2008年11月30日

We'll meet again

wellmeetagain.jpg naadam5.jpg

We'll meet again
2008,11/29(sat)
渋谷毅・さがゆき・潮先郁男 at Jazz point 那達幕

nandamwma.jpg naadam0.jpg
naadam4.jpg naadan3.jpg

年内…というより無事退院するまでライヴはお預けと思ってた。無味乾燥・退屈至極ときに痛かったりだの副作用がどうだのと病院生活に“面白味”を見つけ出すのは大変なのだが、突然主治医から術前一時退院の方針を聞かされ…さて、どうしたものかと考えた。
実にタイムリーなことに『We'll meet again / 渋谷毅・さがゆき・潮先郁男』ライヴがあることを思い出したが、これがグッド・タイミング、予てより一度聴いてみたいと関西方面でのライヴを待っていた、さがゆき(vo)、渋谷とのDuoなど共演が数多い彼女の歌心はさぞや…と、心待ちにしていた甲斐があった。そのSweet & Smokyなvoは自在の流れるような変化を見せる素晴らしい歌声だった。まさにいぶし銀のギター、潮先郁男の端正でありながら別にベース奏者も居るのかと錯覚をしてしまいそうな“音魂”には驚いた。これに渋谷毅のピアノが層をなして響き渡るのだから堪らない。

naadam6.jpg naadam8.jpg

三者三様だが、その永いキャリアに裏打ちされた“音魂”に会場である『那達幕』は“極楽・快適音楽空間”へとワープするのだが、アルコールを口にしていない今回!、これだけの“感覚”を覚えたのだからこれを“凄い”と云わずして何と表現していいのか私にはわからない。
渋谷ライヴのお陰で超強力なvoやgとお目にかかってきたのだが、先日の竹田一彦といい、今回の潮先郁男のギター・プレイは渋さを通り越したというかちょっと神懸かり的と言っても差し支えないのではないか…、どちらも大阪の出身というのもなんだか嬉しかったりする。
voは兎に角One and Only な人ばかりが名を連ねるのだが、さがゆきという人は歌詞があってもなくてもそんなこたぁ関係なし!自在に展開する“音流”は物語を奏でる楽器のようだ。
元々、女性voやギターとのDuoを好んで演ることの多い渋谷ワールドだが今回こんな二人を迎え、渋谷ピアノはそのいつもながらの心地良い輝きを増して穏やかなスパークの連続だった。

naadam7.jpg naadam1.jpg
naadam2.jpg naadan3.jpg
naadam4.jpg

今回、私にとっては初めて&来れるとも思ってなかった『那達幕』。
その音響も流石にクリアでよく響くのだが、決してキンキンしない良い音空間だった。


(敬称略)


===============================================

たまたまの一時退院(12月中旬に手術が決定、汗)で、お邪魔できた『那達幕』だったが、asianさん、その奥さま&店の奥さまとスタッフにお世話になり感謝。
さがゆきさんにも「torigen さんだぁ〜!ワーっ!」とハグして頂き恥ずかしながら大満足、潮先さんに「素晴らしかったです。」とお伝えすると「いや、喜んでもらって…」とギター大師匠から超控えめな言葉にお人柄を感じながら少し談笑した。
渋谷さんとも年内にお話できてご心配までして頂きありがたい限りだ。
「MOUSTACHE / KIMURA KAELA」CDを持って行きジャケットにサインを貰ったのだが、それを目にして渋谷さん曰く「これは、何?…」(汗)。渋谷さん、これ貴方が作曲した『パコと魔法の絵本』の主題歌で木村カエラが唄ってる例のヤツじゃないですかっ!わはは。ちゃんとクレジットされてますよ!渋谷さんってば…わはは。


■ さがゆき Official

       http://www.aruma.be/

■ 潮先郁男 Official

  http://www.geocities.jp/txcny685/

■ jazz point naadam 那達幕
  〒619-0237
  京都府相楽郡精華町光台 4-16-1
  0774-95-0997
  http://naadam.blog.shinobi.jp/

※   坂田明、渋谷毅オーケストラ、板橋文夫、百々徹などビッグネームが目白押し、音響も素晴らしいJazz Spotだ。
posted by tori's 108 at 00:00| Comment(26) | TrackBack(0) | music | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
一時退院したらすぐに出かけるとは、、、わはは

