2008年09月25日

UNFINISHED BUSINESS

unfinishedbusiness.jpg thelife&timesofgatton.jpg

UNFINISHED BUSINESS / Danny Gatton / 1987
01. Nit Pickin' (Danny Gatton)
02. Lappin It Up (Danny Gatton)
03. Melanchly Srrenade (J. Gleason - D. Enston)
04. Sky King (Danny Gatton)
05. Homage To Charlie Christian (C Byrd)
06. Sleep Walk (J. Farina, S. Farina, A. Farina)
07. Fingers On Fire (A. Smith)
08. Cherokee (Ray Noble)
09. Notcho Blues (Danny Gatton)

BONUS TRACK

10. Quiet Village (previously un - released version) by Les Baxter

Danny Gatton (g). John Previti (b), Dave Elliot (ds), Brooks Tegler (Drums on "Cherokee" and "Homath to Charlie Christian")
Shannon Ford (Drums on "Nit Pickin" and "Melancholy Serenade")
Roger McDuffie (Tenor Sax on "Sky King" "Quiet Village" with Billy Hancock (b), Jimmy Baker (ds), Charlie Barden (vibes)


1987年、彼がメジャー・デヴューを果たす直前のスタジオ・レコーディング。
Blues, Classic, Jazz, R&Bなどの要素を彼流に解釈するとこうなるという見本のような録音だろう。
毎日のギグで培った共演者との呼吸は速成でレコーディングの為だけに作られた単なる寄せ集めでは表現しきれない“タイム”があってDanny Gattonの高速フレーズにもサポート陣が軽々と追従する様は実に心地良く圧巻でさえある。
前後してしまったが、この後にメジャー・デヴュー作「88 ELMIRA ST. 」が続くのだが、ミュージシャン仲間に絶賛されながら何故売れなかったのか私にとっては謎以外の何ものでもない。
強引とも云えるピッキングやネック・コントロールなどに現れるストロング系テクニックと、微細なコード進行から不思議に香ってくる、地元での熱いギグに根ざしたジャンルを超越した“大地の輝き”に伴う空気感はすこぶる付きのYES!!だ。
posted by tori's 108 at 20:16| Comment(19) | TrackBack(0) | music | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
フロントピックアップがもしかすると私のと同じです。
Posted by J・AGE at 2008年09月26日 10:48
私もフロントPUが気になった、、、レスポールJrとかについてるようなタイプにも見える、、、(Jさんと私しかわからない会話?)

ジャズヴォーカルで先日地元での凱旋ライブ?を行った友人とメールのやりとり。
このダニーのように売れる・売れないの差はなにか?プロとアマの違いは何か?などと。
Posted by 泥水飲込 at 2008年09月26日 12:57
あのね、宮野さんや竹田さんもちゃんと見ておられるよぉ、プロの目で、わはは。
しかし、このDanny Gattonの持ってたAmp類もエエで、泥さん。
Posted by torigen at 2008年09月26日 15:42
あはは、そうかも。(リアPUはなんだろ?)
AMPの写真があったら見せてください〜
Posted by 泥水飲込 at 2008年09月26日 18:13
Ampの画像か…。
ちょっと待ってや…わはは。
彼の公式WEB siteでたしか写ってた筈やで、(汗)。
Posted by torigen at 2008年09月26日 18:19
お待たせ。

え〜と、彼の公式Web siteはっと…。

http://dannygatton.com/

「Danny Gatton the definitive web site」

であります。
ヨロシク。
Posted by torigen at 2008年09月26日 18:23
これはおそらく「ジョー・バーデン・ピックアップ」というやつでしょう。ジョー・バーデン氏がダニーのために作ったら評判が良くて商品化したとか。

ダニー・ガットンは「この星で最高のピックアップだぜ」という言葉を残しています。

http://www.music-trade.co.jp/joebarden2.html

このアルバムでは冒頭のまるでベンチャーズみたいな「チェロキー」に笑ってしまいますねぇ。

Posted by asianimprov at 2008年09月26日 20:30
「冒頭の・・チェロキー」って書いたのは、僕が持っているCDとtoriさんのとは曲順が違っているから。

