2008年11月20日

HARD BOP

siyakusyo.jpg

何かとお騒がせでもある京都市役所前を通り過ぎ、この建物の西側にある寺町通御池を上ル。
ここ2,3回、寺町界隈を散歩してきたのだが、京都市役所西側の通り(寺町通)を北に上がった日宝御池ビルにある、新・中古レコード、CDショップ「HARD BOP」にお邪魔してきた。

hardbop1.jpg hardbop2.jpg

度々、音楽雑誌や書籍に取り上げられて、先にpostした『京都音楽空間』でも掲載されていた同店、Jazzでは日本でも有数の取り扱いを誇る知るひとぞ知る専門店であるだけに、各地、遠方からの来店客も多いという。
ご挨拶もそこそこに、兎に角数あるレコードを拝見、店名からも想像できるように「バップ」の在庫も豊富で目移りがして仕方がない。
国内ミュージシャンの棚を覗くと、あるある、渋谷毅・川端民生・(後一人がでてこない、汗)Trioの「(アルバム名もド忘れ、asianさんもしくは渋谷さんに聞くしかない、爆)」(\4.800- )

今回は「BOUNCING WITH BUD / Bud Powell Trio(日本盤)」をゲットした。

hardbop3.jpg bouncingwithbud.jpg

次いでに内容は…

BOUNCING WITH BUD / Bud Powell Trio 1962

side.A

01. RIFFTIDE
02. BOUNCING WITH BUD
03. MOVE
04. THE BEST THING FOR YOU

side.B

01. STRAIGHT NO CHASER
02. I REMEMBER CLIFFORD
03. HOT HOUSE
04. 52ND STREET THEME

Bud Powell (p), Niels Henning Orsted-Pedersen (b), William Schiopffe (ds)


短い間だが、店主の小坂新三氏と談笑。
初対面だったが気さくにお話を聞かせてもらい感謝。しばし渋谷毅話し?など…。
一枚だけ在庫のあった「(アレ…渋谷さんor asianさんタイトルお願いします、わはは)」も直ぐに売れてしまうとの事で品薄状態だそうな。そういえばネット・オークションなどでも即決している場合が多い。ま、落札がasianさんだったりする時もあるけれど…(笑)。
しかし、もう開店されて15年とか…、こういった専門店が力を惜しまず時代に流されず頑張っておられる事に感謝しつつ店を後にした。

■ HARD BOP

中京区寺町通御池上ル 日宝御池ビル1F 奥
075-212-2728 tel&fax
12:30~19:30pm (火曜定休)

※ 兎に角、Jazzの宝庫。一見の價値有り。


外泊も本日20日夜までということで三條寺町下ルの十字屋(JEUGIA: 京都人にはポピュラーな楽器・レコード・果ては船舶まで…後に船舶は撤退)に寄って来た。中古レコードを物色するとこんなのがあった。


roles.jpg jeugia.jpg


「ROLES / Joe Sample」(1987)

side. A

01. WOMAN YOU' RE DRIVIN' ME MAD
02. THE GIFTED
03. FRIENDS AND LOVERS
05. EGO MANIA MAMBO

side. B

01. FORTUNE HUNTER
02. SHIP OF FOOLS
03. PASSIONIST

[Musicians and Instrumentation:]

Joe Sample (p,key), Dean Parks (g), Rick Zunigar (guitar solo on “Ship Of Fools” ), Abraham Laboriel (b), Edward "Sonny" Emory  III (ds), Lenny Castro (per), Bobby Hutcherson (vibes on "The Passinist", marimba solo on "Ego Mania Mambo"), Sal Marquez (trumpet solo on "Fortune Hunter", muted trumpet on "The Gifted),  Dr. George Shaw (synthesizer programming)

[Horn Section on "Fortune Hunter" and "Ship Of Fools:]

Sal Marquez (tp), Gary Grant (tp), Plas Johnson (reeds), Bill Green (reeds), Ron Brown (reeds), Bill Reichenback (tb)

[Horn Section on "The  Gifted" and "Friends and Lovers":]

Sal Marquez (tp), Gary Grant (fl),  Plas Johnson (fl), Bill Green (fl)

[voices on "Woman You're Drivin' Mad":]