良い音楽と人との出会い・会話が、あれを小さく・小さくしてくれているでしょう。
Posted by 泥水飲込 at 2008年11月30日 13:50
京都府精華町辺りは学研都市関連で昔は田んぼだった処にSATYやビブレなどといったスーパーなどが立ち並んで道も拡幅などされて生まれ変わっているけれど、夕方ともなれば僅かな場所以外真っ暗になってしまうので道に迷って奈良まで行ってしまいました(とは言っても境界なんですけれど)。少し遅れて到着したのですが、いつもの渋谷ワールド、19:00開演といっても30分40分遅れは当たり前でどうにか間に合いました。渋谷さんとも暫くお会いしてなかったので行くことが出来てホントに良かったです。さがさんもフレンドリィな明るい方で昔からの知合いだったように錯覚する程で、潮先さんも大ベテランのスペシャルなギタリスト、とっても紳士でした。三人合わせて二百ン歳とMCで渋谷さんがおっしゃってましたが(笑)、穏やかで暖かなライヴを堪能できて良かったです。一時退院の甲斐があったというものであります、わはは。こんな“極楽快適音楽空間”は病気を忘れさせてくれますネ、ホント。
Posted by torigen at 2008年11月30日 14:53
energyの問題ですから、いい雰囲気が大事です。
かなり大丈夫。
No Problem、没問題、無問題!
Posted by J・AGE at 2008年11月30日 16:42
こだわりを持ちながら小さなことには動じないという泰然とした生き方がいいよネ、Jさん。
しかし、ライヴ。行くといつも思うけれど、やっぱ良いよね。そんな空間を生み出してくれるプレイヤと店には感謝しなければ…わはは。
Posted by torigen at 2008年11月30日 17:00
充実した一時退院ですね(笑)

こうやってたっぷりエネルギーを蓄えて、
病に「ダメ押し」しちまいましょう!
Posted by ラ・マンチャの男 at 2008年11月30日 21:05
ども、ラさん。
龍さんちでも喜ばしいことがあったようで、想いが伝わってくるような気がしますネ。
こんな時代だからこそ、ちょっとした微笑ましい出来事や楽しい知らせがあると嬉しいですよネ。そういった事が少し続いてくれると私のほうも運が向くかも知れませんよネ、わはは。
しかし、こういった少しツイてない時など音楽は身体にもいいもんですよ、ラさん。
これも非日常のひとつかもですが、頭を切り替える時など重宝します。
Posted by torigen at 2008年11月30日 21:50
ジャズというより、ポピュラー音楽の神髄を聴けた夜でした。言葉にする余裕がないので、とりあえずブログに写真をアップしました。(笑)

三者三様のパフォーマンスも素晴らしかったですが、あの演奏を可能にさせる環境・・「なあだむ」というお店の雰囲気やオーナー夫妻の気配り、スタッフなどの力も素晴らしい。

この環境は、一朝一夕にできるものじゃなくて、林栄一さんをはじめとするミュージシャンたちとの長いおつきあいから醸成されてきた経験の積み重ねだと思います。あらためて「なあだむ」に感謝ですね。

We'll meet again some sunny day!!!
Posted by asianimprov at 2008年11月30日 22:47
ほんとに良き精神の解放になりました、asianさん。
距離的にもそう遠くないのでドライヴがてらにも良いですよネ。
大満足でありました、わはは。
Posted by torigen at 2008年11月30日 23:19
本当に、楽しく過ごせたんですね、良かったです。

