2009年02月16日

What?…2

love9215.jgp.jpg


私が5~6歳の頃だから、かれこれ43年ほど前に会ったきりという叔父がいた。

私に今回の病が発覚、仕事の事後処理や弁護士との打ち合わせ、肝心の病院とのスケジュール調整でバタバタしている折、東京の警察から電話、世田谷の区役所、家庭裁判所から照会の連絡が入った。

その叔父が世田谷のアパートで病死したという。こちらとしては連絡の取りようもなかった状態な訳で今までどうやって生活していたのかも判らず終いなのだが、世田谷区役所としては問題なければ無縁仏として扱うか、こちらにお骨だけでも送るか、相続関係をどうするか判断されたしと電話や文書で問い合わせてくるが、時がときだけに何から手をつけて良いものやら、お袋は余計にウロウロしてしまうし、まさに踏んだり蹴ったりとはこのことだ。

叔父の兄弟うちは、全ての謄本に関係書類、その子らの戸籍謄本など関係書類にプラス、相続放棄の手続きもしなければ後々どんなことになるやもしれぬ、はっきり行って「目が点になる」錯綜ぶりに、「叔父さんよ、生前借りた借金はもう良いとしても亡くなってからもまたまたこれかよ…で、その上高利貸しなんぞに借金あるんじゃないだろなぁ?」苦笑するしかないのだが、人間の個性とは面白いもので何処か憎めないひょうひょうとして人に甘えることの出来る人だったという記憶だけが私の頭の中でクルクル回っているような気もする、わはは。

ま、地雷を踏むような結果にだけにはなりそうもないので良かったとでも云うべきなのだろうが、叔父も身体を悪くして病院通いはしていたようなので、そんな時期いろいろと世話になった親代わりの長男の顔を、声のひとつでも聞きたかったんじゃないのかなぁ…などと思ってしまう。

しかし、世田谷家庭裁判所の担当さん「一度こちらに来ていただいて…ご説明をば…」などと云われてもバスで10分ってな訳に行かないんですけれど…爆。結局、必要書類など箇条書きにしてもらい送付してもらうように連絡することとなったが、役所が云うことと警察が云うことの整合性もあまりなく京都にいるこちらはなにしろ呆気になるしかないのだった(汗)。

若い頃より演劇や脚本・執筆などの方面に惹かれ定職にもついたりつかなかったりという叔父だったという記憶があるが、クリスマスともなると金を何処で都合してきたのかたくさんのクリスマス・プレゼントを買いに街中を連れてもらった。しかし、6人兄弟である私の親父が長男、その後ろに4人の弟(私にとっては叔父たち)の下に紅一点の妹という家系の5番目に当たるその叔父は厳格な兄貴たちにも適度に守られるが故に少し奔放な生活が度を超していたのかもしれない。なんと言っても、当時私はまだ4~5歳の幼児であったから、年に一度あるかなきかに我が家にポっと顔を出して、私たち子供にたくさんおもちゃを買ってくれる陽気な叔父に写ってもいたしかたなかったのであるが、そのクリスマスを最後に現在に至るまで何の連絡もなかった。

私の両親からもいくらか、他の兄弟にも借金をしていたのかも知れないがそのまま東京方面へ行ったという噂しか入らず杳として行き先は不明のままの43年間だった訳だ。一応、最期となった世田谷のアパートで発見されるまで身体の不調のため通院加療などはしていた模様だが、関西を離れるさい離婚したという知らせ以外には全くといっていい消息・行方不明者だった訳だ。
私の父にとっては。長男としてときに厳しく、ときに甘やかしてしまう関係だったろうからたぶん長兄にあたる私の父が亡くなっていたことにも気付かず、何十年振りかで会いたいという意識もあったのかも知れないが今となっては定かではない。
財産を残した訳でもなく、世田谷での無縁者扱いで仏となったのだが一応彼自身の財布から20万ほどの経費は出せたらしく、こちらへ督促されたのは1万5.000円程度の端数だった。家族なのだから当たり前、それくらいのことはさせてもらって家の墓にも入ってもらおうと思っているのだが、これから各親戚宛に相続放棄関連の連絡や何やかやと法律上のバカらしい手続きが残っているし、3ヶ月以内に完了しておかないとまた色々問題が出て来る可能性もあり「おいおい、勝っちゃんの伯父さん、またエライときにやってくれるやないの?」な訳だ。
私の病だけでも、歳をかさねたお袋にとっては何ともやっかいで、世話も大変だろうにこんなオマケまで付いてきて精神的に参ってしまわないか心配なのだが、身動きし難い状況に甘んじるしかないのが情けない。

