2007年01月18日

音魂大全

ototama.jpg



『音魂大全』 鈴木 創 著 洋泉社 刊
史上最強の20世紀ミュージック・エンサイクロペディア

blogのリンク先関係各位サイトをサーフィン、検索などをしていて偶然たどった先が鈴木氏のサイトだった。その記事の膨大なことに驚きながらも少しお邪魔させて頂いた。


精魂込めた記事、手持ちの、おそらく膨大であろう音源ひとつ一つの半端でない資料集めを伺わせる内容とジャンルに拘らない“良い音楽”への飽くことのない探究心には脱帽だ。そんなサイトを丸ごと出版してしまったという、これは読まなければ“乱読マシーン”の私としては許されないのだ(汗)。

例えば、「WAR」。

『ベトナム戦争の真っ只中、ベトナムからの米軍の撤退と人種差別の撤廃を目指す人々のデモに揺れるアメリカで、あえて「戦争」という名をバンド名に用いた彼らは、その名に反して平和的で人種融和的なミュージシャンの集合体でした。Why Can't We Be Friends ?』
(206pより抜粋)

ミュージシャンのアルバム紹介やその活動経緯の説明に留まらず、時代背景にまで目を向けた解説は興味深い。
レコードで埋まった棚から小さな息子さんがアルバムを一枚抜き出したのを見た奥様が「一枚ぐらいなくなってもわかんないよね」との一言、そこから整理・収集・統計作業が始まったという理学部物理学科卒、'60年生まれ。人となりも興味深いかも…。
あがた森魚、EW&Fからローラ・ニーロまで呆れる?程の“盛り沢山”なので心して読み進まなければならないのが唯一の欠点(笑)かも知れない。


「ロック世代のポピュラー音楽史」

http://www3.ocn.ne.jp/~zip2000/
posted by tori's 108 at 18:27| Comment(63) | TrackBack(1) | books | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
厚い本なのかな?
私のように好きなジャンルが偏っていたり、好き嫌いが激しいと全世界の流れとかわからないことが沢山で。
大体、ちょっと聴いてみよう〜って、LPが2500円で、そんな生半可な動機じゃ買えなかったし。(言い訳!)
だから、全ジャンル〜とか判る人は尊敬。

でも、元々ハードロック少年だった私がもっとカッコいい音楽は無いか〜と探し始めて。もっと好みの音楽が有るんじゃないか〜?って。
気が付いたら(当然なんだけど)世の中のLP・CDってとんでもない数で。私が聴いた事があるのはその中のほんのわずかなものだけで。
楽器が弾けると、じゃあ自分で演奏してやる!ってなるんでしょうけど。難しいなぁ〜はぁ〜
Posted by 泥水飲込 at 2007年01月18日 18:43
泥さん、早っ!

今、アップしたトコなんだけど…わはは。
いやぁ、この鈴木さんってば私の支離滅裂など足下にも及ばない雑食性(失礼)かも。
で、これを理学系分析・研究の賜物かもですネ。
Posted by torigen at 2007年01月18日 18:52
LPって特別でしたよね〜。レコード屋の棚であのすんごい速度で盤を探す技を身につけたときは嬉しかった〜。あれって土台に足をつっかけて軸にするといいですよね。今は亡きレコード屋のおじさんに教わりました。

それをでっかい袋に入れて、その袋もこだわりの店か海賊盤屋とかのだとそこでおしゃれ。

家に帰って、サー聴くぞ、と準備して聴いたりなんかして。

整理しがいがあるでしょうね〜。
LPの方が持っていることを忘れない気がします。
Posted by J・AGE at 2007年01月18日 20:11
整理しがいがあるって範疇超えてますネ。
本の分厚さからして5cmはあるんじゃないのか?っていう、しかも活字が小さい(汗)。
ホントに好きから始まったのでしょうが、ココまでイクと凄いです。
社会を見つめる目も確かな人なので、読み応えは有るですヨ。
って言いながら、まだほんの少し読んだだけですけどネ、わはは。そのうちご本人もおいで下さるのではないでしょうか?→ホントカ?わはは。
Posted by torigen at 2007年01月18日 21:13
60年生まれとの事でほぼ同い年。
小樽のベネトン?5年位まえに行ったような〜気がする。(寒くて、子供にオルゴールを買ったのと、お寿司を食べたのしか覚えていない。耐え切れずに股引を買って、、)
整理整頓とは私の最も不得意な、、学者さんですよね、本当に。物理?E=MCの二乗だな、わはは。

