2006年03月07日

回路試験器

正式名称『回路試験器』

そう、電圧、電流、抵抗を計る計器だ(汗)。
こんな物まで我家の押入れは腹の中に入れてた…。

横河電機製作所 型名 L-5
定格 500V/100MΩ
        各指示値の± 5%
確度 定格値のみ± 10%
絶縁抵抗 50MΩ以上
        耐電圧 A.C 2000V 1分間  試験責任者 加藤 昭和40年11月5日

YOKOGAWA ELECTRIC WORKS, LTD TOKYO,JAPAN

とある。
まだ、コレの小型版もある(爆)。

正式には回路試験器と言うらしいが、普通一般にはテスターと言ってる機器だ。
Universal Test Set或いはCircuit Testerなどの英語からテスターと呼ばれるようになったらしい。

『模型とラヂオ』などの雑誌を見ながら、真空管ラヂオや模型を作る時にも使った覚えはあるけれど
このL-5は昭和40年とあるから、相当高価だったハズだ。
もっと、小さなテスターもあるけれど…(爆)。

天国の親父よ、家は何屋さんだったの?

株式会社 横河電機
「バッテリーチェッカーから万能テスターへ」
http://www.yokogawa.co.jp/museum/tester.htm


yokokawa.jpg
posted by tori's 108 at 03:11| Comment(10) | TrackBack(0) | goods | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ちょっとお久しぶり。
いろいろとお宝でてきますねえ〜(笑)

回路試験機、苦手分野だ(^_^;)

カメラならまだついていけるけど・・・
ウチも親父の持っていた古いカメラはあるなあ・・
私の持った最初の一眼レフはニコマートEL。
会社の後輩に売ってしまったけど・・・
いまはF3。重さとマニュアルフォーカスの
煩わしさ、&目の衰えで、最近は稼動してないです。
Posted by ラ・マンチャの男  at 2006年03月07日 18:32
ども、ラマンチャさん。

ですよネ、目が私もダメです。なので一眼レフ私も使ってません。

更なる「捜索」の結果、ジャバラのFujica-6と8mmカメラ、Canon single-8 518 SVが出て来ました!後日アップいたしますデス。
御期待(あんまりしてない?)アレ。
Posted by torigen at 2006年03月07日 19:05
昔のアナログのテスターってかなり高価で。
修理するとこれもアナログのメーターは高額に。

でも普通の家には無いよねぇ〜。8o?なんとまあ、凄い押入れだこと。

Posted by 泥水飲込 at 2006年03月07日 19:16
しかし、泥さん。
肝心のSONYオープンリールが出て来ない(爆)。
Posted by torigen at 2006年03月07日 20:30
なんだか、すんごいモノが出てきましたね。
私が仕事に行く大陸ではこうしたテスターとかチェッカーとか、何につけても測ったりするものを欲しがられます。日本はこういうとこがしっかりしていますよね。

AIWAのオープンももしかしてお持ちですか?
Posted by J・AGE at 2006年03月07日 21:02
まだまだ出て来そうです、J・AGEさん。
大陸…でしょうネ?日本でもこの頃は部分的に手作りだったようです。

残念ながら、AIWAのオープン・リールは持ってません。しかし、その頃の取説とかパンフはたくさん出て来ました(汗)。

何度も言うけれど、アノ頃の製品の造りは凄いです。欧米のマネではあるのでしょうけど、材質も加工も職人気質そのものですね!

小出しにアップしますので、ヨロシクです。
Posted by torigen at 2006年03月07日 21:20
レインボーに戻ると。リッチーが日本製オープンリールをプリに使っていたのは有名な話。(マニアックか?)
2トラ38が欲しくて安売りの時に行列したのに買えなくて。まっ、買わなくて正解だったか。置き場所もないしな、と。
Posted by 泥水飲込 at 2006年03月07日 21:48
置き場所が無い…言えてる(爆)。
一部屋、ガラクタで潰れてるしなぁ。
コンピュータ関連以外何も置いて無かった私の部屋も、最近とみにガラクタの侵食を受けてるし…。

しかし、オープン・リール何処へ入れたか謎。
Posted by torigen at 2006年03月08日 04:27
お、さすが泥水飲込さま!
私のネタ振りに気づかれましたね!!

ブラックモア御大のくどい位のエコーはAIWAのオープンリールの3ヘッドを利用して生音と再生音のタイムラグで出していましたよね。
25年くらい前に最後の一台らしきものをスペアとして買ったと聴きましたが、大事にしているらしいです。
Posted by J・AGE at 2006年03月08日 08:46
J・AGEさん、すんまへん、根がハードロック少年で。わはは。
未だにあのセカンドは傑作だと思いますよ。(リファレンスでしょう!ハードロックの)
グレコのSTモデルのセンターPUをスプリングが外れるまで下げた覚えがあります。スキャロップはしませんでしたが。
弟はリッチーの「音」そのものがいいよね〜と言ってますし、私もその通りと。
Posted by 泥水飲込 at 2006年03月08日 19:35
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/14340066

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。