風邪の影響が少なかった分、前回1/13~18より今回2/9~14の治療期間のほうが少しは楽だったのだが、先週金曜日に見つかった声帯への再発?分については今回の治療が終了後に、放射線治療に写り、平日の毎日5~10分の放射線照射(ピンポイントで喉に…)をするうえで、1.5ヶ月の通院となる見通しだ。片道45分程バスに揺られ、治療に5分程度、帰えるのに45分、支払いやバス待ちの時間は当日になってみないと判らないが、なんともはややる前から相当疲れそうな…。
なにしろ初めての放射線治療なので、どれだけの副作用があるのかさっぱり判らない。広範囲に当てるわけではないので多少は楽なのかも知れないが、また味覚や常の集中力に影響が出て、只ただボサーっとしんどい思いをするだけなら情けないしなぁ…わはは。

professero.jpg

画像は、今回の入院で同室になった某大学心理学教授O氏。
入院時期が学生たちの進級を決める時期に当たってしまったらしく連日の院内勤務状態、なにやら“院内オフィス”と化した病室にて精力的に仕事をされていた。心理学についての話しも面白いやり取りをさせてもらったが、私と向かえ同士でMacがフル・稼働している図は、他の患者さんや看護士たちにとって「ここは、病院なの?」って感じに見えたことだろう。


=================================================


最近、Macintoshにバンドルされているソフトウェアに「GarageBand '09」ってのがある。
Macを使って手軽にループ音源やMIDI演奏を楽しめるソフトだが、徐々に機能が追加されてきた上に音源素材そのものやミュージシャンのチュートリアルを観ることもできる面白いものだ。
そんな中、昨日見舞いに来てくれたヨッシ〜さんちのご子息自作曲の入ったCDを持ってきてくれた。わはは、中々ロックン’ロールしていて楽しいCDになっているが、これも「GarageBand '09」を使って制作したものだそうな。こうやって手軽に作曲が出来ると音の問題なども気にしなくてやれるのでとっかかりとしては随分環境が良くなってきたものだなぁ…などと隔世の感を覚えるが、私世代としてはやはり生で聴いてみたいものだ。
昔からこういった類いのものはApple=Macintoshの独壇場、Windows関係の追い上げも激しいようだが造り手、使い手がそれぞれ『Think different.』で、これからもやって行きたいものだ。(Think diffrent、文法的には副詞のThink diffrentryが正しいが、あえて形容詞止めにしてインパクトあるメッセージにしたいという意図があった模様〔Mac Fan 3月号、70ページ記事参照〕)
posted by tori's 108 at 00:00| Comment(39) | TrackBack(0) | diary | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
叔父さんの相続放棄関係事務、大変だと思います。以前に会社でやったことがあるので今週末に京都に戻ったときにもし手伝うことがあれば何でもしますよ。
Posted by ぶうみん at 2009年02月16日 20:01
そうでしたか。そんな急を要する大事なことも”まさか”として起こっていたのですネ。叔父さんが亡くなられたとはチラッと仰っていたと記憶していましたが、事情ははじめてわかりました…。その叔父さんも、まさか子供の頃に遊んであげたその子(torigenさん)が40年以上の時を越えて最終的な自分の残した色んなもの、人に関するケアを、しかも他にも大変なことがあるときに重なってやってもらうことになるなんて思ってもみなかったことでしょうね。torigenさん、人生って何がやってくるか、ほんとにわからないものだとつくづく思いますねぇ。

