2008年08月09日

THE GOOD LIFE at SUB?

goodlife03.jpg

地下鉄谷町線・千日前線「谷町9丁目」駅下車6番出口上がる
『SUB』で、グッド・タイムを味わった。

先ずは、京都伏見から谷町9丁目に向かうために何をやったか…。
何しろ、大阪駅周辺と地下街の構造をよく理解していない私にとってはJRから市営地下鉄東梅田駅に到達するというのが今宵一番の難関であったことは云うまでもないだろう(爆)。
これをネットで調べ、印刷し、するのだが、おいおい『中央改札』と『中央出口』の相違はなんなんだ?公の呼称は統一すべきだろ?それとも違う意味を持つのか?…理解できない(汗)。高校、大学とずっと大阪の地でお世話になった私ではあるがそれでも、錯綜する地下鉄路線とこれまた付け焼き刃的に拡大していった地下街は方位磁石を持ってなければ方向を見失うのは必至だ。第一、阪神と阪急、JRと市営地下鉄の俯瞰で眺めた位置関係すら理解してなかった私にとってはまさに“清水の舞台”な訳(大汗)。(こんなとき、地元のKimちんなんかが助けてくらたらなぁ…携帯番号聞いておくんだった…)足が釣りそうになりながら到達した地下鉄東梅田のコンチクショウ駅(ごめん、miQQoちゃん。パクっちまった…汗)だったが、いざ、乗ってみればたったの5駅で着いてしまった。本日の収穫は赤が御堂筋線、青はなんだっけ?谷町線は紫だっ!…ってことを知ったってことか…などと思いながら「SUB」に到着。
で、いきなり汗。西山さんをイメージしてたのに、「OPEN」を知らせてくれたのは可愛らしいお嬢さんだった。(後の画像にこっそり写っている)

sublive03.jpg sublive09.jpg

いざ、店に入れてもらうと私が持つ音楽系Barの典型といっても良いスタイルに、初めて来たというのに既視感を覚えた。とはいっても、まだ2時間ほどあるで、お主…それまで酔っぱらってしまわないように気をつけるのが唯一の課題だったりして…。
取りあえず、この貴重なアルバムの内容を書かねば…ね、asianさん?


「THE GOOD LIFE」 KAZUHIKO TAKEDA with Strings

ARRANGED AND CONDUCTED BY KATSUHIKO TANAKA

[SIDE A]

01. Everything Happens To Me / M. Dennis, T. Adair
02. Secret Love / P. F. Webster, Sammy Fain
03. My Ideal / N. Chase, R. Whiting, L. Robin
04. Child Is Born / T. Jones

[SIDE B]

01. What Are You Doing The Rest Of Your Life / M. Legrand, M. Bergman, A. Bergman
02. The Good Life / S. Distel
03. When Sunny Get's Blue / J. Segal
04. Tadd's Delight / T. Dameron
05. 'Round Midnight / T. Monk

Akiko Nagano, Kiku Ueyanagi, Midori Kondoh, Hiroko Taguchi, Michiyo Kondoh, Mitsuyo Takeda, Toshiyuki Takagi, Hirofumi Fukutomi(vn)

Akiy Narikawa, Keiko Uematsu, Kazutaka Amada(vc)

Kiyoshi Takeshita(pf)
Shintaroh Nakamura(bs)
Jimmy Cobb, Joe Jones Jr. (ds)

Kazuhiko Takeda(g)

REC / 1985.5.16/28/.29 MAY THEATER, SUITA C.