実は。社会情勢や思想って音楽に関係していると思っていました、思春期の頃。いや、学生の頃までか?でも最近逆にそれほど密接ではないのではないかと。J・ペイジに裏切られたので(?)余計にそう思うんですけど。(意味不明ですね、J・ペイジの件は忘れてください)
そういうのも含めて読んでみないといけないのかな?こういう本を。
Posted by  泥水飲込 at 2007年01月18日 22:52
 さっそくですが、話題の「音魂大全」の作者です。おじゃまいたします。
 最近20世紀前半について調べだしたので、また新しいこと(雑学)を勉強する日々です。(「音魂大全」には20世紀後半の記事が載っています)そのおかげで、新しい発見があるたびにワクワクしています。学生時代にいやいやながら勉強していたことが不思議なくらいです。
 勉強って、楽しいものなんですよね。本当は。
 そうそう、もちろんリンクオーケーですよ。それを言いにきたんでした。今後とも、よろしくお願いいたします。
Posted by 話題の作者(音魂大全) at 2007年01月18日 23:10
ご本人様の登場!ありがとうございます!!Toriサンは仕事が早朝からなので、今頃はオヤスミ中ですので先にお礼申し上げます。
ワタシは今まで30分ぐらいサイトを拝見させて頂いておりました。そしてもう一度Toriサンところへ行くとま、まさかご本人の登場とは!
感激しております!!!!!
Posted by ぶうみん at 2007年01月19日 00:07
音魂大全、すごっ!
ただただ唖然とするばかり。
英雄列伝を覗いてみただけですけど、ワシらがクルセイダーズのコトが書いてないのが、悲しいような、でもちょっとうれしいような複雑なキモチです。
Posted by 半斤八両 at 2007年01月19日 00:34
話題の作者さん、
私もさっそく拝見していました。今書かれているだけでも、すべて見せて頂くには、まだまだかかりそうです。楽しみが又ひとつ増えました。ありがとうございます!
Posted by chi-B at 2007年01月19日 00:35
話題の作者さん、どうも。

仕事のお忙しい中、よくぞここまでと…わはは。
私は読む、聴く、見るだけで精一杯ってトコです。

>学生時代にいやいやながら…

ホントです。しかし、知的好奇心のアンテナはいつもビンビンに張ってなければイカンですよネ。
今後ともヨロシクお願い致します。
Posted by torigen at 2007年01月19日 03:48
Jさん、そうそう。

LPに針を落とすまでの一連の所作には何やら神聖なモノを感じることがあります。坐禅を組んで雑念を払ってから集中を高め…みたいな。
なので、盤面を指で掴む人の気が知れない私なのであった(爆)。

泥さん。

まだまだ世の中にはツワモノが生息しておられます。今回新たにリンクさせて頂いたサイトさんも、既にリンクしているツワモノに負けず劣らず?の凄い人たちです、わはは。
あっ、順不動っていうか順番に他意はございませんのでヨロシクです(汗)。
Posted by torigen at 2007年01月19日 03:58
半斥さん。

レコードの収蔵量、参考文献など情報収集、整理分別、研究、執筆…となにしろ膨大です、わはは。
しかし、ここにおいでの皆さんの中では半斥さんが一番対抗?わはは、出来る人材かと…(笑)。

chi-Bさん、ども。

ミュージシャンの目から見ても凄いっしょ?
で、その膨大な音源や人材を誰一人としてなおざりにしない姿勢には脱帽。東京出張から帰宅されたばかりなんですが、またもやジャンルに拘らず多くの音源と本を仕入れてお帰りらしい…わはは。思わず笑って(失礼)しまうほど、研究熱心です。
Posted by torigen at 2007年01月19日 04:07
ご本人・話題の作者さま、こんにちは。
私もサイトにお邪魔致しましたが〜とてもじゃないですけど短い時間では〜

これからも宜しくお願いいたします。

背中にホカロンを貼るのを覚えてしまったら〜剥がせなくなってしまいました。
Posted by 泥水飲込 at 2007年01月19日 08:48
泥さん、何しろ圧倒的な“量”なのでモニタで全てに目を通すってのは非常にキツいかもね。
ま、じっくり訪問してあげてくだされ。
Posted by torigen at 2007年01月19日 13:00
あっ、ぶうみん氏へのレス忘れてたれす。

フォローありがとう、わはは。
この本などぶうみん氏お気に入りになるかもヨ?
なにせ龍さんち「闘魂ジャズクルセィダーズ大全」を全ページ印刷しちゃう貴方には、この大全はうってつけかも…。
Posted by torigen at 2007年01月19日 13:04
そうかぁ、全ページ・プリントアウトって手があるか〜なんて。インクがすぐに無くなるわな。