あ、春真っ盛りの頃になったらFM大阪のトーク番組にゲスト出演させてもらうことになりました。夜中に放送の、”大阪の文化などなど”について語り、曲をかける番組です。今度は出演時間が長いみたいです。一時間近く、短くとも40分ほどはありそうです〜♪若者向けではなく(笑)、50代・60代の大阪のオッチャン達がやっている番組なのでなんだか楽しそうです。
Posted by chi-B at 2009年02月17日 00:05
Yah! Yah! Yah! 昨日はどうも。退院直後でお疲れだったようですね。まっ、これだけの文章量のポストが出来れば大丈夫。

エンベ(ヨッシーJr.)のCDも聞いてくれてありがとう。ほんと、宅録&GarageBandでここまだで出来るンんだから凄いですよね。でも、やっぱりアナログ演奏が出来てこそのデジタルだからねー。ドラムス以外はぜーんぶ自分でやってるところが、さらに凄いなーって親バカしてます。

エンベの宅録メイキングはココで見られます。
http://ameblo.jp/enve/

ではでは、また顔出しますね。
Posted by ヨッシー at 2009年02月17日 08:40
ぶうみん氏、ども。
あ〜た、自分の病気と仕事を心配しなさい、わはは。それと、Win 2000からのヴァージョン・あっぷと(爆笑)。
現在、親戚一党がそれぞれ謄本やなにやかやを集めてくれてることでしょう。それぞれの兄弟も年齢を重ねているので役所に行くにも一苦労だろうと思いますが、仕方ない。それを揃えて世田谷に郵送します。
それよりまたまた確定申告が迫ってきてるが、どうすんの?って感じやわ(汗)。
Posted by torigen at 2009年02月17日 09:26
『上り坂・下り坂・まさか』わはは。
そりゃ、長い人生みなさん色々あるだろけれど、何でもかんでも重なっちゃうと「しばいたろかっ!」って気にもなりますよネ、chi-Bちゃん。
それも役所特有のモンキリ型説明。A4用紙3枚にもわたる文書を電話で読み上げる家庭裁判所の人間の脳みそはどうなってるんでしょうね?一回聴いて暗記しろっとでも言うのか?相手の立場など何もおかまいなく唯ルーチン仕事に明け暮れて、今日も忙しかったなぁ…などとホザイテルんでしょう。しかも、その電話を受けてるのは74歳のお袋で法律関係のことなど知識があるはずもなくて…。なので、提出書類など一覧にして郵送してくれといったら説明文書を直ぐに送ってきました(汗)。なんやねん、ちゃんと作成してあるんじゃないか?…と、こんな感じであります。
ま、私が元気でなくてその事務官は良かったと思います。絶対怒鳴りあげられて反泣きだったでしょうからネ、わはは。
Posted by torigen at 2009年02月17日 09:37
ヨッシ〜さん、ども。

いやぁ、エンベ君、中々センス良くまとめてますヨ。これから彼の音楽ワールドが花開くことを期待しております。
で、ギターでやって行くと言ってた大地クンのほうはどうなんでしょうね?何か活動しているんだろうか?
Posted by torigen at 2009年02月17日 09:41
面倒なことが起きてたんですね。
我が家は、祖母の遺産相続が、、、

これからは通院ですか。タント君は使えないのかな?
Posted by 泥水飲込 at 2009年02月17日 09:45
車両関係全部手放しましたから、わはは。
維持管理だけでもバカにならないし、今までの仕事に復帰するつもりが無いのと、どれだけ長期に渡るか判らないのでネ。
普通に暮らしてると不便は感じませんが、少し大きな物の買い物だとか、地下鉄の駅なんかとの位置関係によっては困るときもありますね?