CDと同じ曲を演奏していても、ライブは全然違う。そのCDがライブ盤でも、全然違う。この凄さに・違いを体験してしまうと、、、まるで習慣性のある薬のように、、、
Posted by 泥水飲込 at 2008年12月01日 09:24
そうそう、プルゼニドは習慣性があるのでマグミット錠に変更し、どうしてもという時にプルゼニドを併用するというのが良いかもです……って薬の話しじゃない?わはは。高マグネシウム血症でマグネシウムの永年の使用は要注意ではあります。
泥さん、ども。
今回のライヴは、Pops系の穏やかな暖色系の曲が中心で彼らのCD「We'll meet again」から選んだ曲が多くて(って、発売記念ライヴ)さがゆきさん言う処の「ホワホワしましょ♪」でしたから余計にリラックスしながら心地良い音楽空間を楽しめたのでしょう。で、渋谷さんは勿論のこと皆さんが私の病を気遣って頂いて、那達幕の奥さままやasianさんの奥さままで心配頂き恐縮でありました(汗)。たぶんさがさんのハグで一層患部は縮小してものと思いますヨ、わはは。
那達幕の音響も素晴らしくて、流石オーナーの設計が細部まで行き届いているんでしょうね、コンクリートの打ちっぱなし部とブロックを積み重ねて変化を出した壁面が現代的なデザインでしたが、想像より音が固すぎず自然な音場になっていて感心しました。林栄一さんなど多くのミュージシャンのご意見も取り入れられたのかも知れませんが、特にP.Aなど設置していないのに最後列のテーブルまで音の広がりが自然な良い箱でありました。JBLがこれまた逞しく鎮座しておりましたヨ、わはは。
Posted by torigen at 2008年12月01日 10:04
JBL欲しいなぁ、、、

半年振りに倫理法人会の早朝の会合に出席。みんな私の顔を忘れないでいてくれました、、、

次男は関心が無いのですが、小学校の銀杏の葉っぱも殆ど落ちてしまいました。それは見事に黄色かったんですよ。12月になり、冬到来ですね。京都はまだ紅葉してますか?
Posted by 泥水飲込 at 2008年12月02日 09:16
私の自宅の場合、JBLより先に部屋が安普請でダメだわ、泥さん。
紅葉なぁ、清水寺より嵐山がブッチギリで賑わっている模様であります。地下鉄と嵐電が繋がったのでアクセスが良くなったこともあって、凄い集客のようであります。まだもう少し紅葉イケるみたいですヨ。
Posted by torigen at 2008年12月02日 12:37
うちもそうですね。大きいのは置く場所も。エベレストなんて夢の夢、、、

京都は見頃かぁ、、九州地方はこれからですかね?紅葉。

さて、スケジュールが決まって忙しくなりますね、鳥兄。
Posted by 泥水飲込 at 2008年12月02日 20:31
中旬ったら中旬だろって思うよなぁ…爆。
忙しくっていうより考えてたことがなんも出来なくなって、じゃ後2日で何をするの?って感じ、わはは。今日も朝一番には昼から「HARD BOP」でも覗いて店主さんと話してこようかなぁ…などと気楽に考えていたのにイキナリだから、ガクッ。
ま、やるならサッサと終わらせたいという気持ちもあったから早くなった事自体は良いんだけれどもね。正月に向けて飲めるように精進しますか…わはは。
Posted by torigen at 2008年12月02日 21:39
予定が早まったんですか?

年内に片つけて、新年を迎えようということですね。
お屠蘇は・・・まだ早くないですか?(笑)
Posted by ラ・マンチャの男 at 2008年12月02日 23:24
ラさん、ども。

私の要望など何ら関係ない処で事は進んでいるようであります(爆)。消化器科も外科も満杯の患者を抱えて年内も怒濤の繁忙なのでちょっとでもスキがあるとサッサとやってしまおうって訳ですネ、わはは。どちらかというと懸念材料は早期に片付けてしまいたい性を持っている私としては望むところな訳ですが、予定がスっとんでしまったのが少し心残りではあります。
Posted by torigen at 2008年12月02日 23:38
「We'll Meet Again」ツアー、昨日、最後のビッグアップルを終えて無事帰ってきました。
torigenさん、ナーダムに駆けつけてくれてありがとう。ほんと会えてよかったです。
さがさんも潮先さんも絶好調で楽しかった。楽しすぎて飲みすぎたって気もしないではないですが、なに、これはいつものこと(笑)。
こんど関西方面は、12/21、22、にビッグアップルですが、それは無理でしょうけど、来年3月に月の鳥(渋谷毅、石渡明廣)guest外山明というライブを計画しています。京都(RAG)も予定しています。そのときはまた会って少しだけ飲みましょう。
Posted by tshibuya at 2008年12月03日 00:17
ども、渋谷さん。
いやぁ、素敵なライヴを有り難うございました。
飲み過ぎましたか?わはは。そっか、BIG APPLEはもはや第二のホームになってきましたね。
再入院の前にpostしますが、12月中は流石の?私もヘロヘロ中だと思います(汗)。経過が良ければ3月には随分回復している筈?ですのでお邪魔できるかなぁ…。
大いに飲みましょうネ、渋谷さん、わはは。
Posted by torigen at 2008年12月03日 00:47
だよね、いきなり日程決まってもね〜
って文句を言えるようなことでもないか。
年末進行なんでしょ、病院も。

