がはいったキャッチフレーズですが、面白いよネ。
Posted by torigen at 2008年07月22日 12:25
今日は7時間ほど京都にいました。今から三重県に帰ります(行きます?)車中で渋谷サンを聞きながら新名神をできるだけゆっくりと走って・・・。一枚目のステージの画像を見ただけで
「よかったんだろうなぁ〜」という雰囲気が伝わってきます。また2週間後ぐらいに京都に遊び(?)にきますのでまたToriサン、ハナシを一杯聞かせてクダサイ!じゃあ、
Posted by ぶうみん at 2008年07月22日 23:05
ぶうみん氏、ごくろうさん。
次回帰京の際にはたぶん、『CRUSADERS/ SMOKIN' AT NHK HALL (1CDR)』Japan July 17, 1987が届いてると思いますヨ。聴きに寄ってくだされ。
Posted by torigen at 2008年07月23日 03:34
torigenさん、ヨッシーさん、みなさん、ビッグアップルまできてくれてありがとう。
ほどよく酔っぱらっていい気分でした。もちろん終わってからまたマスターと飲みに行ったんですけどね。
こんどの関西は9/14、15、16、です。16はビッグアップルで二階堂和美さんと。二階堂さんはいいですよ〜。でも平日なんですよね。わはは。
Posted by tshibuya at 2008年07月23日 09:13
どもども、渋谷さん。
あれからまだ飲みに行ったですか?汗。しかしよく体力が持つものですね、移動もあるし…わはは。
二階堂さんかぁ、この前のRAG以来になりますね?私。あのときは彼女のステージは無かったのでたくさんお話しましたが、個性的で可愛らしい人でした。その頃には少しは涼しくなってるでしょか?わはは。サーバのほうがダウンなので勝手にblogのほうもダメなのか…と思い込んでおりました、爆。
考えたら、んな筈はないと判りそうなもんなのに熱過ぎて頭が回転しておりませんでした(汗)。
てな訳で、『tShibuya blog』のほうもリンクしましたです、ヨロシク。
Posted by torigen at 2008年07月23日 12:27
渋谷さん、いやー最高でした。ギターとコラボもVery Goodです。親戚一同で行った甲斐がありました。torigenさんは父方の親戚、CDを買ってサインをお願いした写真のカップルが母方の神戸の親戚です。次回は9月ですね。さらに親戚を掻き集めて行きますろ!

torigenさんは、本日、おばさんの団体に囲まれながらのライブだそうな?
Posted by ヨッシー at 2008年07月23日 20:34
わはは、ライヴは怒濤のヨリで凄く良かったのですが、店に入った途端に異空間の様相が…わはは。
そうなのよ、おばさま達の団体ご一行が…汗。びっくりしたですよぉ〜。店を間違ったかと思った。

宮野さん、進藤さん、それにスタッフとりわけ西井君、お疲れさま。今日のぶんのpostは明日まで待ってやぁ…わはは。なにせ寝不足でへこたれあんちきしょ〜だから…爆。(すんません、東京のmiQQoからパクりました)
でも、進藤さんのピアノは華麗でクラシックの香りの強い?洗練を感じましたが、みなさんどうヨ?これからどんな変化が生じて行くのか非常に楽しみなピアニストでした。オマケにサード・アルバムまでゴチに預かってしまって恐縮でありました、有り難う。気合いを入れてpostしなきゃ〜なぁ(汗)。
Posted by torigen at 2008年07月23日 23:51
なんだか凄く楽しかったようで。

地震が多発ですね、、、怖いなぁ。私は気付かずに寝てましたけど。

ただいま、ハードロック・ヲタアニメなどが好きな友人に「ソウル・ファンクやジャズもええでぇ〜」と、色々聞かせてます。OSAKAは買ってもらいました。
近いうちに地元で大物ピアニストがリハ合宿をするらしいので連れて行こうかな〜と思ってます。
Posted by 泥水飲込 at 2008年07月24日 11:16
ども、泥さん。

地震、相当広範囲に及んだようで…

昨日の宮野&進藤Duoも非常に良かったですヨ。今回はフル・アコースティックな夜でした。
続きはpostで…わはは。
Posted by torigen at 2008年07月24日 11:55
兄さん、お久し振りです!お元気ですか?
竹田先生が出てる〜〜〜

marieも北新地のJack Roseで、そちらのママさんのご好意で竹田先生のギターで『Lovin' You』を歌わせて頂いた事があるんですよ!

竹田先生最高ですよね〜。
燻し銀のギター、まさにその通り!!
Posted by Kanafu Marie at 2008年07月31日 02:20
おっと、超ひさしぶりのkanaちゃんではないかいな?相変わらず夜中に元気やなぁ…わはは。

ホント、竹田ギター!エエ音色と深み、暖かみのある演奏にはハマりますよネ。今度「SUB」にもお邪魔するつもりであります。その「Jack Rose」も行ったことないなぁ…、一度行きたいと思ってるんですけどね。今、竹田さんのLPとCDが到着するのを待っている処です。
渋谷さんとのDUOも良かったですよぉ!
Posted by torigen at 2008年07月31日 04:26
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。