滋賀県大津市に今では数少なくなってしまったMac専門shop「キットカット」という店があるのですが、その昔、Power Mac 9600 zipというその時代最高機種を買いに行ったのですが、その頃乗ってたクルマはMercedes-Benz 560SEL。「お客さん、乗用車じゃこれお持ち帰りは無理ですよ!ご家族も一緒だし…」なんて言われたのですが、すんなり後部座席に鎮座したMacを観て、店長が「初めてや…」と絶句していたのを想い出しました、わはは。私としては小型車でもノルだろうに…と思ってましたが…。ま、Mercedes-Benz 560でMacを買いに来る客自体少なかったんだろうけれど…ね。
Posted by torigen at 2009年02月17日 11:08
うーむ、親戚関係はよいことも悪いことも濃いですね。しかも他人と違い遠慮も何もなく突然だから怖い。

こちらは暖かいと聴いていたのですが今朝は強烈に寒かったです。
少し休憩しまーす。
来週に備えます(爆)
Posted by J・AGE at 2009年02月17日 13:01
しかし、来日早々Jさんも呆れたかも知れないけれど。そう、中川財務・金融大臣。この100年に一度とも言われている不況で地震源の欧米よりも酷い惨状、それに各国が対応を考えようという意図の元集まったG7で泥酔なのか薬物なのか知らないけれど、これって前代未聞だわ。漢字が読めないのを通りこしてさっぱりワヤだよネ。Jさんも仕事がやり難いんじゃないのかなぁ…などと思ってます。
昼に辞任会見したらしいけれど、帰国して直ぐには続ける意志を示していた彼には事の重大さがまったく理解できてないというのがハッキリして余計に愕然としましたネ。
Posted by torigen at 2009年02月17日 13:15
そうか、タント君も無いのか、、、(あれだと中が広いから荷物もたくさん!ですよね)

Jさん、お帰りなさい。お疲れでしょうけど、こんな時に風邪引いたりしますから、気をつけてください。

酒気帯び運転だと一発で免停・取り消しなんだけど、、、国の、世界の経済を運転してるはずなんだけどなぁ、、、、
Posted by 泥水飲込 at 2009年02月17日 16:57
国会にペンキぶっかけるだけで逮捕されるんだから、我が国民に世界的大恥をかかせた彼は、懲役10年でも良いと思いますけれどね。この不景気や法令改悪などで、毎日食べるのにも苦労しながら働いている人がいるんだから…。財務省幹部も死に体の政権なのでフォローしなかったんだろうけれど、ここまでくると日本壊滅状態ですな、わはは。
Posted by torigen at 2009年02月17日 18:37
どもども。
お昼でそば屋さんでテレビをみて転けました。

酒がつきものの海外で、アルコールに体質的に強喰いない日本人閣僚として同じ「危機」に直面した人は相当な人数に上ると思われます。
体調などもあり100%はあり得ないにしても、だからこそもっとも基本的なことに留意すべきだと思います。また、周囲はこうしたことを防ぐことに「慣れて」おり、危機管理体制もあったはず。
他人の意見を聞かない、という本人の性格的な問題もあったのではと想像してしまいます。

でも私だったら「だって酒弱いんだもん。ごめんね」って開口一発ひらきなおっちゃうけれど。
Posted by J・AGE at 2009年02月17日 18:42
ベンツの560SELって、かなり大きなクルマでしょう?そんなの乗ったことないです。凄い!