「Bridges」につづいてこのLP「THE GOOD LIFE」をヘヴィ・ローティション。
アナログなので、ぶうみん氏に依頼してデジタル化。今はしっかり私のiPodに収まっている。
しかし、竹田ギター!衒わないし、媚びないのに根っこから主張する色合いはハッキリしてるという超難しいだろう“他と違う世界”を、いとも簡単に演っていると思わせてしまう技量はただ只、脱帽。渋谷毅さんのお陰でまたもや?凄い人と出会ったって訳だ、汗。

sublive01.jpg sublive02.jpg

で、心地よい西山満(b)、竹田一彦(g)のDuoを堪能してそのまま帰るものと思ってた私にサプライズがあった。充分、満足。西山さんとも色々お話しも出来たしお腹一杯って思った矢先、上のサインをくれた面々が怒濤のライヴだ…まいった、汗。
西山御大にレッスンを受けてる財 盛紘くん(18歳)がなかなか渋いベースを披露してくれたり、かのバークリー音楽院で本場のレッスンに耐えてきたプロ・ドラマー勘座 光くん、永年アメリカで鍛えた魂をブローしてくれたtsの長谷川 朗くん、乾いた明るい音色を簡単に絞り出す、tpの横尾 昌二郎くん。こいつら(失礼…)なんやねん?わはは。
常々、現状を悲観的に考えがちなJazz Seenは、これ、大丈夫っだっ!って思わせるくらいの熱演だった。そっか、SUBではこういう流れだったのネ(汗)。

sublive05.jpg sublive04.jpg
sublive10.jpg sublive08.jpg

sublive07.jpg sublive06.jpg

こんな実力の伴った若者たち、それにクロスするように沁み入る西山&竹田の音色はまさに圧巻。もう、随分まえから一緒にやってきた“家族”のような雰囲気のなかで、“だが、しかし”自分の音楽を追求しようとしている人たちと出会えて、これが一番の今日の収穫かも知れない。
峰厚介、古澤領次郎…有する「渋谷毅オーケストラ」を何故だか思い出してしまった…。

P1010325.JPG

で、右端で腕組みをしながら(ちょっと、怒ったような厳しい表情の…)で聴き入っているお嬢さんが店のサーヴを独りで頑張ってた人。ごめん、名前聞くタイミングを逸しました、でもお世話になりました、また伺います。

posted by tori's 108 at 09:59| Comment(31) | TrackBack(0) | music | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
谷町線は何両で運行ですか?相当、サブが好きなんですか?
日本の地下鉄の本もおすすめですよ!
Posted by タリタリラ at 2008年08月09日 11:01
こんにちは。

暑い毎日です!
がんばっていきましょう@@))


Posted by なつ at 2008年08月09日 11:24
遠征お疲れ様でした!終電ギリギリまでねばって、写真もいっぱい撮って来て下さってありがとうございます〜。お陰さまで店中の雰囲気がよくわかります。梅田はわかりませんよね。大阪の人でも迷いますもんね。今回のポストをいつもに増してとても楽しみにしていました。

大阪で、この「SUB」とそして「インタープレイ8(ハチ)」は、いつかは訪れてみたい名店と、かねがね思っていました。西山さんとハチ・ママさんは交流も深いと伺っています。どちらも人生かけてジャズを愛しきって支えてきた凄い人たちですね。100%リスペクト以外のなにものでもありません。いつもあちこちで記事などを見るたびに感動させられます。

SUBの近くに住んでたら、毎週でも行きたい所です。(そういう感覚で、GさんのBAGUSが私の街にはあったんですが)若手ミュージシャンさん達の成長も楽しみなことですネ。生演奏の方々と、いっしょに音楽をやれるようなFUNKYな未来を私も頭にいつも描いて練習しています。「まずは、一人一人がちゃんと演れることや。とにかく練習。それ以外はいらんこと。」という声を聞いてちびちびと進む毎日を過ごしながらも、楽しい夢はそっと見続けています。気になる西山さんのトークはどんな内容だったのかなぁ〜?ベースはいかがでしたか。

<蛇足コーナー:地下鉄の色>
御堂筋線は大阪の動脈、御堂筋を通るから赤。
四つ橋線は海に近い側を通るから青。
谷町線は寺町を通るから位の高いお坊さんの袈裟の色で紫。
堺筋線は乗り入れている阪急電鉄の車両カラーの茶色。
中央線は公園沿いだから緑。
千日前線は歓楽街のネオンのイメージでピンク。
長堀鶴見緑地線は『花と緑の万国博覧会』にあわせて開通したから花博カラーの黄緑。

