2007年01月26日

Wilton Felder

wiltonf.jpg


これで、ホンキだと理解してもらえただろうか?………わはは。
なにせ、やったことのないことってのは始末が悪い。基本的なことが無いってことは、しかし、何か今までに無かったことが出来るってことにもなるよネ…それがクリエイトするってことなんだよナ(ホントか…?)
posted by tori's 108 at 20:46| Comment(60) | TrackBack(1) | goods | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
大丈夫だよ、Toriさん。

永六輔でしょ、これ。
うーん、凄く感じが出てる!
Posted by IKEGAMI at 2007年01月26日 20:55
永っ!そうです!IKEGAMIさんっ!!わはは。
永さんってば、もう少しシャクレてませんでしたっけ?がはは。
ま、ホントに出来上がるかどうかは別にして、取りあえず?ノリってことで…わはは。
しかし、フィギアが何の因果か完成したアカツキには売り出します!(マジかよっ?)
Posted by torigen at 2007年01月26日 21:03
さすがToriさん、カオのこの部分から始めるとはサスガ!
この部分はフツウ、みんな苦手なので、最後に作る人が多いんですよ。
さっきのコメントにも書きましたが用具・用品・塗料などはできるだけ協力しますのでガンバッテ制作をして下さい。
あと、販売も関西圏は担当いたしますので(笑)
Posted by ぶうみん at 2007年01月26日 21:25
ウィルトン師匠は長い顔、ヒョロッとでかい身体で判りますよね〜サックスじゃなくてプレベ(初期型テレべ型)を持たせると「通」ですね。(わかんねえよ、誰も!)

明日、臼庭潤さんなんだけど、、、友達のお父さんのお通夜もある、、、ああ。
Posted by  泥水飲込 at 2007年01月26日 21:33
うわぁ、もうはじめたんですか!
すごいな〜、この麿赤児、じゃないです!
もうこの世界に入ると言うこと何もないな〜。
やはり海洋堂で北斗の拳シリーズ、買ってきましょう。
Posted by J・AGE at 2007年01月26日 21:59
早いのが取り柄かも…。
しかし、いきなり終わる、わはは。
Posted by torigen at 2007年01月26日 22:27
恥ずかしながら、よく知らなかったので検索して本人さんの画像をいろいろと見てきました!私が見たのと比べると、可愛い感じになってるようですが、面影はバッチリあります。たのしみですねー。完成まで頑張ってくださいね。どんなんになるんやろ〜。
Posted by chi-B at 2007年01月27日 00:54
chi-Bさん、わはは。

神のみぞ知るだぁぁあああ!
一応、公のblogで言っちゃったので、頑張るけれど。どうなるか?なんて知ったもんじゃないってぇ〜の!がはは。
しかし、造形ってのは頭で描くよりずぅ〜っとシビアなのであった…。よくも軽ケーに『造る』なんて言ったものだぁ!誰?言ったのはっ!?
はい、私でした…とホホ。

chi-Bさん、googleイメージ検索したのかい?
一応、Wilton Felderくらいになると出るだろ?
torigenでは出ないあるヨ(汗)。
Posted by torigen at 2007年01月27日 04:54
鳥兄のことだから、すぐに形にならないとイライラしちゃうんじゃないの?わはは。すぐにやり始めるところが凄いよね。(友人はOO始めてみようかな〜と云っても絶対始めません)

Posted by 泥水飲込 at 2007年01月27日 09:32
今、起きた…(爆)。

Australian Open女子、Serena WilliamsがMaria Sharapovaに6-1,6-2で圧勝だった(汗)。
怪我とかいろんなトラブルがあって、80位台に低迷してたSerenaだが、今日は圧倒!わはは。
昔から思ってるけれど、アフロ系の筋肉の柔らかさと瞬発力はどんな人種も太刀打ちできないだろう。

現代のRod Laverはまだ、現れないけれど…。
Posted by torigen at 2007年01月27日 13:01
また胃に穴を開けちゃった!こういうものを造るのはうまい私。でも大丈夫!薬もってまーす。
きちんと大好きな「天ざる」食べて薬呑みました。
そして私の癒し、上海系シンガーaminのデビューCDを購入、これで万事よし!

さぁ、ギターを弾こう!
Posted by J・AGE at 2007年01月27日 13:04
Jさん、大丈夫なの?天ざる?油は平気なの?

テニスかぁ、フォトジェニックな選手が好きだな。シャラポア、カッコいいもん。

お袋の施設からの退所手続きをしてきて。
これからどうなるかな?心配。しっかりしてくれよ!おやじ。

長男は英検だとかで出かけて。5級とか云ってたけど、昔はそんなの無かったよね?
Posted by 泥水飲込 at 2007年01月27日 13:14
大丈夫かい?Jさん。

さぁ、Wiltonの顔を造ろうっと…(爆)。
Posted by torigen at 2007年01月27日 13:22
Jさん、穴まで作ってはいかんがな・・・
ほんとうにご自愛ください。

鳥さんは・・・・(笑)
さすが、行動派!アクション速いなあ〜。

ワシ、デザイン力ない・・・・
プラモが限界。
Posted by ラ・マンチャの男 at 2007年01月27日 14:25
いやぁ、ラ・マンチャさん。

頭部は難しいデス、わはは。
粘度をこねってるうちに固まってくるし…。
しかし、永さんの感じが掴めて来ましたって、違うだろ!わはは。
Posted by torigen at 2007年01月27日 14:50
すいません。自分で呆れたので叫んでしまいました。今朝のことで、そういえばめまいがするな〜と思っていたら案の定で。
でも穴開け出血はひとつの流れみたいです。
穴ふさぎは強力なので、ダラダラしていれば完璧!!
とりあえずお腹が空くのでかなり軽症です!