ホカロン暖かいなぁ〜明日は新年会があるんだけど、面倒だ〜

Jさん、一時見失ったデンジャー・デンジャーの2nd、再発見で購入いたしました。まだ聞いてないけど。暴れてる?んだよね、アンディ。
Posted by 泥水飲込 at 2007年01月19日 18:05
泥さん。

面倒だとか言っちゃって飲み出したら、また違うでしょ?
私も今日、取引先の新年会の筈だったですが、急遽中止に…。行くなら新年会を早々に切り上げて、祇園のBarで少し一杯と思ってたですけど…またの機会ってことに、わはは。
Posted by t at 2007年01月19日 19:37
↑あ、tで終わってる。

なんかここのメンバーがすごくなっていく気がする。
今日、届いているはずのamazon、まだ発送もされていない(涙)。週末の楽しみだったのに〜。

泥水飲込さん、は!、暴れているであります。とはいえ、当時の流行の兄さん達とは一線を画しております。今月のYGは彼のDVDがおまけです。
でもあれだけあらい弾き方は時代だったかな〜っと。
J・ペイジに裏切られましたか〜。うーむ。
Posted by J・AGE at 2007年01月19日 21:25
いや〜仕事柄(今は常識)飲酒運転は出来ないので帰ることを意識していると楽しくないんだよね〜オネエチャンいないしさ。(私はスイミングの美少女に操を立てているんで、関係ないのですけど、わはは)

Jさん、取り合えず運転しながら10曲聴きました。「ボンジョビに最終トラックでS・ヴァイが呼ばれて弾いた」感じかな〜なんて予想してたんですが。以外に溶け込んで、なおかつ、主張しているところはちょっとイッちゃう?感じですかね?9曲目は「おお〜!」って。

J・ペイジに〜の件は。私はロッキン・オンの読者でしたから、渋谷陽一氏にJ・ペイジは凄い、インテリで、黒魔術で、、、と洗脳されてましたから。アウトライダーもファームもカバペジもみんな聴いて、、、ペープラまで来て。
でも例のDVDと3枚組ライブではっきり判りました。(何がわかったかは〜想像におまかせ、、、)

某所からCD−Rが届き、ブックオフで2枚買い、図書館で2枚借り、新しい音源がすでに40枚を増えている一月。(新譜は一枚も無いところがボンビーの証明で)そろそろ嫁が気がつく頃であるな〜わはは。

Posted by  泥水飲込 at 2007年01月19日 23:16
本日、午前中は映画鑑賞の為新京極辺りまで外出しておりますので、お二人さん留守をお願いいたします、わはは。
Posted by torigen at 2007年01月20日 04:41
え〜留守番〜??
映画鑑賞?ええなぁ〜私は仕事ですよぉ〜事務所でも留守番してるけど。わはは。

長男は社会科がなぜか大好き。地名も年号も苦にならずに頭に入力できるようで。私と全然違う。
私は暗記物が苦手で。もうすぐ資格試験があるのに〜〜(TOT)

お袋が倒れて早一年。ようやく老健から退所の話になって。今後の方針の打ち合わせに朝一番で行きました。
本当は親父と二人で悠々自適の老後を送ってもらいたかった。二人とも病気とは縁の無いはずだったのに。

私達の好きなミュージシャンも高齢化が進んでいて、、、老人施設にいるミック・ジャガーなんて想像できないけど。

自分を見ると、目が駄目。頭の回転はかなり落ちている。身体も重くなるばかり。しかし、老化を恐れない。見苦しいですよね、何時までも若いつもりでいる勘違いの人たち。
アンチ・エイジング出来るところはやろう!そして人間的には大人になろう!と、施設からの帰り道に思いました。
Posted by 泥水飲込 at 2007年01月20日 11:01
うわ〜凄い!(HP覗いてきました)
分野が幅広いなあ〜。
かく言う私も多分に雑食性ですが奥行きが違いすぎる・・・

話題の作者さんまで登場してるし(^^♪

ここは兵が多いですねえ・・・

ところでJ・AGEさん、その後お加減如何ですか?
Posted by ラ・マンチャの男 at 2007年01月20日 12:34
う〜ん、うどん旨かった〜。(お昼に食べた)

不二家の話。
下痢をさせた、とかの話は論外として。
賞味期限、ってものを真剣に考える必要があるのではないかと。安全性は最優先であることを第一に置いて。

地元の有名なパン屋さんの話。
「パンの缶詰」で非常用備蓄食料として全国の自治体などに納入しているパン屋さんです。
缶詰ではあるけれど賞味期限はある。賞味期限を過ぎたらただのゴミになることに社長さんは心を痛めていました。「もったいない!」「エコ的にも、食糧難に悩む地域があるのに〜」と。
そして。あるシステムを考案したのです。
下取りシステム。期限切れの一年前に再購買を条件に、下取りをする。そして、それを海外援助などに廻す、と。