Michael Tompkins, Jim Gilstap, Kathy Brown and Von Frajjette

Produced By Joe Sample and Wilton Felder for Crusaders PRODUCTIONS
All Selectins Written by Joe Sample


posted by tori's 108 at 00:00| Comment(48) | TrackBack(0) | diary | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
帰宅しました。

おそらく"COOK NOTE"でしょう。

録音は1977年。

ドラムスは宮沢昭一さん。

2001年と2008年(今年)にCDで復刻されています。
Posted by asianimprov at 2008年11月20日 22:40
JoeさんのLP,意外と発掘されますね(^_^;)
プレス数が多いのかな・・・

Wiltonさんは・・・なかなか見つからない(TT)
Posted by ラ・マンチャの男 at 2008年11月21日 00:36
torigenさん、
今お家に戻られてるのでしたね^^
このところめっきり寒いですね。。寒いの苦手です。。

今日は良いお買い物ができてよかったですね^^
創業15年ですか。。。素晴らしいです!
ご主人も気さくな方のようですね^^ 

写真も綺麗^^ 何かアルバムのジャケットを外でこんなふうに写すとレコードじゃないような感じですね♪

また遊びにきます^^ 皆様も風邪等ひかないように気をつけてくださいね。
Posted by Kim at 2008年11月21日 01:02
よくわからないですが、「COOK NOTE」CD盤とはジャケットが違うんですよ?それともCDとレコードではジャケットを替えて発売したのでしょうかね?LPでは白黒でお三人さんのそれぞれの写真が立ち姿で挿入されていて基調は黄色っぽいカラーで…。dsは宮沢昭一さんだったかもです、わはは。
Posted by torigen at 2008年11月21日 01:04
ラさん、ども。
ほんとにWiltonのはあまり見かけませんね、圧倒的にJoe Sampleのほうが盤の作品数が多いので見つけ易いのかも知れませんが。

Kimちん。
いや、もう帰院しております(爆)。21:00pmに帰って来ました、わはは。今、ちょっと外に出てみたら寒いなぁ、やっぱり。早々に散歩を切り上げ病室に戻ってきました(汗)。

福岡ビルボードの今夜はどうだったんでしょうね?盛り上がったんだろなぁ(遠い目…)。
Posted by torigen at 2008年11月21日 01:14
さすが京都。ちゃんとした中古盤のお店が。
(栃木県北部、ただジャンク扱いで置いてある店しかありません)

今日は次男の太鼓の発表会。市内の特殊学級の子供達が集まっています。次男の出番だけビデオ撮りして、、仕事に戻りました。
Posted by 泥水飲込 at 2008年11月21日 12:50
Jazz専門っていう処は少ないだろけれど、ココは店頭以外にも在庫があるらしくて、有名無名新旧問わずでホントに目移りしてしまいます。(Hrrd Bop)

十字屋のほうは3FがJazzフロアになっていてビル全体が楽器やCDのショップとなってます。長時間、試聴してる客もいて、なんだか勝手知ったるなんとやらで…わはは。中古レコードの在庫は少ないですが、Lee Oskarのが2枚ほどあって…次に来た時にでもと自分を納得させながら帰路に付きましたとサ。

次男くんの発表会か…、彼張り切ってたんだろネ?私は小学一年(幼稚園だったか)の京都会館第一ホールが音楽界デヴューでしたね(爆)、カスタネットで…
Posted by torigen at 2008年11月21日 13:02
きちんと整理して、お手ごろ価格なら〜いいんだけどね、、、

次男は〜どうもノッてなくて。会場に慣れていないから、きょろきょろしちゃうんだよね、、、まぁ、最後まで叩いてたし。帰ったら褒めてあげようと思います。

明日にはJさんが帰国?かな〜
Posted by 泥水飲込 at 2008年11月21日 18:06
「Hard Bop」のほうは、流石きれいに丁寧、キチンとされていて信頼できます。値段のほうはその盤によりマチマチ、高いものでは6万、8万諭吉ってのもザラに有りますが、これはちょっと手がでません。同じものでも日本盤なんかだと格安・新品同様などと云うのも有ります。

