2006年03月15日

Larry & Lee

Larry & Lee / Lee Ritenour & Larry Carlton

1. Crosstown Kids
2. Low Steppin'
3. L.A. 'Underground'
4. Closed Door Jam
5. After The Rain
6. Remembering J.P.
7. Fun In The Dark
8. Lots About Nothin'
9. Take That
10. Up And Adam
11. Reflection Of A Guitar Player

Lee Ritenour (g), Larry Carlton (g), Jerry Hey (tp), Omar Hakim (ds), Greg Phillinganes (key)
Larry Williams (syn, tenor sax), Dave Witham (key), Cassio Duarte (per), Gary Grant (tp)
Bill Reichenbach (tb), Harvey Mason (ds), Melvin Davis (b)

Recording Dates : June 1994-1995

「彼ら双方に、互いのことをきくことはできなかった。少なくとも、僕にはできなかった。それだけ、僕の中では、とてもナーバスになる存在だったし、どこかで2人を同時に語ったり、比較しない方がいいという意識があったようだ…」解説でADLIB誌編集長、松下佳男氏。

私も全く同感だ。5才の年齢差はあるが、同じようにスタジオ・セッションで頭角を現わしジャズ・フュージョンの世界で華開く。かたやCrusaders、こなたGentle Thoughtsと…。

このアルバムを制作した1994年には、Larry Carltonは47才、Lee Ritenourは42才。
酸いも甘いも判る年令になった2人が共演ということで、ほんとに肩の力を抜いた大人の洗練を楽しみながら表現しているといった雰囲気だ。
ギターの申し子、LarryとLeeが必殺ガチンコ勝負をするのではなく繊細にからみ合って、聴く人に素晴らしいひとときを提供してくれる。
脇を固めるL.A代表セッション・マン達も一括りにしてしまうのが勿体無い程の当時の一流処が揃った。

ま、とにかくもう一度聴いてみよう…。

敢えて反論覚悟で言うと、Lee RitenourはRock色の強い的確なハメ込んで行くような…。
Larry CarltonはBlues色の色合いを持ってニュアンスが微妙と…。
同じクラッシック・ギターの先生に習ってたというからおもしろい。


larry&lee.jpg
posted by tori's 108 at 04:27| Comment(5) | TrackBack(1) | music | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
リスナーとしては比較してしまうけど、ね。
十字軍ファンはラリー!って感じだろうし。
大人だから〜は本人達の弁。
子供リスナーの私は「もう少し意地張っても」なんて。ついこの間だと思ったら10年前かぁ〜、少しショック。
Posted by 泥水飲込 at 2006年03月15日 18:17
これは私、始めて聴きました。
殆どの場合、レコードで所持或いは所持していたか、『がまがえる』で聴いて居たというのが多いのですがネ?

で、龍さんちで書いたけど「ブラウザ」の事わかったかなぁ?
Posted by torigen at 2006年03月15日 18:25
了解です!!
ブラウザって聞いた事はあるけどねぇ、そんなん知らんでも〜使えるわ〜って。何年使ってんだろ?確か我が家で初のPCは「88」(98じゃない!)で。テープデッキで。弟のだったけどさ。
Posted by 泥水飲込 at 2006年03月15日 21:57
このときはワシはクラシックばかり聴いてた頃で、このことは後で知ったんですけど。
LarryとRitenourの共演なんて今でも信じられないキモチで。
ま、 新生党、公明党、社会党とかが連立したり、自民、社会、新党さきがけで村山首相ができあがったり。
どっちもどっちだったですかね。

で、ワシはPC-6001MKU。友達のだったけど。
テープもついてないんで、本見てゲームのプログラム打ち込んで、そのゲームやってる間は何日間も電源入れっぱなしでした。
Posted by 半斤八両 at 2006年03月16日 00:31
私んちでは、カシオか何処かのミニ・コンだったような…。全部プログラム打ち込みで、ロール紙にデータが打たれてビロビロォ〜と出て来るやつでした。周辺の機材は出て来たのだけど、本体が見つからない(爆)。
ゴルフ・ゲームで遊んでました。
Posted by torigen at 2006年03月16日 03:42
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

Live in New Orleans
Excerpt: ノラを聞いた事が無かったので買ってしまいましたが、キャロル・キング・フリークの私にとっては最悪でした。 曲もバンドも輝きも勢いもなく、この程度でグラミー?と思う人は多いのでは・・・。小さなライブハウス..
Weblog: ジャズの極意
Tracked: 2008-02-03 00:38
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。