だそうですヨ。今後のご参考までに。
Posted by chi-B at 2008年08月09日 14:12
来日したミュージシャンや、気鋭の若手たちの「ベース」としての『SUB』的位置づけがあるとすれば、凄く大事なことだと思いますね。
西山さんのキャラにも圧倒?されながら、戦時中のアメリカ軍キャンプや怒濤の勢いだったホワイト・ホースの話しなど、いろいろ今に繋がるJazz話しを拝聴してきました(汗&笑)。

竹田さんは、そんな会話を聴きながらニコニコしてるキャラなので、なかなか“たっちゃん”のことやアルバムについての話しが出来ずにいたのですが、ジャムが始まったらそれこそ怒濤!わはは。18歳から昭和1桁世代の混成Jazzが唸り出すとモロモロのことは二の次って感じで一斉にブレーク!これも音楽の成せる技ですなぁ。凄い。
で、若手って言ってるけれどそれは西山さんや竹田さんからみた解釈でありまして、テナーやドラムスの彼らは現役バリバリ!いやぁ、ホントにエキサイティングなセッションでありました(脱帽)。
Posted by torigen at 2008年08月09日 15:10
連絡遅くなりましたが、ヨッシーにたくさん焼酎を持たせました。しかも、めずらしいやつね。いっしょに飲んで、夏、乗り切ってくださいね〜。
Posted by 御大@鹿児島 at 2008年08月10日 13:23
ほんまかいな?
なんの音沙汰も無いけど…わはは。
Posted by torigen at 2008年08月10日 16:04
SUB行ったんですね。
地下鉄の改札を出て階段を上がって行くといきなりSUBが現れる。あ、ここにあるからSUBね。納得。
でも、ここを通る人はみんなそう思ってる、かどうかはわからない(笑)。
西山さん、竹田さん、元気でしたか。 
Posted by tshibuya at 2008年08月11日 15:26
SUBは「えっ、こんなところに?」というような場所にありますよね。ずっと前ですが、行ったことがあります。まだ続いている(失礼!)のが偉い。店主が真面目でミュージシャンもマトモなのだと思います。ラリパッパのピアノ弾きがいたら大変だ。わはは。
Posted by asianimprov at 2008年08月11日 15:32
渋谷さん、ども。
そうなんですよ、西山節に浸ってまいりました。あの階段の途中にあるのはビルが地下に貫通してるからなんですね?地下から地上に上がる途中と竹田さんから聞いてたのですが、想像と違ったです、わはは。お二人もお元気で、熱演を聴かせていただきましたが、後ほど集まってきた若手(といっても上は35歳のtsの長谷川 朗くん)がこれまた熱演でして驚きと共に多いに楽しめました。
Posted by torigen at 2008年08月11日 17:06
ども、asianさん。
竹田さんのお薦めもあって行ってまいりました。ミュージシャンと私、甥っ子の借りきり状態のような様相、こじんまりした店なのでゆっくりお話も出来て楽しかったであります。
ラリパッパのピアノ弾きがどなたなのか?は存じ上げませんが(汗)、二、三度来られたことがあるような話しをチラっと聞きました(爆)。
なかなかアット・ホームで店内は落ち着いた感じの良いお店でありました。
Posted by torigen at 2008年08月11日 17:10
その昔、近鉄阿倍野橋から天王寺へいく電車を
探していた私はアホでしょうか・・