次男くん、ご苦労さん。
あっ、明日朝からまたまた外泊で24日21:00pmに戻ります…って、一日しか病院に居なかったって事か…汗。
Posted by torigen at 2008年11月21日 22:50
おや、また外泊。じゃぁ、栃木の漬物、食べられるかな〜?間に合うかなぁ。

「3つ、お休み〜!」と連休を喜ぶ次男。お父さんは仕事だけど。紅葉シーズンだけどなぁ、、、、京都の紅葉は、綺麗だろうな。
Posted by 泥水飲込 at 2008年11月22日 09:18
結局、CT検査と耳鼻咽喉科受診だけして帰って来ました、わはは。24日夜に戻って上部内視鏡検査で抗癌剤の効き具合を確認後、術日を決定との事。
声帯のほうも、リンパ節のほうも縮小していて喉頭のほうは見た目何も無い処までになっております。内視鏡で食道の一番大きい病巣の変化を確認するのだそうな…。
あっ、言っときますけど私が帰りたいと言ったんじゃないですからネ(笑)。
Posted by torigen at 2008年11月22日 10:40
ご帰宅を有意義に過ごされているようでナイスです。

私は昨夜の便で今朝着で日本に来ました。
徹夜です。1ヶ月はこちらにおります。
Posted by J・AGE at 2008年11月22日 13:24
病院も連休ってことですね。

朝から事故が連続、、、しまいにゃ893事務所にまでお邪魔する事に、、、最悪〜!

2クールの薬が効いていて、病巣も小さくなっていることを望みます。
Posted by 泥水飲込 at 2008年11月22日 13:29
おっと、連休はご自宅ですね。

病巣が小さくなったとは吉報ですね(^_^)

Posted by ラ・マンチャの男 at 2008年11月22日 14:24
わはは、二泊三日で病院ツアーやってるみたいだ(汗)。CTだけやってまたまた帰って来ました。
明日は何処へ行こうかなぁ、そろそろ紅葉も真っ盛りで写真的にはナイスだけれど人が多いだろしなぁ…で、寒い。
来日、歓迎。今回はお嬢さんの画像は無しなの?Jさん。

お仕事ご苦労さんです、泥さん。
今回もザイロリック(口内炎予防)でうがいしまくってたのに唇の端っこに副作用がきて大きな口が叩け…いやいや開けられない、おちょぼ口で可愛く飯食ってます、わはは。
Posted by torigen at 2008年11月22日 15:42
ラさん、ども。
梱包終わって出荷待ち状態です、しばしお待ちを。
Posted by torigen at 2008年11月22日 15:44
ザイロリックは僕も飲んでいた薬です。但し、うがい薬としてではなく、別の病気の薬としてですが・・。(苦笑)つまらん話題を振ってしまった。(トホホ)
Posted by asianimprov at 2008年11月22日 16:41
asianさん、ども。
あれって服用もするんですか?わはは。相当不味いですよネ?そっか、内臓にも消炎効果などがあるのかなぁ。
Posted by torigen at 2008年11月22日 18:19
いろいろと反作用もあるようですが、それだけお身体が正常ということで、ビールを一緒に飲める日も近い、と確信しております。

家族自慢は今回はなしです。

ナイトフライトは徹夜で映画を観てしまい、少しふらついてきました。
Posted by J・AGE at 2008年11月22日 18:31
なんだなぁ、風景画像だけか…Jさん、わはは。

そう、口が開けず辛いってこんなに食べ難いのか?などと再発見しながらの本日はチヂミを夕食に…。旨かった、粉を本場ものにしたのが正解でした。鉄板で焼く玉子焼きも旨かった。
Posted by torigen at 2008年11月22日 20:14
tori兄さん、連休はお家ですか?良いお知らせを拝見して嬉しく思います。もう少しですね、続けて頑張って下さいね。

先日は、『愚痴』聞いてもらってありがとうございます。根拠のない中傷や配慮のない言葉は人を傷つけますね。言葉は一人歩きしてしまう暴力にもなりかねません。今回、そう感じました。

と、言う所でライブのお話を・・・・。
David T. Walker、Byron Miller と "Ndugu" Chanclerこの三人は84年のCrusaders来日メンバー。あれから なな、なんと 24年!  1984年10月19日(金)「福岡サンパレス」から24年振りの再会に行って参りました。

