2006年10月30日

ASSASSIN vs NIKITA

assassin.jpgnikita.jpg
 
 
 
撮影: Michael W. Watkins
音楽: Hans Zimmer
 
Bridget Fonda.Gabriel Byrne,Dermot Mulroney,Anne Bancroft,Harvey Keitel,Miguel Ferrer
 
 
麻薬漬けの仲間たちと薬ほしさに薬局を襲い、成り行きで駆けつけた警官を射殺してしまったマギー。死刑判決を受けるが政府の秘密組織で働くなら命だけは救うというオファーが‥。
荒んだ生活を続けてきたマギーにとっては何もかもが新しい人生となる筈だったのだが‥。
『NIKITA / Luc Besson』 1990の完全なリメイクだが、Anne ParillaudとBridget Fondaの熱演を見比べてみるのも面白い。
posted by tori's 108 at 19:27| Comment(16) | TrackBack(0) | movie | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
どっちも好きだけど、どちらかと言えば「二キータ」かな。
監督も好きだしジャン・レノも密かに出てるしね。

今日、WOWOWでやってたから録画してたつもりがBS2が入っててショック!
TVをBS固定にしなきゃ駄目なのよねー、家のHD録画は。
昨日、「つま恋2006」撮っててそのまんまBS2。
あーん!ぐやじーぃ!
Posted by ヨッシー at 2006年10月30日 19:44
私もニキータの方が好きです。こっちの方が出だしが強烈でもの悲しい。

あの〜、我が家はいまだにBSもCSも映るようにしていませんの。おっほっほっほ。
Posted by J・AGE at 2006年10月30日 19:55
これはもう!二キータでしょ。絶対に!
オネエチャン自体は好みかなぁ。
ちなみにべッソンのタクシーのりメイクは、次男のお気に入り。
Posted by 泥水飲込 at 2006年10月30日 20:44
これは両方とも見逃してますね・・・・

はよ見たい。
Posted by ラ・マンチャの男 at 2006年10月30日 23:40
私は一応録画しました。
先日レンタルしたものが、痛んでいたのではやくWOWOWで放映されないかなぁと思っていて…。
女優の好みでいくと私的にはASSASSINのBridget。NIKITAのAnneの方は野性的?過ぎて…。ま、お二人共にモデル並みに細い身体で体当たりの演技には脱帽。
Posted by torigen at 2006年10月31日 04:17
あ〜オネイチャンは私も。
Posted by 泥水飲込 at 2006年10月31日 05:04
ところで、二キータにも出てたジャンレノだけど、お好きな人には堪らんみたいね。
最後の戦い??(女を取り合うSF?覚えてないけど)で確か最初に見たのかな。
でも、グランブルー(あれ?グレート・ブルーだっけ)かなぁ。おお!って感じで。
いつの間にか大スターだけど。

先日の地元の鉈に拳銃の事件で、犯人に立ち向かった若者は何かで得た「リボルバーは弾奏を強く握って廻させなければ発射出来ない」って知識のおかげで助かったみたいです。
二キータのように銃器の扱いを仕込まれていると「残念でした、これはシングルアクションなの」パン!なんて感じになったりしてね。あれ、S・Aでも回るんだっけ??
Posted by 泥水飲込 at 2006年10月31日 19:05
撃鉄を起こした後だったら無意味だネ。
ダヴルアクションで引き金を引こうとした場合には有効です、わはは。

『LE GRAND BLEU / 1988』Luc Besson
Rosanna Arquette,Jean-Marc Barr,Jean Reno…ですネ。
最後の戦いは結構古い…『LE DERNIER COMBAT / 1983』Luc Besson 乱暴な男役。

もっと古いっていうか、初出演か…
『LA PASSANTE DU SANS-SOUCI / 1982』Jacques Rouffio
(サン・スーシの女)ってのがありますが、観た事無し。
Posted by torigen at 2006年10月31日 19:41
そっか、ハンマーが起きてたら無意味か。
うちに有ったのは44マグ(sw)とp−38(ルパン)とあとなんだっけな〜どこに行ったのかな〜モデルガン。