ところで、心理学教授との病室マック対決ですが、アップルを創ったあのスティーブ・ジョブズも、ガンを宣告されて、しかし、回復〜復活した人ですよね。

私もかつてはパワーマックの7200(だったと思う)を持っていたのでした。(遠い目・・)
Posted by asianimprov at 2009年02月17日 20:03
ども、asianさん。

Steve Jobs、そうです、一時太り過ぎってくらいだったのが、劇ヤセで告白、快方に向ってるのかと思ってましたが今年の「Mac World Expo」の基調講演や彼自身の参加は見送りとなり、6月まで治療に専念するという発表がありました。流れからして少し心配ですネ、噂が乱れ飛んでますのでどれが正しいのか判りませんが…。

今日は超ひさしぶりにバーボンなどチビっと飲ってます、あっ、ご心配なく少しだけをちびちびとですから、わはは。Jack Danielsも円高で一段と安くなってるか?と思ってましたが、濃い酒を最近若者は買わないので円が安いときのレート仕入れの在庫がたくさん残っているようでまったく反映されてませんでした(汗)。それに肝心のJack Danielsは置いてなくて仕方なくEarly Timesにしましたが、久しぶりに旨いであります♪
これを飲りながら「A DRINKING LIFE / PETE HAMILL」を読み返しております。
Posted by torigen at 2009年02月17日 20:26
お酒飲んでも酩酊しないようにね〜

ピーター・ハミル!ヴァンダーグラフ・ジェネレーター〜!!!(すみません、意味不明ですね)

兼任・兼任・兼任になった人事。そんなに簡単な仕事とは思えないんだけどなぁ、、、
Posted by 泥水飲込 at 2009年02月18日 09:35
実はここ数日350mmの缶ビール1本だけで過ごしています。メタボ対策ですが、、、
ハイボール・バーボンソーダが好きな私ですが、暫く飲んでいません。

朝のうちに一度コメントしたと思ったけど、反映して無いのかな?時々あるような気が、、、

次男が風邪引いて、、、ポヤ〜ンとしています。
Posted by 泥水飲込 at 2009年02月18日 19:50
なんども更新してたのに、気づきませんでした(汗)泥さん。

そっか、泥さんは割る派なんだなぁ。私は生のままかオン・ザ・ロック。
大学時代のThe Crusaders Liveにも、スキットルに入れてここにも登場のがーこさん達と廻し飲み、当時からJack Danielsが多かったデス。公演終了後の居酒屋でさよりの刺身とかで、一杯キュっとやってから帰るのがパターンでした。
Posted by torigen at 2009年02月18日 20:15
まいど。先日はどうもでした 叔父さんの件お袋さんも大変で手間ではあるが残された者の勤めとして受け止めて下さいな。 ぶーみんも居ることですし(笑)THE CRUSADERSありがとう 三ツ星やね。JACK DANIELS のあの独特の焦げ臭さもええが マッコリ どうでした? 内の嫁 予想以上みたいです 私も 痛風、血糖、脂肪、気長に要治療ですわ。ぶーみんに宜しくね。
Posted by がーこ at 2009年02月19日 00:11
叔父さんの件はご愁傷様です。

しかし、役所仕事ってなあ・・ねえ・・・
風の噂では中学の同級生がかの区役所にいるらしいが・・・関係ないよね(笑)

アホ閣僚については、まあ、アルコール依存症に
近い奴を任命したツケでしょうな。

欧米はアルコール社会らしいが、公共の場で
酩酊するなんてのありえないらしいですね。
ああいう「立場」の人間では。
ってか、飲まないときは徹底して飲まない。
飲まない奴には無理強いしない。

かつて、外資系との合弁子会社に島流し、もとい出向してたときも、会合後に欧米亜細亜印度とりまぜて20人以上で中華料理を囲んでも、乾杯から堂々とアルコールを口にしない奴はいるし、それに違和感感じることはなかった。

まあ、飲まない私が皆さんを前にして敢えて
言わせていただければ(笑)
日本はアルコールに対して甘い社会。
薬物には煩い癖に、アルコールの害毒には肝要すぎる。

まあ、ここの皆さんは酒に溺れるような方は
おらず、(というか果てしないのんべ??)
かえって眉を顰めてらっしゃると思います。
Posted by ラ・マンチャの男 at 2009年02月19日 00:41
わはは、がーこさん。