これについても異論はあるかと思いますが、それでも単純にゴミ!より絶対よいと。何か考えないと、、、。
今日、酒のつまみに食べる缶詰が、昨日生産されたものでなければいけない事はない。安全である事は絶対条件として。後は値段に合った旨さがあれば文句は言うまい。(モノによっては少し日がたっていたほうがおいしかったりするし)
Posted by 泥水飲込 at 2007年01月20日 13:04
留守番二号です。

泥水飲込さん、DDご拝聴有り難うございます。
何に付けてもAndyは真面目な人間というのが出ているかと思います!!J・ペイジの件、わかりました。もしかして途中でDeath Wish IIのサントラも買っちゃったりしましたか??
私も憶えるのだめです。憶えても思い出せない(爆)。

今日は午前中に雪がパラつきました。周囲はものすごい風邪をひいている人ばかりです。
torigenさん、この時期の映画館でウィルスの巣窟ですよって、行っちゃったか。

ラ・マンチャの男さん、お蔭さまで何かいい感じになってきました。医師曰く「痩せどまり」(爆)。ダブルチェックということで先日から大学病院に行っています。念のためですね。
Posted by J・AGE at 2007年01月20日 13:21
私は坦々麺食べてきました(笑)

確かに不二家の件は会社としては戴けない。
(倉庫係りの三秒ルールとか!)
しかし、そもそも消費期限・賞味期限とはなんぞや?
食の安全性は仰るとおり大切ですが、誰もが十分な理解をしていない基準で食品を無駄にしてしまってはないだろうか?という点は気になりますね。
コ○ビニの弁当しかり(これ、オーナーさんのショップと直営店では微妙なさがあるとかないとか)ファーストフードのハンバーガーとか(最近は作り置きしないで注文でレジ打ってるそばから調理しているらしいですね。オーダー変えたらどうすんだろう??)

子供の頃、お袋の買い物についていったときのことを考えてみると、魚屋さんで売ってる魚は新聞紙でつくった袋に入れてくれ、買い物籠に。賞味期限なぞ書いてなかったよな!わははは。
ウチのお袋のセンサー(鼻)は高機能で、冷蔵庫に残っていた食品を一嗅ぎで大丈夫、駄目、と即判定したなあ・・・(当たり前か!)

泥水飲込さんの地元のパンやさんの話、結構なことじゃないですか。「食えるもの」を送ってるんだし。ただ廃棄するよりは絶対いい!

ウチの町内会では防災の日近くにイベントやって、そのときに賞味期限切れ直前の乾パンやらアルファ米などの試食会をしてますよ。

缶詰は、蒲焼やら味噌煮系は1〜2年経ったものが味がしみて美味いとか?これって都市伝説かな?

J・AGEさん、良かったですね。
私は太りどまりしてますが(大汗)
風邪は気をつけてくださいね。

鼻かぜひいている会社の仲間が、子供が受験のため、熱が出たら家に入れてもらえんと嘆いておりました。

皆さんもそうですが、受験生もきをつけよう!
Posted by ラ・マンチャの男 at 2007年01月20日 13:44
あ、お留守だ。留守番ごくろうさまです。
寒いですねー今日も。torigenさんは何の映画を観にいったんでしょうね。まさか愛のどうのこうの、ではないと思うので、それでもボクはどうのこうの…いやいや〜…アッ「Ruffn’ Tuff〈ラフン・タフ〉/永遠のリディムの創造者たち」これじゃないかな???だとイイな〜観てみたいもんな〜と推理しつつ、私も行って参ります!泥さん、Jさん(痩せどまり、エエじゃないですか!嬉しいです)、ラ・マンチャの男さん、またね〜♪
Posted by chi-B at 2007年01月20日 13:49
留守番1号?です。

J・ペイジは〜ロイ・ハーパーとの共作やそのブロンソンのサントラ、アームズコンサート(三大ギタリスト夢の共演!)ライブ・エイド、アトランティック記念コンサート、などなど。

話題の作者さま、拝見するのに時間がかかっています。つい、映画などの方に目が行ってしまって。

Jさん、病院もウィルスの巣窟。気をつけてね。

Posted by 泥水飲込 at 2007年01月20日 13:59
やっぱりハズレやと思う。。。昨日までやし。爆
さてと、今度こそ本当に行ってきますm(_ _)m
Posted by chi-B at 2007年01月20日 14:09
泥さん、Jさん、ラ・マンチャさんにchi-Bさんまでお留守番ご苦労さんでした、わはは。

