2006年04月14日

鉄人28号 VS BLACK OX

28go.jpg


「鉄人28号 VS BLACK OX」TOYS"R"US by Medicom Toy

「HYさん、という事で私の持っている「鉄人28号」はそんなプレミアの付いた物でなくて『トイザラス』プロデュースもので、え〜と定価¥5.800-のキットです(汗)。
でも、弟が買って来てくれた時には懐かしくてネ。」

Postかコメントか判らなくなってきたような…。
HONDA F-1(初期の)も持ってはいるが、いつか時間のある時にと思いながら年月だけが過ぎている。
頭の中では、エキパイはこれで加工してなどと「絵」は出来上がっているのだが…。
やはり、時間を掛けてディティール・アップしてこそがモデリングの醍醐味であるからして、うん。

いつかも記事にしたと思うが、「模型とラジオ」誌に掲載されたJaguar E-Type(だったと思う)のOne Offモノ金属製ラジオ・コントロールカーが、当時の私の憧れだった。ボディは全部手曲げ叩き出しだったと記憶してる(驚愕)。しかも、昭和40年頃のラジオ・コントロールなんて下手なオーディオが真っ青になるくらい高価な代物だ。当然、エンジン・カー(今程の高出力バッテリー、モーターも無いし、それを制御するのは当然ながらHOゲージなどをコントロールする接点式しか無い時代)で、煙りもリアルに走行する写真が載ってたように思う。
しかし、当時一日に貰っても5円が上限だった私にとってはまったくもって高嶺の花だった。
それでも、「何でも10円屋さん」でメンコも型抜き煎餅もイカの足も買えたんだよなぁ、これが。
で、うかうかしている内に24/1スケールだったと記憶しているがスロット・レーシングが登場していた!
少し経済的に余裕のある家庭の子供たちは、みんな当時としてはスケール感満点のレーシングカーとコントローラを持っていたものだ。
貧困と富裕の格差を思い知ったのであった。

それと、当然 Stirling Moss (Lotus 18), Jim Clark (Lotus 49), Norman Graham Hill (BRM-Lotus)などのF-1の神様たちが、幼い私を模型に走らせたひとつの要因だったろう。
これらのモデルを眺めながら、気分はもう"Flying Scott"であり"Monaco Master"なのだ!

今、こうして考えてみると当時の英国は凄かったというのが手に取るようにわかって来るのも面白い。
Gerry Anderson(Thunderbirds)もTWIGGY(元祖ミニスカ)世界を席巻したのは英国人(スコットランド)だった。
おぉ!思わず歴史的考察(ぶっ)。

posted by tori's 108 at 03:26| Comment(6) | TrackBack(0) | goods | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
鉄人28号のPostだと思って読んでたら、スターリング・モスやジム・クラークが出てきて、大英帝国の栄華が締め。
この展開に、ぼくは「Flyig Story」の称号を贈呈したいと思います。
Posted by IKEGAMI at 2006年04月14日 12:17
「Flying Story」!です。

実は、昨日は記事を書くのにフン詰まりを起こしておりまして(汗)。
主題は決まってるのに中々文章が出て来なくて、こんな時ってあるんですねぇ。
White Out状態っていうか?
ま、無理矢理ボンドG17でくっ付けたって言うか(爆)。即効で寝ましたけど…。
Posted by torigen at 2006年04月14日 12:44
白黒写真かと思ったら箱がそういうデザインなんですね。これは斬新!
自分が子供の頃は鉄人もアトムも足に電池を入れる方式の不格好なデザインの時代でしたからねー、雲泥の差。こんな鉄人なら欲しかったのにな〜

Gerry Andersonは偉大でしたネ。でもその名を知ったのは大人になってからでした。サンダーバード、キャプテンスカーレット、謎の円盤UFO…などなど、これらを抜きに私は少年時代を語ることは出来ません。今はあんなに夢中になれるモノはない・・・
Posted by HY at 2006年04月14日 14:40
プラモというより、これはFigureですね。
まだ、トイザラスで売ってるんじゃないかなぁ?

足に電池入れるタイプのも何台か持ってたです。
足に磁石の付いた冷蔵庫に止めてた(そういう用途でわないが)奴もあったですヨ。

Gerry Anderson、今現在も何か映画か?を制作中らしいですヨ?検索してたら見たような…。
Posted by torigen at 2006年04月14日 17:16
はじめまして。
仲良くしていただいてる先輩の紹介で参りました(。・ω・。)ドキドキ
色々おハナシはうかがっておりましたが、内容の濃いブログでびっくり致しました!

とりあえず、足跡まで。
失礼致しますっ。
Posted by 酒の元新人☆ at 2006年04月15日 00:58
おぉ!酒の元新人さん、待ってましたよぉ!
話しは聞いてたから…わはは!

記事に関係なく自由に入って来てくれて良いんですヨ、ココは。
今は、おっさんネタでゴチャゴチャして(爆)るけど、柔らかいものから硬い話まで、何でも有りのblogだからネ(汗)。

なんだか、シフトってか配置?が変わったんだってネ?ま、大変な"世界?"に足を踏み入れちゃったんだ…(笑)。そこは、ひとつの小宇宙だからネ。

ま、懲りずにいつでも来てネ!
本の紹介もたくさんしてるので…。
Posted by torigen at 2006年04月15日 08:56
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。