いやぁ、築地の大トロ・中トロ、美味でした!まっこりは、飲んだことなかったけれど嫌みのない甘みがあって…しかし、あれはちょっと危ない酒だねぇ(汗)。

ぶうみん氏も、病を二つも三つも抱えたまんま仕事してますが…みなさん、それでもしっかり仕事をしてるんですけど、麻布→東大→お大臣は重要な国際会議で酔って居眠りしてるしなぁ…。危機的状況で、大バカ野郎に任せっちゃっちゃこの国も衰退の一途でしょうね。
Posted by torigen at 2009年02月19日 09:01
おっと、ラさん、気合いの入ったご答弁!わはは。

イギリスなどでもパブが次つぎと閉店し、ブルックリンなどのアイリッシュ・バーも現在はどうなのか判りませんが、世界的健康志向(禁煙とともに)もあって一時のパワーはないのかも知れません。'60年代には工場労働者や港湾でキツい仕事を終えた人々がそれぞれの止まり木に通い、疲れを癒したことでしょう。酒にはそういった慰労の力もあるのですねぇ、適量なら、わはは。
ラさんが言われる「アルコールに対して甘い社会」(ごもっともです)に甘く育てられたヘナちょこ達は「サンボア」のようなBarにはおりませんね。中川某はそんなヘナちょこの中のヘナちょこ。んな奴を重要閣僚に選ぶ輩は形容のし難いド阿呆ではありますデス。
Posted by torigen at 2009年02月19日 09:23
まぁ、本来なら政策で語られるべき政治家が、マスコミの揚げ足取り的な報道であれこれ言われるのは良い事ではないと思うのですが、ちょいとお粗末過ぎるわな。
みぞうゆうの危機だという自覚は無いというのは良くわかったけど。

数日ではありますが、禁酒?断酒?してみたのですが、禁断症状も無く過ごせますので、アル中ではないことがわかりました。よかった・よかった。あ〜炭酸でジャックダニエル飲みたいなぁ、、、(ん?アル中症状?)
Posted by 泥水飲込 at 2009年02月19日 09:42
中川某の場合は、揚げ足も何でもなく自らが招いた失態、議員や役人という前段の人間としてどうなのよ?ってレベルですね。
しかも、全世界レベルの大不況って時期のG7での会合であのテイタラク、おまえは遠足に行って飲み過ぎたのかっ?こんなのを許す土壌が、いわゆるラさんの言う処から始まっているのかも知れませんが、こやつのやった失態は時代が時代なら縛り首で当然の大重罪、国家主義的な人からなら国賊と呼ばれるレベルでなんとも言い難いほど情けないのであります。
Posted by torigen at 2009年02月19日 11:01
次兄がギター買ったぞ〜!!

あ、いいふらしちゃった。
Posted by J・AGE at 2009年02月19日 19:23
このご時勢に、余裕だなぁ…わはは。
私はkanaちゃんから送ってもらった「THOUGHTS / David T. Walker」を宮野さんのごとく?連続で聴き入ってます。普遍のDavid T.とでもいうか、これまたスペシャル・ワールドですね。
Posted by torigen at 2009年02月19日 19:51
このミゾウユウの時期にデカい(私にとっては)買い物をしてしまいました。
まずはドレミ♪から始めようと思います。って、ダメだよ〜Jさん〜バラしちゃ〜あはは。