今年もあと二月。はぁ〜とため息しか出んなぁ。
長男は体育で失敗したらしくあばらを痛めたようで。それで水泳できるのかい〜シンクロは〜??
Posted by 泥水飲込 at 2006年11月01日 08:47
私は、同じく44マグ(8 1/3inch)とコルト・ガバメント、あげくにはM16E1があります。
ガバメントははじめて買ったのでブローバックの知識がなくいちいち手でスライドをひきます。
M16E1は当時はロケットランチャー標準装備のこちらが流行るといわれて買いましたが、流行りませんでした。ベレッタ(型番忘れた。WWIIの将校護身用)は今は故人となった友人に差し上げたところ、発禁のデリンジャーをくれました。
Posted by J・AGE at work at 2006年11月01日 14:00
私の44マグは6・1/2で。あとは〜あっモーゼルだ。
友人のガンマニアは自衛隊に何人か。
そのうち一名は射撃で有名人らしい。
私はそのうち音楽ばかり聴く子供になってしまったんでぇ。
大体、凄く値段が高くて。陸上のスタートピストルの雷管をほぐして入れて〜リボルバーの弾奏がバックリ割れたな〜パーツ代が(ToT)だった。今考えると指が無くならなくて良かったけど。
Posted by 泥水飲込 at 2006年11月01日 18:05
あれ?モデル・ガンの話になってる?わはは。
私も銃身加工したP38とか、ドコに行ったのか不明。
M16A1も知人に貰って何処かに置いてる筈だけど、わかんない。
カートリッジに全弾セットして一度撃ったことがありますが、そりゃ凄かったです。薬莢がこれまた凄いスピードで排出されて行くのですから(爆)。しかし、こんなので人を撃ってるんだなぁと思うと恐ろしいですネ。
Posted by torigen at 2006年11月01日 18:46
鳥三角名物、脱線。わはは。

腰をひねってしまい、朝から痛い。元々腰痛持ちだからね。

次男がいるからあまり見せたくないので、長男のエアガンも隠してあります。あいつにはバズライトイヤー(トイストーリーね)のスペースガンがあれば良いんです。

ハワイで実弾射撃しましたが、怖かったです。
22口径の小さな奴で、反動も無くて。でもこれでも人を殺せるんだな〜って。
Posted by 泥水飲込 at 2006年11月01日 19:23
工業製品的美しさなどは『人殺しの道具』だといえど、感じたりはします。でも、幼少の頃はかっこいぃ!ってだけ。
どちらかというと、冬山登りの装備とかって過酷な自然と真正面から向き合うための装備なんだっていう充実感っていうか何と言うか、そんなものを感じたりするのと同じ感覚だったんだと思います。が…悲惨な戦争や紛争の現実を知る度、美しさに隠された人間の悪意を感じずには居られませんネ。
でも、一機械もの好きとしてはすげエ〜って思ってましたけど(汗)。なので、そういった方面に興味はありましたデス。
Posted by torigen at 2006年11月01日 19:46
武器でも兵器でも、やはりかっこよさとか美しさはありますね。反対にそれを感じやすい存在だという気もします。
妙かもしれませんが、私は武器の分解が出来たりとかは武道などと同じように一通りやっておくことが男の「身だしなみ」だと思ってモデルガンを買いました。それぞれの型を一種づつ、という感じです。だからといってそれを使おうということではないんです。単にかっこいいと思っただけというのも正直ありますけど!!
でも私が同じような趣味をもった少年達より幸福だったのは、子どもの頃がベトナム戦争真っ盛りで、週刊誌、少年朝日年鑑等にいつも悲惨な姿が掲載されており、武器は恐ろしいモノだという、戦争云々という大きな括りではなく、よりミクロな存在で子供心に思っていたことです。
って、長い割にたいした内容じゃないな〜。
Posted by J・AGE at 2006年11月01日 21:50
ども、Jさん。
男のたしなみですか?わはは。
そりゃ、いきなり異星人に食われたりしたら反撃しなきゃならないしね。なんでも一応のことは出来た方が良いかも。
先の朝鮮戦争など、最新のアサルト・ライフルなんかが凍って使い物にならなくて、中国軍の持ってるエンフィールドに相当やられたみたいですね。素手で触れると手の皮が張り付くくらいの寒さなんて、ベトナムとは正反対の修羅場。
今読んでる本がそういった関係のものなので、これまた何時になるかわからないけれどもpost致しますル。
Posted by torigen at 2006年11月02日 04:23
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。