嫁は寒かろうと、ゴンちゃんを部屋に。
お菓子の空袋を大事そうにカミカミしてました。味がするのか?ゴンちゃんよ。
Posted by 泥水飲込 at 2008年12月03日 09:35
消化器科も外科も超満員状態で、外来や救急から来る患者さんもおられるのでやり繰りが大変なんだろうと思います。おまけに年末年始で休みも多くスタッフを休ませなければイケナイ、独立行政法人化したので余計にシビアなんでしょうね。
ま、早くにサッサと終わらせてじっくり取り組まなければね、仕方ない、わはは。
ゆっくり出来るのもあと一日か…(汗)。
退院後に出来ればやってみたいと思ってた革のバッグとかの製作に備えて「ホームセンター・ムサシ」っていう処に行ってきました。普通のホームセンターと違って革切包丁とかスカイパー、丸ぎりなども置いてる中々マニアックな店なんで驚きました。革の端切れと2mm幅のヒシ目打ちを買って来ましたが明日しか時間がない…わはは。
Posted by torigen at 2008年12月03日 22:55
toritoriさま
手術決まったのですにゃ。
7日にひろひろと「はちはち」行きます。
今度はお酒を飲みながら聴いて頂きたい!と思っていましたが、それはしばらくおあずけちゃんですにゃん。
京都の地で、いっぱ〜〜〜いご成功をお祈りしながら唄ってきまちゅ。
Posted by のりにゃんこ at 2008年12月04日 04:00
のりにゃんこさま。

お久しぶりデス♪
クゥ〜っ、術日の前々日ですね?(汗)。いやぁ、「はちはち」はこの前の「QIERES MATE」迫力のライヴ以来ですし、のりにゃんこさんは「STUDIO 73」ですから3月以来ってことですね?わはは。「はちはち」は普通のライヴ・ハウスなどと違ってゆっくり・まったりライヴに浸れる空間なので是非行きたかったし、はやくからひろひろさんに、来られることをお聴きしていたものですから非常に残念であります(爆)。一時退院の
ときの予定では余裕でお邪魔できただろうし…のりにゃんこさんのvoを聴いたら患部もヘナヘナになってただろうにナァ、わはは。その上「はちはち」なら畳に座って色々お話も出来たと思うと非常に残念でありますル。
こうなったら早く治して、「Nochero」辺りまで遠征しなくちゃ…ですかネ?わはは。
とにかく不思議感一杯のSweet voiceでお客さんたちを幸せにしてあげて下さいネ。ひろひろさんにもいつも気に掛けて頂いて感謝しております。

※ ダメもとで7日の“外出”を申請してみようかナァ?…。
Posted by torigen at 2008年12月04日 09:23
あらら、嬉しいお誘いがあるんですね〜

どんな仕事でも年末進行、、、あるよなぁ。私だって正月は休むもんな。

栃木県北部、快晴です。
Posted by 泥水飲込 at 2008年12月04日 09:53
今は暖かいけれど、これから夜にかけて寒くなるらしいですヨ、泥さん。ゴンをヨロシクでございます。
Posted by torigen at 2008年12月04日 12:17
いや、LOVEちゃんたちを宜しく!ですよ。
「え〜?またぁ〜」なんて言ってますよ、絶対。

タイヤ交換しなきゃ、、、スタッドレス。栃木県北部の人間は、、、そろそろ交換して初雪に備える時期です。仕事柄「滑りました、ぶつけました」じゃ洒落にならないので。

Posted by 泥水飲込 at 2008年12月04日 17:44
そちらは寒いんだろうなぁ。
その分、人間は暖かいかも知れないけれど。
また、新postしましたのでヨロシコ。
Posted by torigen at 2008年12月04日 18:46
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/110425856

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。