DTかぁ、、、あんな風に弾いてみたいものだ、、、
Posted by 泥水飲込 at 2009年02月19日 21:16
まいど。そりゃ良かった 鮪はよく買うお裾分けなんで又持参しますわ マッコリ あれ危険ですか?韓国のドブロクですが 韓国のB級グルメ、韓国海苔なんかとは最高かと 又次回 ご期待。しかし 前首相が デカイ顔出来るの誰のおかげと引退表明して造反て どんな国や ブシュも云うかなイラク侵攻には反対でした。しかしGMもGEも苦しいのは売れる武器を造らなかったからやーと
アホくさい 一体この国は何処へ行くのでしょう
Posted by がーこ at 2009年02月19日 21:19
いやいや、泥さん、豪気!で良いじゃないですか?
どんなの買ったのヨ?わはは。
David T.の場合は15歳くらいでスタイルは定着してひたすら我が路を歩んできたって感じがしますね。それが年月を重ねることによって輝きを増してるってのが凄いです。ギターが唄うんですね。
Posted by torigen at 2009年02月19日 21:43
どもども、がーこさん。
忙しいなか、立ち寄ってくれてありがとでした。

ほんとにね、腹が立つというより呆れる。あれで国際的に通じるって思ってるのだろうかね?その辺からして不思議で、しかも記者を相手にあの横柄な受け答え、記者も国民の一人で選挙民も観てる訳なのに選挙の時に頭を道路ににじりたくるようにしておいて終わったらこれかよ!…みたいな。
薄っぺらで馬鹿バカしい限りの政府、何処へひっくりかえるか知れたもんじゃないよネ。
Posted by torigen at 2009年02月19日 21:50
本日は〜真っ白!積雪5cmというところ。
久しぶりに積もった、、、が、先週からの2回のパンクで営業車サニー君はノーマルタイヤを履いていて、、、、親父の車を拝借して。

さて、忙しくなるぞぉ〜

Posted by 泥水飲込 at 2009年02月20日 09:30
>さて、忙しくなるぞぉ〜

録音に向けてのギターの練習が忙しくなる?泥さん?わはは。
Posted by torigen at 2009年02月20日 09:40
Van Zantのストラトを買いました。

あ、いけね、またしゃべっちゃった。
Posted by J・AGE at 2009年02月20日 12:16
こちらは、PioneerのHDD Recorderが壊れました。
DVDが観られないし、録画も出来ない状態。
で、換えるとなったら当然、地デジ対応にしなくちゃならないし…いろんな事で想定外のことばかりが起こってます(汗)。お骨は無事、世田谷からこちらに届きましたが(想定内)。
Posted by torigen at 2009年02月20日 13:48
ダメだよ、バラしちゃあ〜Jさん。ドレミからなんだから〜(TOT)猫に小判って言われちゃうでしょ。

想定外、今年になって2階のキッチンの電子レンジと掃除機が壊れました。(これが壊れなければフェンダーのCSもいけたか?)そして、、、昨夜はギターアンプの真空管が1本、トビました。
Posted by 泥水飲込 at 2009年02月20日 21:48
JさんもVan Zant、祝ご購入とか…わはは。

私、一連のRCカー発掘?作業中に中学生の頃に初めて手にしたクラシック・ギターを見つけました(汗)。教則本の一小節かそこら、鳴らせた時は感動ものだったことを想い出しました。その頃、ときどき拙blogに登場のミッチェル(ds)さんはalto saxを、もう独りの友達はtpをやってました。ミッチェルさんは自宅でpianoも弾いてたし、saxでは「太陽に吠えろ!」のイントロばかり吹いてたのを覚えています、わはは。それから35年ほど経った今も彼はバンドをやっていて、息子のバンドと対バンしたりして元気です(汗)。
Posted by torigen at 2009年02月21日 07:02
久しぶりの休みじゃ〜!!

あ、新幹線の切符かってこよ〜。
Posted by J・AGE at 2009年02月21日 08:23
あっ、私も切符買わなきゃ、、、
Posted by 泥水飲込 at 2009年02月21日 08:56
私は地デジ・HDD Recorderを吟味中。
買うつもりなど毛頭なかったので、何処の機種が私の環境に適しているのか全く判らない(汗)。
やはりBlue対応でなきゃ後悔するかなぁ…(爆)。
しかし、高いしなぁ。
Posted by torigen at 2009年02月21日 09:50
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/114075608

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。