明日はちょっと浮気してきます〜
Posted by ラ・マンチャの男 at 2008年08月11日 18:29
むむ、それは聞き捨てなんないなぁラさん、わはは。もうお盆休みに入ったですか?有意義な休みをお過ごし下さい。
私はと云えば、お袋が不整脈で心臓のCT検査と膝関節の治療とでバタバタしておりました、他にも色々と問題を抱えておりますが、ま、なるようになるさの心持ちでなんとか楽しく過ごしたいものだと思っております(汗)。龍さんや泥やんち、Jさん処でも家族がご病気だったりして、実際の処楽しく音楽を聴く環境におれなかったりするかもですが、皆さんの平安を心から願う次第です。
じっさい私はライヴに寄せてもらったりして、廻りのミュージシャンには感謝しなくちゃならない程のステージを楽しませて貰ったりしていますが、何かで気持ちに引っかかりがあるとしんどいですよね。この暑さも身体にこたえるし、ご自愛のほど宜しくです。
Posted by torigen at 2008年08月11日 19:00
全然話が違うけど〜
北島選手、世界新で金メダル、凄い!音楽も人に感動を与えるけど、スポーツも同じなんだな〜と本当にそう思いました。
Posted by 泥水飲込 at 2008年08月12日 10:04
そういえばオリムピックやってるんや…爆。
なんにも見てないなぁ、かろうじて新聞か。
それよりまたまた殺し合いをやってる国や地域が気になります。
ま、そんなことを考えれば当の中国内でもか…汗。
Posted by torigen at 2008年08月12日 12:12
泥さん、遅まきながら見ました。
負けたハンセン選手?アメリカの?あの彼が最後に抱き合いに行って祝福したのは良いシーンでした。
あれこそスポーツマン・シップ。最近の柔道なんかに見られる逃げてばかり、しかも試合会場の中でiPodを聞きながら道場に挨拶もしないし、試合でなおざりにしか頭を下げない。外国人だけじゃなくて日本人にも見られるけれど、あれじゃ相撲と同じで武道とはいえないですなぁ。
Posted by torigen at 2008年08月12日 15:53
国が争う・戦うのはスポーツだけにしようよ、、、とみんなで言おう。

勝敗至上主義、とでも言うか、、、
挨拶も出来ない選手は出場させない・マスコミもそれを叩く!ということも必要でしょうか。

明日からお休みを頂いて、お袋の初盆。
みなさんもお休みかな??
Posted by 泥水飲込 at 2008年08月12日 17:38
やっと本日終了し、明日から日曜まで休みであります、しかし、これと云ってすることがない。東京から久しぶりに帰京する友人と飲むくらいが予定であります、汗。子供はそれぞれ泳ぎに行ってるしなぁ…わはは。
Posted by torigen at 2008年08月12日 17:47
オリンピック見てて思うのは、審判の判定で勝敗が左右される競技は嫌だな(特に柔道はひどい。どちらかが一本取るまで時間無制限でやるべきだ。講道館の柔道はそうだった)ということと、競技によって体つきが違う凄さ。

水泳選手は筋肉モリモリではなく結構お肉がついているが、あれでスタミナがあるし、水と親和性がある?みたいな気がする。体操選手は反対に打ち身の跡などがあって痛々しい。

優勝した北島のことをイチローが「お前は魚類か?」と言ったらしいが、言い得て妙である。北島はマグロみたいだ。いや、鮫かな。泳ぎ続けないと死んでしまう魚みたいだ。ポニョではオリンピックには出られない。(笑)
Posted by asianimprov at 2008年08月12日 20:18
ま、ナショナリズムを高揚する手段にだけはなって欲しくないですネ。
Posted by torigen at 2008年08月12日 20:43
Toriさん、みなさん、ただいまデス。今回は24時間は京都にいることができます。さぁてと、今からこのブログのコメントを2週間分読んで、明日は
Toriさん宅へ訪問だ!!また、連絡します。皆さん、暑さはまだまだ続くみたいですので体調管理は万全に!
Posted by ぶうみん at 2008年08月12日 23:23
道混んでなかったかい、ぶうみん氏。
長期の休み中は、常にクルマ乗ってないドが付くドライバーも多いので気を付けて運転あれ。

しかし、先週いった「SUB」でのライヴはエキサイティングだったゾ。セッションをしてくれた全員がノリノリで、聴き応えバッチリのライヴでありました。直ぐ隣で爆裂するtsとtpに、一緒に行ったコーダイはコケておりました、わはは。
Posted by torigen at 2008年08月12日 23:37
♪torigenさん & 皆様、こんばんわ!