今帰還いたしました。

映画は『007 CASINO ROYALE.』でした。
『Marie Antoinette』と『Letters from Iwo Jima』か迷ったですが、007が最終日だったので…。
アクションに限っていえばDaniel Craigは良いと思ったですが、Sean Conneryの持つ貴族的なというか独特のダンディズムには欠けるかも。
少し中だるみしてしまうストーリも少し残念。
ま、次作がホントの勝負って処でしょうか?
帰り道、祇園花見小路から宮川町歌舞練場辺りをブラブラと五条まで歩いてきました。途中、にしん蕎麦を食べてビールを一杯、気付けに飲って…わはは。芸妓に舞妓たちがポツポツと町家筋を歩いていて良い雰囲気の昼下がりでした。
Posted by torigen at 2007年01月20日 16:36
あらら、ご機嫌ですね、鳥兄。

私、映画館で007は一度しか見ていません。しかも覚えていないし。中国の友人は「迷った時は007と決めている」と言ってました。

携帯、インターネット、が普及してお話を作るのが難しいでしょうね〜。
Posted by 泥水飲込 at 2007年01月20日 16:46
いやぁ、それ(携帯、ネット)を使い倒してましたヨ。元祖ボンド・カーAston Martin DB5 ('63~65年)もしっかり登場したし、最新のAston DBSをひっくり返すし…。
『007 Gold Finger』で使用されたAston Martin DB5はオークションで2億1900万円の値が付いたらしいですヨ。
Posted by torigen at 2007年01月20日 17:01
アストン〜うぉ〜!!って感じ。
多分、あれを憧れの車にしている中高年は多いでしょう。

すでに携帯・ネットなどのITを駆使した話は多いですが、めまぐるしい感じしませんか?それに映画自体がすぐに古く感じられるんじゃないかな?数年で「そんな機種使わねえよ〜」なんてね。
あるミステリ作家は少し時代を前に設定しないと書けない!って話していましたっけ。

しかし2億2900万〜!!(クラプトンのブラッキーはいくらだっけ??)
Posted by 泥水飲込 at 2007年01月20日 17:20
2億1900万だヨ、泥さん。

映画自体はもひとつだったけれど…わはは。
Posted by t at 2007年01月20日 18:00
何かものすごーい「青っ洟」が出るんですけど。
栄養状態悪い?やはり病院に通い過ぎましたね。

お帰りなさい。
あれ、私はカジノロワイヤル結構気に入っちゃってましたけど(爆)

日本の食品衛生基準はかなり厳しく、企業のコンプライアンスは更に厳しいのでそれこそ食べ物を無駄にしやすく出来ていますよね。とある優良食品企業から聴きましたが、売る方も相当神経質で賞味期限のプリントが軽くぶれただけで全品回収だそうです。

そもそも食べ物はだいたい食べられる、もったいない、という日本人の気持ちと、こうした度を過ぎた管理のために消費者というより内向きになった姿勢、などなど変な歪みが見事にあらわれた事件なのかな〜とも思います。

泥水飲込さん、やはりレモンドロップのLPが欲しいですか?
Posted by J・AGE at 2007年01月20日 18:56
Jさん、鼻汁に色が付いてる場合はインフル或は風邪と思ったほうが良いかもですヨ。
色付きの女でいてくれよ…なんて歌詞があったような気もしますが、鼻はまた違った意味で気をつけないとネ。アレルギーなどが浅くも深くも関係しますので、簡単に判断できないけれど…わはは。
私は今日、映画行くまえに耳鼻科系の風邪薬を先攻投与、なのでセーフです(爆)。
たぶん、Q-Papaさんが読んだら怒られるでしょうけど…わはは。
Posted by torigen at 2007年01月20日 20:45
ブルードロップ(青っ鼻)!私が欲しいのはレモンドロップ!もしくはハニーバースト!ティーバースト!(多分Jさん以外意味不明)

あっtさん、2900じゃなくて1900でした〜(tさんって誰?わはは)
で、ブラッキーもその位じゃなかったかな?もとは中古の3〜5万のはずなのにね。

酔っ払いにつきこれ以上の書き込みを禁止。わはは。

Posted by  泥水飲込 at 2007年01月20日 23:51
tことtorigenです、わはは。

ま、心地よく酔いが廻るってのは幸せってことですよネ。いいじゃん!わはは。
Posted by torigen at 2007年01月21日 03:44
色だけで言うと、むかしYAMAHAのコピーであったタバコサンバーストが何だかかっこよかった。

