2006年10月24日

THE BROTHERS GRIMM

grimm.jpg
 
 
 
THE BROTHERS GRIMM / 2005
 
 
監督: Terry Gilliam
製作: Charles Roven,Daniel Bobker
製作総指揮: John D.Schofield,Chris McGurk,Bob Weinstein,Harvey Weinstein,Jonathan Gordon
脚本: Ehren Kruger
撮影: Newton Thomas Sigel
プロダクション・デザイン: Guy Dyas
音楽: Dario Marianelli
 
Matt Damon,Heath Ledger,Monica Bellucci,Jonathan Pryce,Lena Headey,Peter Stomare
 
 
ダークなダークな大人のファンタジー・コメディといったところか?
魔物退治を自らの仕掛けを使って解決し、金銭を騙しとることを商売とするグリム兄弟だったが、フランス占領下のドイツでも、同様の詐欺を働く。しかし、フランス官憲に過去の仕業がばれ逮捕、あわや処刑の憂き目に‥。
処刑寸前、ドイツの小村で起こった10人の少女の失踪事件を解決すれば無罪放免するとのオファーを受け、呪われた森に向かうグリム兄弟だったが‥。
 
 
VFXを存分に使い、ファンタジー&ダークな世界をTerry Gilliamが想像力豊かに描いていて好感を持った。
少なくとも、現在公開中の『PIRATES of the CARIBBEAN / DEAD MAN'S CHEST』よりは世界観が壮大でダイナミックな演出だ。
posted by tori's 108 at 19:23| Comment(27) | TrackBack(0) | movie | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
Terry Gilliam は、大好きな監督の一人だよーん。
「未来世紀ブラジル」の世界観は最高です。
元はといえば、ニッチなコメディ「モンティー・パイソン」だけどね。これ、たまりません。
「スネークマン・ショー」も真っ青なブラック・ジョーク大会。
「ゲバゲバ90分!」も吹っ飛んでしまうね。
たまに滑ってしまうのはメリケンさん的じゃないってとこかな。
この映画、結構、楽しめましたよ。マットファンにはものたりないかもってところ。
Posted by ヨッシー at 2006年10月24日 21:35
私も〜「ブラジル」は何度も映画館で。
モンティパイソンは勿論12ch、ひろかわたいちろーで。
でもな〜この「ブラグリ」観てないんだよな〜
Posted by 泥水飲込 at 2006年10月24日 22:30
この『THE BROTHERS GRIMM』でヨッシーさんの反応があるとは思ってなかったなぁ。そういえば音楽ネタで話すことが多いからか、映画話はしてないっていうかしても酔っぱらって忘れたってことか…汗。しかし、Matt Damonの長髪が似合わねぇ〜。この映画ではHeath Ledgerの方がハマり役かもネ。

泥さん、龍さんちで超お宝が出たとか?何だろネ。

しかし、金子マリからTHE BROTHERS GRIMMへ一瞬にして飛ぶところなんぞ、このblogもダイナミックだなぁ!(爆)。
Posted by torigen at 2006年10月25日 04:01
そう言えば、映画の話はあんまりしてなかったような、torigenさん。
エドガー・ライス・バロースやアシモフ、クラークなんかで夢見る少年だったから、サイファイやファンタジー映画が好きになるのも当然って言えばわかるでしょ。

この映画、特に脇役のグリム兄弟について廻るオッサン(Cavaldi役)がいい。ロシア語訛りのフランス語風英語でまさにモンティ・パイソン的に笑わせてくれる。この人、初めて観たのは「アルマゲドン」。ほら、最後の脱出シーンで「こんな部品、どーせ台湾製やー」って叫びながらイグニッション・パーツを叩きまくるロシアの宇宙飛行士。