明日から日曜まで私もお盆休み突入です!
いつも前向きで明るいここの皆様の楽しいコメントを読んで、私も元気をいただいております。

Live楽しそう〜 

私はといえば、金曜に心斎橋あたりの路上ライブでたま〜に「おお!」と思う音に出会った時に足を止めてしばし観賞するぐらいです^^; 

暑いのはいやだけど、暑くなくなると寂しいような気もします。 

皆様お体気をつけて、もうしばらく夏を楽しんでくださいませ。

Posted by Kim at 2008年08月12日 23:55
Kimちん、ども♪

そっか、カレンダー的には私と一緒なのね?わはは。いやぁ、「SUB」での怒濤のセッション、非常に中味の濃い良いライヴでありました!竹田さんによるといつもあれだけのメンツが揃う訳ではなくて、グッド・タイミングだったようです。しかし、この店にはレッスンに訪れている若者たちも居たり、その後プロで活躍してる人が立ち寄ったりと良い雰囲気の処で、1970年オープンという38年間も頑張って来た西山さんには頭が下がります。
心斎橋にもこの前、chi-Bちゃんのライヴでちょこっとお邪魔してきましたが、アクセスとしては西心斎橋辺りなら簡単に着きましたね。若者の街なので活気と半裸の女の子で凄いですけど…汗。
また、機会があれば和ジャズや和R&Bも本気印がたくさんいるのでご一緒しましょう♪ね。
Posted by torigen at 2008年08月13日 04:21
はーい♪ 是非是非♪
Posted by Kim at 2008年08月13日 23:02
Kimさ〜ん、お元気でしたか?
メールしようと思いながらなかなかできなくてごめんなさい。Steveは7月中旬頃Al mckay bandと10日間ヨーローッパツアーだったようです。熱い夏にAlさんの曲は元気が出ますね〜〜。
あっ、tori兄さん久々のヤドカリしました〜。
Posted by Andy at 2008年08月13日 23:15
どもども、Andyさん(汗)
ど〜ぞ、ヤドカリも大歓迎ですよ、わはは。
Posted by torigen at 2008年08月13日 23:47
♪Andyさん、お久しぶりです。何とか生きてますよ〜
アルがヨーロッパに行ってたのは知ってましたが、スペイン42度でめっちゃ暑いけどツアーは楽しかったとゆーてはりました。 Steveも一緒だったのですか、、今度は日本にも一緒に来てほしいな。

torigenさん、ヤドカリ2ありがとさんです^^
Posted by Kim at 2008年08月14日 14:21
42度っすか?Kimちん。
もう殺人的温度ですね?わはは。
本日は京都、朝から曇りがちで少しマシです、汗。
Posted by torigen at 2008年08月14日 17:14
42度?! そんなに暑かったんだ〜。
Kimさん情報ありがとうございます。

地震情報が出たのに・・・toriさんの所は揺れなかったのですね、よかった。
Posted by Andy at 2008年08月14日 20:38
揺れはなかったように思われます。
しかし、熟睡してたなら定かではありません、汗。
変な時に短時間熟睡してた模様であります。
Posted by torigen at 2008年08月14日 20:52
torigenさん、こんな昔の記事を読んでるのにはわけがあってね、SUBのオーナーでありジャズ・ベーシストの西山満さん、昨日の早朝に脳梗塞で亡くなったそうです。だもんで、torigenさんがLIVEで遠く京都から遠征されてた時の事を読もうと思いました。ドラムのセシル・モンローさんもつい最近ボディー・ボードをしていて波にさらわれてしまったらしいので、もうそちらで会ってるかもですね。西山さんはもう80歳も過ぎておられたらしいけど、でも一週間ほど前まで演奏されてたそうです。会いたかったけど、またチャンスを逃しました。残念です。もう9月、秋ですねぇ。
Posted by chi-B at 2011年09月01日 01:41
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。