こっちのCDにはNotcho BluesのかわりにGeorgia on My Mindが収録されています。
Posted by asianimprov at 2008年09月26日 20:35
おお、ベースマンにブラックフェイス、、、いじり倒してるなぁ、、、

このジャケのテレのPU、デカくないですか?シングルサイズのツインブレイドっぽくないような、、、
Posted by 泥水飲込 at 2008年09月26日 21:17
なるほど、DuncanのHotrailと思った私が浅はかでした。Hotrailはシングルサイズのハムバッキングでした。
でもバータイプのピックアップって大好きです。
Posted by J・AGE at 2008年09月27日 00:49
Joe Barden Picups…ですです、asianさん。
申し訳ない、asianさんもリンク先のち〜旦さんも超お詳しかったデス(汗)。
それもDanny Gattonの為に造ったDanny仕様のピックアップ。メジャーで売れたかどうかに関係なく業界人は納得の腕を持ってたということでしょうね。
この人の持ってたAmpなんかも、楽器が出来ない私でも部屋に飾っておきたいヴィンテージが目白押しで、新しいモノを取り入れながらもヴィンテージ・サウンドに拘ったって云う姿勢にも共感します。

http://www.prosoundcommunications.com/interviews/joe_barden1/page1.html

で、asianさん、この人の選曲もなんだか私の嗜好に合致する部分が多々あって例えば「CRUISIN' DEUCES」なんかも冒頭から心地良いんですよね、何故か。その上に毎日のギグで培われたバンドとの“あ、うん”の呼吸ってのかアルバムを聴いてるだけで地元のライヴ・ハウスかバーにでもワープしている錯覚が体感できる稀にみる人に思えるんです、わはは。
上手い下手を超越して、自己の世界感に聴く者を瞬間移動させてしまうミュージシャンってのは数少ないけれど、彼はそんな人の一人なんじゃないのかなぁ…と思ってます。

で、Jさん、フックに掛ける穴は見えたか?わはは。
Posted by torigen at 2008年09月27日 06:11
良い天気。

どのくらいのレベルのミュージシャンになるとフェンダーなどのメーカーがエンドースしてくれるのかなぁ、、、
Posted by 泥水飲込 at 2008年09月27日 10:54
どうなのか、定かではないけれど売れてるかどうかというより本人がどれだけギター・フリークに認められているか…と思うけれど、それもやはり認知されているって事で…わはは、インディーズのままだけれど認められている人もいたりして…。
とにかくDannyの場合はWashington D.C.でのギグとインディーズCDでの実力を見たんだろうね、オーディエンスとギター・メーカー達も…わはは。判らん(爆)。でも、上に画像がある通り、ペーバー・バックやギター教本DVDも数知れず出ているのでこの人の場合は“Musician's musician”だったのは間違いないみたいだけど…わはは。Les Paulの雰囲気も持っていることは確かだけれど、そのあとって云うと聴いたものの感覚という曖昧な処なんでしょうかね?泥さん。
Posted by torigen at 2008年09月27日 12:47
老眼があるからどうも(爆)。
しかし量産できないものはいいですね〜。
羨ましい限り。

とはいえ、私は量産モノで事足りているので、それはそれでいいか。
Posted by J・AGE at 2008年09月27日 13:17
Jさんの愛器はカスタムメイドじゃないですか〜

Posted by 泥水飲込 at 2008年09月27日 13:54
あ、そうでした。
Posted by J・AGE at 2008年09月27日 15:02
Mac Proからの初投稿、わはは。
設定が結構面倒でまいった…。
資産がある人なら私はDanny GattonのAmpやguitarすべて買い取ったのにねぇ、わはは。
Posted by torigen at 2008年09月27日 15:07
隣の県(といっても30分くらいでつく)でご当地ラーメンを、、、不味かった、、、

ギタリストにとってアンプはギター以上に楽器だから、、、気に入ったものの替わりを見つけるのも難しい、、、人によるけど、勿論。

寒いので今晩は豆乳鍋だそうだ、、、ホントに寒いし〜
Posted by 泥水飲込 at 2008年09月28日 17:47
ほんとにね、泥さん。
しかし、寒いな…ホント.
Posted by torigen at 2008年09月28日 19:34
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。