David T. Walkerに関する音楽の予習を何もしないままBillboard Live Fukuoka へ。David T. Walkerのギターは記憶に残っているままの軽快な音。 "Ndugu" Chanclerのドラムは24年前はパワフルな印象、今回もパワフルで、そして前回よりも私好みのドラムの音に感じました。
Byron Miller は、24年前は申し訳ないけれども私の中の記憶には残っておりませんでしたが
最近Steve Baxter 似と言う事を知り、それを確かめるのを楽しみにという、音楽には全く関係ない楽しみで・・・・・・で、二人がよく似ている事を確認。
Steveからもよく似ていると言われると言う事を聞いていましたが、ライブ終了後Byron Miller
にも尋ねてみましたが、Steveによく似ていると言われると言ってました。(笑)
二人は一緒に演奏をしたことがあるらしいのですが良く似た顔が二人、面白かっただろうなあと笑ってしまいました。

今回の来日メンバーは5人とも素晴らしいミュージシャン達ばかりでDavid T. Walkerの軽快に進んでいくギターの音、時にはとても難しいリズムを素晴らしい音楽に作り上げていて大満足のライブでした。
さすが24年前Crusadersと来日した凄腕のミュージシャン達三人を含むライブ!素晴らしい演奏を聞かせて下さいました。

ライブ終了後全員にサインをして頂き、全員と記念撮影。最後の最後までファンを楽しませて下さるミュージシャン達で、楽しいライブでした。

Steveと言えば、先々週Wiltonさんとお会いしたとか。
Houston仲間はずっとつながりがあるみたいです。
Posted by Andy at 2008年11月22日 23:30
おっと、Andyちゃん。
早速のDavid T. Walker Live in Fukuokaのレポ有り難う!わはは。だよね、Byron Miller と "Ndugu" Chanclerはほんと渋い。永きに渡る色んなタイプのミュージシャンとの共演で一層渋さが増してる感じ。David T.のギターともバッチリ合ってると思います。
Byron MillerとSteveなぁ、意識したこと無かったなぁそういえば、わはは。でもご両人が云うのだから間違い無いでしょうね?そんな話しの出来る英語力、よろしおすなぁ。羨ましい。

結果的に楽しめたライヴだったみたいで良かったネ、Andyちゃん。で、Wiltonと会ってどんな内緒の話しをSteveはしたんだろう?わはは。
Posted by torigen at 2008年11月23日 00:03
torigenさん、皆さんこんばんわ♪
私も皆さんと同じく、良い報告を読んで思わずニッコリです(^^)
Anduさん、D.T.W.ライブレポありがとうございます。とても素晴らしかったのですね!!楽しめてよかったです!
バイロンとスティーブが共演したのはアルのバンドだと思います。バイロンから今週日本に行くよとメッセージかマイスペにきたのですが、D.T.W.のコンサートだったのですね。。(知らなかった。。)

torigenさんも早くライブに行きたくてうずうずしてらっしゃると思いますが、もうしばらく我慢してくださいね!
私も今年はもう終わったかなあ。。。 DVDでしばし我慢します。
Posted by Kim at 2008年11月23日 00:34
Kimちん、ども。
もう福岡はDavid T.で大盛り上がりですネ?わはは。私の知ってる人たちだけでも何人行ったことか?遠方からも初日から→ズっと!って人も(汗)。
Al Mckayも観たい(聴きたい)なぁ…。
“Boogie Wonderland” が本日(昨日か)中、頭の中で何故だか鳴ってますが…私(汗)。
そっか、本年ライヴ参戦は終了ですかkimちん?もう言ってるまに12月だもんねぇ。私は身体の都合?が付けば是非にと思うライヴが数件有りですが、こればっかりは…ね?わはは。
Posted by torigen at 2008年11月23日 03:05
toriさん、福岡は寒いです。京都も寒いのでは?お風邪など召しません様に。

Kimさん、Alさんのバンドでの共演だったのですね。Byronさん素敵でした〜。後ろに立って写真を写ったのですが大きな背中でした〜〜。あの大きな腕でハグハグして貰いたかったなあ〜 へへへ。 ご連絡を取られる折には、日本でのファンが増えましたよとお伝え下さい。

toriさん、「遠方からも初日から→ズっと!」って人をご存知なのですね。私の知り合いの知り合いの女性がそうみたいです。同じ方かも?東京の方ですか??