いやー!実にTerry Gilliamなブラック・ジョーク満載の楽しい映画でした。

Posted by ヨッシー at 2006年10月25日 06:39
風邪を引くと映画のDVDを寝室で観ることが出来るのがここ数年。(TV数台は子供に占領されている。こっちでビデオ、あっちでPS。PCは家のはデスクトップなんで〜)
今度具合が悪くなったら、見て見たいもの多数。早く風邪引きたいな〜??
Posted by 泥水飲込 at 2006年10月25日 10:02
予告編をみてオカルトだと信じて観ました。
あ、別に間違っていないか。
想像とは違っていましたが面白かった。
モニカ・ベルーチも美貌ですこしわらかすようなノリがえらいです。
Posted by J・AGE at work at 2006年10月25日 15:43
私としたことが、Peter Stormareなどという怪優を忘れていたとは…(汗)。そうそうロシア人宇宙飛行士!おったおった。
こんなの日本人がやるとシラケてしまいそうなくらいダークでそれでいてコメディという…。
後でcastに入れておかなきゃダメだわナ…爆。
Posted by torigen at 2006年10月25日 17:03
話がそれるけど、なんか最近の映画のこの手のパッケージ?感じが似てるような気がするのは私だけ?
いい監督だよね、好き。ブラジル、バンQ、バロン、猿が一杯、でもブラジルがいいなぁ〜。何回見たかな〜映画館で観た回数では過去最高かも。都内のあちこちで観たんだよね。
ブラグリ、面白い?興味はあるんだけど。
Posted by 泥水飲込 at 2006年10月25日 22:38
面白かったヨ。
テンポ良く進行していくので各々のキャラクターを楽しみながら観れる。ま、佳作といった処かなぁ、私的には。しかし、荒唐無稽なコメディものにありがちな観る者をシラケさせるなんてことは無いしよかったであります。
Posted by torigen at 2006年10月26日 04:22
そっか〜風邪引きの時の候補だな〜わはは。
今日は朝から遠方からのお客さんと同行で。
四国からなんだけど、こっちは寒いそうです。
そうだよな〜紅葉してるもん!山のほうは。
平地はまだだけど、紅葉狩り、行きたいぞ!!
Posted by 泥水飲込 at 2006年10月26日 18:39
chi-Bさんじゃないけど、私もココ二日程頭の鈍痛が…。
微妙に二日酔いの症状とは違うような…(爆)。脳溢血か?
たぶん風邪ぎみなんだろうとは思うけど、なんもする気になれない(汗)。
Posted by torigen at 2006年10月26日 20:23
頭痛いですよ〜。ここ二日!
でかい、いや、重いっていうのか、それでいて変な痛みも走るし。
薬を呑むと一旦治まるのですが。
運が良く、明日来て大騒ぎをするはずの友人が来なくなったので、おとなしく明日は帰ります。
Posted by J・AGE at 2006年10月26日 20:49
こういう微妙な気候の中、雑踏をほろ酔いで歩くこと程風邪に一直線ってパターンも無いですよネ。酔ってるので妙に力が抜けて身体が風邪菌を吸収するのでしょうか?
私も今週末は家から出ないことにしております…が、自宅で昼から飲んでごろごろしてると余計風邪を悪化させたりして…(爆)。
Posted by torigen at 2006年10月27日 04:11
症状は酷くないけど、痰が絡まっていて〜親父も熱っぽいと早く寝てました。風邪の予感?

何だか皆、疲れがたまってるんでしょうか?ご自愛の程。
Posted by 泥水飲込 at 2006年10月27日 08:46
I'M BAAAAACK! 私のほうは、やっとこさ風邪もマシになりました。書き込みを読ませていただいてると、みなさんも風邪なんでしょうか?今度のは、まず鼻・喉にくるようです。どうぞお大事になさって下さい。ご心配おかけしてすみませんでした〜。風邪イチ抜けのchi-Bでした。LOVE.
Posted by chi-B at 2006年10月27日 13:23
泥さん、ども。

そっちは天候が凄いと思ったら、事件まで凄いんじゃない?
気をつけておくんなまし…。

おぉ、chi-Bさん、回復しましたか?わはは。
私は?と思ってるうちに週末を迎えて、また飲むであろう…という事でスッカリ酷いことになって月曜日を迎えないためにもJさんのような無理無茶をしないよう心がけております(爆)。
Posted by torigen at 2006年10月27日 18:04
事件の場所は一昨日行ったお客さんのところからすぐで。鉈に拳銃だから、ちょっと勝てないですねぇ。
些細な事で大事件を起す、子供も大人もどうにかなってます。
地元の高校も世界史習ってないみたいだし、まったく。
Posted by 泥水飲込 at 2006年10月28日 08:42
物事の反応が事件に結びつきすぎ。
もう少しモノを考えてないといかんですね。
ちなみに私も授業が足りていないですよ。でもこれが問題だって気づかずに居ました。

今朝は何年ぶりかにすっきり目覚めました〜。
torigenさん、私ったら、運良く、いや悪くか、昨日訪ねてくるはずの友人が来なかったので、もう無茶のみをしないですみましたよ〜。
Posted by J・AGE at 2006年10月28日 10:39
10年前かららしいですね、高校の授業の件は。
結構、「私も受けてない」って人もいて。あれ、J・AGEさん、そんなに若かったっけ?わはは。
しかし、マスコミも今頃になって。もっと前から判ってただろうに。なんか作為を感じるんだけどな。ヒマネタじゃないだろう?これって。公表時期を考えてはいない気がする。

Posted by 泥水飲込 at 2006年10月28日 11:58
わはは、まだ?並缶2本しか(5:00〜11:49am)飲んでないデス!爆。で、ウトウトすると喉がヤバ目な感じ…タバコも旨くないし(汗)。

だろぉ〜、現場の高校でそんなことになってしまってるのは誰のせいか?文科省と教育委員会のバカどものせい。ゆとり教育なんて言ってるかと思えば急に詰め込み復活、なんでいつもよく考えてから実行しないのだろ?で、今また安倍のド阿呆が教育改革を今国会で成立させるだなどとこれまた性急なことを言っている。永い目で観た『こうあるべき教育』という筋立てが何もないうえに、上から付け焼き刃だから骨格がボロボロなんだヨ。卒業式で君が代歌ったからって学力があがる訳でもないし、他人をおもいやる人間になれる訳でもないのに、そんな形式に拘って成果が出る訳がない。一番情けないのは長田町と霞ヶ関に集まってる奴らだけどネ。
Posted by torigen at 2006年10月28日 12:02
おひさ〜!