青っ洟は耳鼻科で診てもらったところ、風邪による「急性副鼻腔炎」だそうです。突然蓄膿症ということでしょうか。

今日は随分と楽になりました。
眉間の辺りがそう言えばかなり痛かったです。
Posted by J・AGE at 2007年01月21日 10:00
Jさん、そうですか?
それ系の疾患に私もやられる事あります。
調度蓄膿症のように鼻腔奥に溜まってしまうと、鼻を擤むくらいでは出て行ってくれないので辛いですよネ。いくらでも生産されるし…わはは。
私の場合慎ましやかな性格が反映して、鼻腔自体も細くて慎ましやからしいので?余計辛いことに。
Posted by torigen at 2007年01月21日 11:05
♪torigenさん&皆様、こんにちわ〜

青汁ならぬ、鼻汁の話題になっていたのですね〜(笑)
私も風邪を引いたとき等に「ムコダイン」という薬を処方してもらいます。とっても甘い、桃のラムネのような味です。とてもすっきりします。

今日は仕事がOffなので、ジュンク堂でご紹介いただいた本を購入したくもうすぐでかけます〜
♪torigenさん、教えてくれてありがとうです!

サイトにもお邪魔しました!もう...I'm speechless... ゆっくりと楽みに訪れます!

ここの皆様のfriendshipは本当に素晴らしいです^^とても居心地がいいし、コメントに思いやりがあります。

自分の店(サイト)持ってる方って、Guestにはいつもやさしく接してくれるけど、自分の辛いこととか、悲しいことって、なかなか出せないと思うけど、こちらではその心配はなさそうですね^^

♪torigenさん、♪泥様、♪J様
お酒はほどほどにね〜^^/”

Posted by Kim at 2007年01月21日 11:30
Kimさん、私は呑んでないってばよ〜!!
ムコダインはいいですよね。あれは痰だとか鼻水だとか詰まったものを排出させるんですよね。
もう亡くなってしまったのですが以前にお世話になった耳鼻科の先生が、耳管カタルとか耳づまり系にも利用されてものすごい効果を出されていました。でもこの使い方って一般的ではないらしいです。

torigenさん、目玉が出そうなくらい力をいれないと出ないですよね。そういうときは垂れるまで出すなって言われました。

ほんとにここは楽しいです。
私の病院(くどいって!)。
いや、お金払わないから施薬院にしとこ。
Posted by J・AGE at 2007年01月21日 12:35
いらっしゃい、Kimちん!

誰よりも早く出社して、帰りは一番最後の仕事がoffですか?良かった、offがあって…わはは。
私も昨日映画を観た帰りにTower Recordにでも寄ろうと、そのビルまで行ったのですが出会い頭のジャケ買いをやらかしそうで…結局寄らずに帰ってきました。ぶうみん氏などがアレヤコレヤと音源を持ち込んでくれているのと『音魂大全』を読まなくてはイケないので、新たな音源はまたの機会にって事で…(汗)。

しかし、映画「小説家を見つけたら」が以外に良かったのでwowowで今見入ってました(汗)。
ネット上だけでもたくさんユニークな人たちがおられて面白いですネ。最近リンクさせて頂いた「ロック世代のポピュラー音楽史」の鈴木さん、「音楽の杜」の240_8さん、「音楽なしは、人生なし」のSkenさん、「ラジオと映画とちょっとジャジーな日々」のこまいぬ1606さんなどなど音楽に非常に精通されていて、しかもそれだけじゃない。面白いですネ。
大事にしたい生活の一部です、わはは。
Posted by torigen at 2007年01月21日 13:54
おっと、Jさん入れ違いでした。

目玉が出そうなくらい…はヤバい。なので吸引が一番スッキリするかも…、などと言いながらホントに酷くなるまで病院に行かないですけど(爆)。
Posted by torigen at 2007年01月21日 14:04
はぁ〜い。結局飲みすぎて〜と、いつもの話で。

秋頃は花粉による?鼻炎でたらたら垂れている私ですが、現在は平気で。スギ花粉はOKの様だし。

KIMさん、ここの人たちは何でか面白く、優しい人が集まるのが不思議に思っていますよ、私も。(私はただの変なオヤジですけどね)