私も先日のDavid T.で今年のライブは終了です。
12月は忙しくなるし・・・・。
Al Mckayまた来福しないかなあ〜Steveも一緒に。


Posted by Andy at 2008年11月24日 13:03
Andyちゃん、京都も今日は寒いです。
昼から雨も本降りになるかもですね。本日夜に病院に戻るため、散髪してきて前より短くしたので余計に寒い、なのでアヤチに貰った毛糸の帽子(なんていうのだろ?よく最近の若い人が被ってる)をかぶって行こうかと思ってます。

いや、福岡からずっとの人は複数おられるようですが、知合いはDavid T.にレコーディングの時にお世話になって以来の御つきあいをされてるミュージシャン、Byron Miller と "Ndugu" Chanclerも知合いなんじゃないかなぁ…たぶん。アメリカで活動していたからネ。

Al MackeyのLiveは、EW&Fとまったく同じ編成でしかもそれを大会場でなくてライヴ・ハウスでも演っちゃうので迫力満点だと…誰だったかが言ってましたヨ、Andyちゃん。私も大ホールでのライヴより汗が降り掛かってくるような会場のほうが好きです、音響的にも。BillboardやBlueNoteでも大き過ぎなくらいだなぁ…、わはは。
ま、ビジネス的要素が絡むので仕方ないけれど。
Posted by torigen at 2008年11月24日 13:30
torigenさん、
Boogie Wonderlandですか^^ イイですね〜^^♪
私は何故かKoolのIn The Hoodが頭をぐるぐるまわってました^^;? 今年中は残念だけど、今度行った時はきっとtorigenさんのライブ参戦歴でも一番楽しいライブとなるはずです^^ 

Andyさーん、
ByronはSteveと似ていましたか^^ どちらもかっこいいですよね!
一つ前のポストでいつも連絡してるような書き込みでごめんなさい、、真相はマイスペでByronは日本の人を見つけたらかたっぱしから?メッセージを送ってたようなのですよ。 最初私も「バイロンってだれやねん?」と思ってたのですが、送信元を辿るとベーシストのバイロンミラーだったのでした(笑)
アルはクリスマスの準備もそろそろしないとみたいな感じでした。あいかわらず忙しいけど、元気そうです。Steveと一緒に来年は来てほしいですね(^^)
Posted by Kim at 2008年11月24日 13:49
彼らにとってはアメリカ国内はもとより、日本も大きな市場だし、来日の機会も多くて親日家になった人もたくさんいますね。
私も昔、祇園に来たBobby Watson(Rufusのb)たちメンバーと手真似話し(話しじゃね〜か?わはは)した時のこととか思い出す位、フレンドリーな人たちでしたヨ。
わはは、Byronって誰やねん?って思いましたか?爆笑!そりゃいきなりコンタクトがあったらびっくりするですよネ。
Posted by torigen at 2008年11月24日 14:34
福岡からずっとのDavid T.さんファンの方は多いのですね。福岡でお見かけした方が「私は東京に住んでるから、明日は東京でね」ってメンバーの方とお話されていたのでその方かな?っと。David T.さんとメル友って方も福岡からずっとだと伺いました。凄い!

Kimさん、Byronって誰やねん?って私も爆笑でした。そーーか、そうやってファンを増やしていくのね。あの演奏と笑顔でファンは増えたはず!!