久々にIEの機嫌が良くて繋がった。


懐かしのバローズやアシモフ、クラークの名前が!
海外SFは黄金の50年代ですね、やっぱり。
(バローズはもっと古いか)

事件は相変わらず非道なものが多い・・・
拳銃、鉈、包丁、クルマ・・
子供殺しは相変わらず多いし・・・ほんとうにどうなって行くんだ、この世の中。

高校の履修問題、ワシもです。
体育など保健の座学などしたことない!
週2時間の体育は1年間ラグビーと武道(柔道か剣道の選択)!


Posted by ラ・マンチャの男 at 2006年10月29日 00:00
そういえば、金曜の夜中、ぼけ〜と地デジを
眺めていたら、2005年のモントルー・ジャスフェスのライブ映像が。

そのなかにあのアイザック・ヘイズ!
いや〜まだ元気だったんですね〜!
ライブでのShaft、良かったですよ。
Posted by ラ・マンチャの男 at 2006年10月29日 00:15
おぉっと、ラ・マンチャさん!オヒサシと思ったけどIE具合悪いですか?
Isaac Hayesですか?『Soulman』のですネ?彼もスーパーマンの一人ですね。見た目も凄いけど、パフォーマンスも凄い。誰かと一緒に演ってたですか?観たかったなぁ…。
Edgar Rice Burroughsは一時期必死で読みました。
地底世界ペルシダー…懐かしい。

Posted by torigen at 2006年10月29日 04:31
生徒は勿論かわいそうやけど、世界史の先生はどんな気持ちなんやろうと思います。学校に行っても教える機会がないって、何も落ち度がないのに「窓際族」にされてしまうようなものでしょう。

僕は理数系が全然できなかったので、英語・国語・世界史の3科目で関西の私大を受験しました。だから世界史は重要科目で、暗記が主とはいえ、一生懸命ベンキョーした記憶があります。

テリー・ギリアムですが「ブラジル」はエンディングの異なる3種類?のバージョンがあるそうで、僕はなんとLD(古い!)で所有しておりますが、他のバージョンも見てみたいです。「バロン」も良かった。「12モンキーズ」は見直さないとわからん。モンティー・パイソンは、いまだに意味のわからんスケッチがあるんですけど、おバカなシリー・ウォークのジョン・クリーズとか女形が冴えるエリック・アイドルが好きです。

人生の意味に悩んでいるアナタ、君、お嬢さん。モンティー・パイソンのThe Meaning of Lifeを観なさい!(笑)人生には元々「意味」なんてないことがわかりまっせ。(笑)
Posted by asianimprov at 2006年10月29日 07:30
ども、asianimprovさん。

ですよネ。それと、歴史教育にしても中学あたりで教えているのはこの国に都合の悪いことは一切教えてないし、歴史に興味を持った学生がそれ以上コアになどと思ってもそんな途は確保されていない。大学院あたりで個人的に追求していかなくては、序章にも立ち入れない状態だと思うのです、私。どれもこれも上辺だけをサラッと済ませてそれで良いってことですかネ?そういった盲目的な人間が増殖したほうが政府にとっては楽でしょうから…わはは。

でも、asianimprovさんが理数系全然できなかった…なんて信じられません(汗)。理路整然とした話かたなど、その途の方か?と思いましたデスよ。
私も最近、友人が持って来てくれたLD堪能しております。
DVDと比べると隔世の感は否めないですが、それでも貴重なソフトがありますものネ。有り難いです。
Posted by torigen at 2006年10月29日 08:01
IEはネットをやっているうちに急にエラーになってしまうんですよ。
MSのサポートHPみてもよーーわからん。
一応、オンラインでのサポートはやってるんですが・・・(TT)

Isaac Hayesはピン?で出ていました。
といってもバンド率いていましたので厳密には違うけど。

あの怪異な容貌と声で映画にもでていましたね。
私の気に入りの『ニューヨーク1997(Escape from New York)』ですが。

彼の2枚組みLPを持ってます。
輸入盤のため歌詞がなく、意味わかりませんが、十分アヤシイ雰囲気を醸し出してます(^_^;)
Posted by ラ・マンチャの男 at 2006年10月29日 09:53
いやぁ、Isaac Hayesは充分怪異で才能に溢れている人だと思いますデス。映画での露出も半端じゃないですから…。
万民に受け入れられてはいないけれど、知る人ぞ知ると言うか。

IEの方は履歴とかなんだとかファイルがたくさん溜まってくるとそういうエラーが頻発することもあるようです。一番簡単なのはIE関連のファイル全てを完全削除してもう一度IEの最新版をインストールですが、これもめんどっちぃものネ。IE専用のクリーン・アプリケーションなんぞは無いものなのでしょうかネ?ほんと。
Posted by torigen at 2006年10月29日 15:45
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/26090792

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。