Jさん、赤がとんだバーストは何ともいえませんね〜ポリコーティングの赤は30年経っても退色しませんが。

SFマガジンの創刊号〜3号までが復刻ハードカバー化された本を古本屋で見つけて。59年12月の発行であることにビックリ。おもろい〜。表紙もなかなかいい感じ〜。
Posted by  泥水飲込 at 2007年01月21日 17:08
私は高校生の頃にSFマガジンを読んでいました。平井和正・半村良・筒井康隆・星新一・かんべむさしなどがラインアップだったような気がします。友人で「ヨコジュン」が好きだ!っていう影響で無理やりに読まされた記憶があります。あと、京都の寺町の古本屋でSFマガジンの古いのを買っていました。そこの店主は私がSFマガジンを3冊買おうとすると「5冊で3冊の値段でいいよ」といつも値引きしてくれていました。おかげで高校の時のカバンはいつもSFマガジンが3冊は入っていたので重かったデス。
Posted by ぶうみん at 2007年01月21日 17:54
創刊号は〜クラーク・デイック・アシモフ・ブラッドペリなど。オールスターですね。

以前、龍マスターの喫茶店時代?で「ギーガーの画集を持っている」とカキコしたら私も、私も〜という声ばかりで。驚いたことがありましたが、ここも同じなんでしょうか?

また、話が変わったような気がする、、、、
Posted by  泥水飲込 at 2007年01月21日 18:24
ええええ、Toriさん『小説家を見つけたら』初めて観たのですかあああ〜。 私は先ずシアターで観て、その後もスカパー等で何度も観てもう今では台詞を言えるほどです(爆)。私のお気に入りの映画の一つです。良いですよね〜BMWのシーンはいつも笑っちゃいます。私も今朝観ました、実はToriさんご覧になっているのではと推測しておりました。(笑)
あ、そうそうSteveさんブタペストに到着です。今夜アルマッケイのステージがあるもようです。
Posted by Andy at 2007年01月21日 19:32
SFマガジンかぁ?あったなぁそんなの。
しかし、読んだことない。かんべさんはラジオ大阪でパーソナリティやったりしてたけどしゃべりはヘタクソだった(汗)。

あれっAndyさん居たの?わはは。
「小説家を見つけたら」は観てなかったです(汗)。Sean Conneryの映画は欠かさず観ることにしているつもりなんですが、抜けてたようです(汗)。

しかし、そのAL McKAY All Stars & Steve Baxter観たい!!ヨーロッバならそんなに大きすぎる会場で無い場合も多いし余計に良いです!
Al Mckayのカッティングの切れは凄いし、彼が居るとバンド全体が締ってくる。とてもエキサイティングです。その中でのSteve Baxterのtbがどんな絡みを魅せるのか!わはは。
少なくともヴィデオ・サイトくらいにはアップされるでしょうネ。期待してます、Andyさん。
Posted by torigen at 2007年01月21日 20:09
あううう。。AL McKAY All Stars & Steve Baxter観たい2!!

torigenさん♪皆さん♪、こんばんわ!
明日も早い故、いまから寝ますが。。
この前聞いたインタビューでもDJがALに”You always laugh on the stage?”と言ってたけど、本当に昔っから彼はニコニコしながら何人分もの仕事を果たすすごい人なんですよね!そして、それは今も健在なのですよね〜〜 そうです、一言でいえばtightなんです! (Mauriceのドラムもtight!)

皆様乱入失礼しました!
Posted by Kim at 2007年01月21日 22:52
AL McKAY All Stars & Steve Baxter私も観たいです〜う。2002年のフジJazzを見逃しているのが残念です。フジJazzのCDはあるけれどもDVDないしなあ〜。今度のヨーロッパツアーのDVD出ると嬉しいですが・・・。

ところで邦題「ダイヤモンドインパラダイス」という映画を観ました。日曜日の夜に観るにはとっても良い笑える映画でした。お薦め!
Posted by Andy at 2007年01月21日 22:55
うーー、風呂でうたた寝しちまった・・・

>SFマガジンの創刊号〜3号までが復刻ハードカバー化された本を古本屋で見つけて・・

泥水飲込さん、ワシも持ってる!確かミステリマガジンのもあるよ!


>私は高校生の頃にSFマガジンを読んでいました。

ぶうみんさん、ワシも!