フレンドリーなミュージシャン・・・そうそう、こう言うのはとてもうれしい思い出ですよね。
このチャンスを逃さずに、『ペラペラペラ』と英語で会話出来たらいいなあといつも思います。いつも『ぺ』位で終わってしまいます・・・ははは。
Posted by Andy at 2008年11月24日 15:29
ども、Andyちゃん。
そうなのでした、David T.くらいになると凄くディープなファンもおられて…彼の人格も有りですけれどね、ギターのプレイに留まらない処が普通のテクニシャンと違いますからねぇ。
私も彼のことを今回postしようかとも思ったですけれど、これは実際に行って感激してきたリンク先の人やファンに書いてもらうのが一番だと自重しました、わはは。
本日の最終になる大阪ライヴにも、先ほど誘ってくれた心優しい人がいるですけれど、間の悪いことに外泊最終日にアタル私、本日21:00には病室に戻って明日検査を受けなくてはならないので断腸の思いで諦めました(汗)。昨日だったら何の問題もなく、しかも誘ってくれた彼女(vo)ともゆっくり談笑できたのになぁ…爆。たぶん音楽話しやレコーディングなどの話しで盛上がっただろうにと思うと残念であります。

『ぺ』…凄いじゃないですか?私など手話?と単語の羅列ですから…わはは。
Posted by torigen at 2008年11月24日 16:06
鳥兄は病院に戻った頃でしょうか。

栃木県北部、寒いです。冷たい雨が三時頃から降り出しました。
Posted by 泥水飲込 at 2008年11月24日 17:57
いえいえ、20:30pm頃まで家に居ます。だいたい15分くらいで着きますから…21:00入り予定であります(汗)。泥さん、こちらも冷たい雨ですが、アヤチが送ってくれることになっていて、そろそろ夕食を食べに来る頃かな…。その後、帰院します。
Posted by torigen at 2008年11月24日 18:12
そうですか、風邪を引かないようにしてくださいね。じゃぁ、タント君が活躍ですね。

Posted by 泥水飲込 at 2008年11月24日 19:19
では、行ってまいります(汗)。
Posted by torigen at 2008年11月24日 20:10
Andyさんも熱い空間を楽しんでいらしたんですね。
しかし沈着冷静でありながら誠実さの感じられるレポート、うう、反省せねば・・ワシ。
最近、悪態多いし。。(TT)
Posted by ラ・マンチャの男 at 2008年11月24日 22:50
今、龍さんの所にヤドカリして ラ・マンチャの男 さま宛てにコメントを書いた所でした。
こちらへ尋ねて来てビックリ! ラ様 よりのコメントが・・・・ありがとうございます。(ここでもまたヤドカリです)

tori兄さん、明日検査でしたらライブは次回のお楽しみにして頑張って下さい。
龍さんの所にもコメントしましたが David T.Walkerはまた直ぐに来日なさると思います!!
Posted by Andy at 2008年11月24日 23:13
ラさん、ども。
あれくらい良いですよ、不快感を与えるってことも当然ないしFUNK魂が溢れるレポートで…しかし、イスにもたれると見えないってのはキツいですね?腰にきてませんか?わはは。
最終、大阪ではどうだったんでしょうネ。
Posted by torigen at 2008年11月25日 05:24
Andyさん。

せっかく誘ってもらったのに一日のズレでの断念…ま、外泊自体も急遽決まったので元々行けるなどと思ってなかったのですが、The Crusadersの最近2度のライヴといい運に見放されたようなものですね。 
Posted by torigen at 2008年11月25日 05:29
出遅れましたが、バイロン…笑…いえ、笑ってはいけない。AndyさんKimちゃんのお話からふと思いついて見てみたら、私も繋がってました。何日か前にお友達リクエストをもらって、「ベース弾く人なんやね。けど曲がアップされて無いなぁ〜」と思いつつ、「また聞かせてね。」みたいな返事をしておきました。彼は二つページがあるみたいで、私にフレンド・リクエストを送ってくれたのはプライベートの方みたいです。苗字のミラーも書いてないし。とにかく彼のサイトに行ってみたらバッチバチに弾く人だとわかって、改めてメッセージしときました。ま、知らんもんは知らんからねえ。と、ここまで書いて、リアルタイムでメッセージが来てます。今夜の大阪のLIVEに来る?って。行けヘン!てか、先立つものが無いと行かれません!!ホテルの部屋番号まで書いてるけど…おごってくれるんか?(な、わけないですよね。)torigenさんが一緒なら怖くないけど。笑
Posted by chi-B at 2008年11月25日 12:56
Byron Miller、ちゃめっけがあって何処か憎めないって感じの人ですよネ。chi-Bちゃんちマイスペにも届いてましたか?わはは。マメな人でもある訳ですね、爆笑。
いやぁ、私も折角誘ってもらったのに病院に帰る日で一瞬にして高熱に魘されそうになりました(爆)。

>曲がアップされてない…
そっか、サポートが多いからか?
>torigenさんが一緒なら…
わはは、もうひとり怖いおっさんいるじゃないですか?