>平井和正・半村良・筒井康隆・星新一・かんべむさしなどがラインアップだったような気がします。

毎年2月号が日本人作家特集だったですよね。
私は半村さんが一番好きでした。
あと、広瀬正さん、星さん、筒井さん・・・
高斎さん、山野さん、豊田さん、小松さん、田中光二さんなんかも懐かしいですね。

>友人で「ヨコジュン」が好きだ!っていう影響で無理やりに読まされた記憶があります。

ヨコジュンは古典の研究のして、それが高じて明治期の中止された早慶戦に関する本も書いてます。好きこそ物の上手なれ、だとうらやましく思ったものでした。
Posted by ラ・マンチャの男 at 2007年01月22日 02:33
Jさん、気をつけてね。

ワシ、独身時代、ひどい風邪ひいて、もう脳みそが溶け出したんじゃないかといくらいのヘンな色と多量の鼻水が出たことが・・・

仕事が忙しくて医者いかなかったら、かなり長い間蓄膿みたいで、それ以来、明らかに嗅覚が落ちて今に至ってます。(気のせいかもしれないけど)

ん?本当に脳が解けたんじゃないかって!!??
Posted by ラ・マンチャの男 at 2007年01月22日 02:38
ありゃ、ラ・マンチャさん。

SF物で来てしまったのネ?わはは。
そっか、皆さん日本人SF作家ものって読んでるんだなぁ?私はあんまり入り込まなかったです(汗)。
ま、一通りはホレ、乱読の帝王?ですから(爆)。
Posted by torigen at 2007年01月22日 13:32
おっと、Kimちん&Andyちんが来てくれてるのを見落としてました(汗)。あっいつの間にかGパパ・サイトの呼称になってしまった…。

そうですよネ、彼は凄いです!Kimちん。

「AFTER THE SUNSET」Pierce Brosnanの映画ですネ?これも観てないですAndyさん。
最近、映画を以前と比較して観てないのかも…。
Posted by torigen at 2007年01月22日 13:43
ラ・マンチャさん「ヨコジュン」に反応して頂いてありがとうございます。
初期の「ハチャハチャSF」で「脱線!たいむましん奇譚」はおもしろかったのを思い出しました。
Posted by ぶうみん at 2007年01月22日 14:42
ほいで、ぶうみん氏。

うかっとしてたら、LD→DVD化計画は何処いったんじゃい…。あの変なっていうか、変死した女優さんだったけのアレ。名前忘れた(爆)。
Posted by torigen at 2007年01月22日 17:01
いやぁ〜。Toriサンが忙しそうなので今度伺ったときにオネガイしようと思っていたんですわぁ。
「好き!スキ魔女先生」「小椋佳」「アリス」あたりをLDからDVDにしてもらいたいです。
「結線」は手伝いますヨ(笑)
Posted by ぶうみん at 2007年01月22日 17:59
っていうか、ぶうみん氏。
ちみの場合、コメントするのは専門から言っても「ギター侍」のほうだったりして…(汗)。
Posted by torigen at 2007年01月22日 18:24
いやあ〜月曜に出勤って久々。
疲れますね〜。

私は風邪をひいたらアルコールかと思い、若い頃に思い切りウォッカを飲んで、翌朝からもっとひどい風邪になったことがあります。あ、そういえば指のささくれがひどかったので消毒とかいってアーリータイムスに突っ込んだらひょう創になったことあります。

そういえばSF小説はほとんど読んだことがなかったです。

マイブームは一巻2枚組で13セットくらいある中国中央電視台製作の「三国志演義」。
話を知っていることを前提して作っているドラマだな〜、という感じです。とりあえず役者さんの化粧が濃いです。
Posted by J・AGE at 2007年01月22日 20:27
それって、Jさん。

元々指に菌がいたのだが、アーリータイムスでは勝てなかったって事ですよネ?
Posted by torigen at 2007年01月22日 20:41
だめですよ、torigenさん、お酒の肩を持っちゃ!呑むアルコールは身体に悪いってこってす!
最近、呑めないので何でも言っちゃう。
Posted by J・AGE at 2007年01月22日 21:20
そうですAFTER THE SUNSETです、もと007に人です(笑)。 何も考えないで笑える娯楽映画です。
あっそうそうThe Departed 観ました。
Posted by Andy at 2007年01月22日 22:37
わはは、Jさん。

という事はWild Turkey辺りなら勝てたか?あっそういう話じゃない?失礼。

http://www.wildturkey.jp/


Andyさん、連続投稿!パチパチパチ!

>何も考えないで笑える…

非常に大事ですネ、そういった映画。私は「9.11…」など観たもんだから何だか複雑な…。
なので「THE MAN WHO KNEW TOO LITTLE」で心の目盛をニュートラルに戻しましたけど、わはは。
Posted by torigen at 2007年01月23日 04:46
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/31646508

この記事へのトラックバック

古典的博学者をネットで発見
Excerpt: かつて、情報を収集することが学問のかなりのウェイトを占めていた時代があった。 インタネットみたいなお気軽なツールがない時代、資料集めが学者の最大の課題のひとつだったのである。さらに言えば、関連する情..
Weblog: ナンジャコラ!
Tracked: 2012-02-18 14:08
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。