たぶん、昨日ならバック・ステージにもお邪魔できたんじゃないかなぁ…(泣)。なんで私は口から管を突っ込まれてるのか、一時的にわかんなくなってしまいました(怒)。
Posted by torigen at 2008年11月25日 15:20
chi-Bさんの所にも・・・ホテルの部屋番号まで。
tori兄さん、Byronさんは確か50代半ばのはずですがとても若く見えたのです!!
東京在住のSteveのファンの方とByronさんの方が若くみえたねえ、とメールでお話した所でした。若いはずだ!元気だもの(笑)。魅力的でしたわ!toriさんがおっしゃる通り、マメな人でもある訳ですよね。

彼は直接には誘わないのか、私はSteveとメル友だと言ったので避けられたのか・・・あっ、魅力がなかったのかあ〜〜 誘われなかった、アハハ。

Posted by Andy at 2008年11月25日 23:13
torigenさん、無事にスコープがすんで、しかも患部が小さくなっていたとの事、よかったですねえ。少しホッとされたんではないですか。来年もまたお話できる日がやってくるのをずっと楽しみにしながら、キラキラ星☆彡に完治を祈っていますからネ。

Andyさん、何をおっしゃるうさぎさん。つい先日、かのBabyfaceに”Baby、Baby、”の猛攻を受けたことお忘れですか。魅力的の証ですよ。ByronさんのYOUTUBEを見たり、音を聴いたりしましたが、ベース、かなりFonkyですね。音がよければそれでよし♪That's ミュージシャンです。^^ そうですか、50代半ばでしたか。マイスペースに99歳って書いてました。lol
Posted by chi-B at 2008年11月25日 23:44
Chi-Bさん、それは違います。私はBabyfaceの真ん前に座っていただけで、”Baby、Baby、”猛攻を受けたのは若い子です。
プン だ Babyfaceも若い子が良いんだ。(笑)

まあ、若い方が良いのは判る気もします・・・ねchi-Bさん!(笑)
Posted by Andy at 2008年11月25日 23:56
なんだなぁ、チミたち。(汗)
なんだかライヴとは違った観点からの話題ですかいな?わはは。
大丈夫!貴女ちはお二人とも魅力的ですから…。
Posted by torigen at 2008年11月26日 01:58
torigenさん、皆さんこんばんわ♪
そうですとも^^お二人とも魅力的ですとも!
chi-Bさ〜ん(笑)バイロンって何者かと思いましたよね?? 私も写真を見て”おお!これは?!”と思ったのでした。
Andyさ〜ん、Steveは確か47歳でしたよね? 若いな。。本当にそろそろアルと一緒に日本に来てもらわないとね。Andyさんとも会えるしね^^
ライブでは若いお嬢さんを巻き込んでショーを盛り上げたりするのですよ〜^^

torigenさん、またすぐにDTW来てくださるそうなので、その時はきっと必ず。。心行くまで楽しんでくださいね♪
Posted by Kim at 2008年11月26日 02:22
Kimちん、ども。
そうね、はやくライヴに行って音と酒を堪能したいものであります♪うまく手術が順調でその後の経過が良いならば相当長きに渡って禁酒した訳ですから肝臓も体力を回復していることでしょう!(と、希望的観測)よって、ライヴは最高に盛り上がること請け合いだぁ〜♪ほんとか…
Posted by torigen at 2008年11月26日 02:41
こんにちは、コレエダです。
1ヶ月くらい前にハードバップに行って、LPのクックノートを見ました。
CDを持っているからいいや、と思って買わなかったのですが、きっと同じLPでしょうね。
Posted by コレエダ at 2008年12月16日 08:57
ども、コレエダさん。
きっとそうでしょうね、オリジナル盤はちょっと手が出ませんから…わはは。
Posted by torigen at 2008年12月16日 13:46
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/109916474

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。