検定試験は多くの年代に慣れてもらうために新しい等級と、難しいところには「準」をいっぱい造っているみたいです。わーい、造りつながりだ!
Posted by J・AGE at 2007年01月27日 14:59
お客さんのお店のドアにも穴が開いて。レジを荒らされ盗難事件。
先日も工事現場から資材が狙われ、物騒な世の中。対策が必要ですね、みなさん。

穴が開いてるのは長男の頭。右から左へ注意事項がスルー。英検大丈夫だったのだろうか?中一程度の5級、塾での模試はOKだったとの事だが。
明日は隣の福島県で水泳大会。忘れ物も注意なのだが。

お通夜に早めに行って、それから大急ぎで臼庭さんのライブに行こうかな〜と。間に合うか??

うちのオヤジは竹や木材を削って、茶器や花器の真似事のようなものを作るのが大好き。
先日は端材を使って新幹線のように削り、次男にプレゼントしてくれました。次男、喜ぶ。
Posted by 泥水飲込 at 2007年01月27日 16:26
一時期、TOEIC至上主義でしたが、最近はこの試験オージー訛とかアジアン英語とかも試験の中に入っているらしいですね。この間、あった帰国子女の大学生達が全員聴き取れないと嘆いていました。試験は迷走しますね。私は資格が何もなく、少し英語がわかります、と言って、目の前で話しているのに「TOEICも受けたことないんじゃね〜」を連発されることが多く面倒だから受けました。
TOEICよりも英検の方が実力をはかるにはしっかりしていると思います。
Posted by J・AGE at 2007年01月27日 16:46
既得権益を守る為、しかも利権が見え隠れする資格。資格を持っている人間がヒアリング・ミスをしたら業務上過失??
それより。議員に立候補する為の統一常識テストとか、そんなのがあるとよいと思うのですが。
ちなみに私は英検3級だけ(松田聖子と同じじゃん!と云われました)

あ〜来週は私も資格試験があるんだった!!困ったぞ〜勉強してない〜〜〜
Posted by 泥水飲込 at 2007年01月27日 16:56
忘れ物。
記事のウィルトン師匠の顔。
他の誰かに似ていると思ったら。
色が白いので〜トニー・レヴィンだぁ〜
Posted by 泥水飲込 at 2007年01月27日 17:03
いや、それ似てる。思わず感心して胃の穴が塞がりました(爆)!

torigenさん、完成品の発表をお待ちしております!
Posted by J・AGE at 2007年01月27日 18:55
おおっ!torigenさん!Wilton Felder!
うまいです!どこからどうみてもWilton Felderです!
凄い!凄い!(笑)
Posted by Gパパ at 2007年01月27日 20:10
おぉっと!Gパパ師匠!ココではオヒサシ!わはは。

いやぁ、これ載せたら池上さんに永六輔って言われちゃいましたヨ(爆)。
凝り出すと凄いのはGパパさん!なので私など大したことないのですけど…ね、わはは。
Posted by torigen at 2007年01月27日 20:34
おーっと、torigenさん、出ましたネ。
クルセイダーズフィギアといえば、Wilton Felderから始められるtorigenさんは、流石です。僕も、Wiltonからでしょうねぇ。次はWayne Henderson、そしてJoeさん、最後にStix Hooperでしょう。コレって紙粘土で作るのでしょうか?
型からって訳ではないみたいですネ。
torigenさん、できればクルセイダーズ、素浪人で4匹の侍か、デカで4人の刑事か、あるいはマカロニウエスタン風か、この辺りを狙われたらどうでございましょう?
Posted by 立花 at 2007年01月27日 22:45
龍さん、ども。

わはは、流れで言ってしまって後で困ってます(汗)。せっかく造った顔をネコたちに頭蓋骨折されてしまって、また一から…うぁはは。

これから先、Blue NoteにでもCrusadersが来てくれたら胸を張って渡せるくらいのモノを造りたいとは思ってるですけど、道のりは永く遠いです(汗)。
Posted by torigen at 2007年01月27日 23:08
万難を排して〜行って来ましたぁ〜臼庭潤ライブ。
最前列、臼庭さんの1M前。サックスの生音、堪能いたしました。
帰りにIKEGAMIさんに言われたように「小松〜」と話しかけたら。「え〜??」って。ちょっと話して、宜しくお伝えくださいとの事でしたよ。(いきなり小松〜とか云わないですよ、念のため。)

Gパパさんにはウィルトン師匠に見える。IKGAMIさんには永さんに見える。私とJさんにはT・レヴィンに見える。世の中に似ている人は3人いるとか云うしな〜わはは。みんな言いたい放題。

もう寝るわ。沢山飲んでしまった。
Posted by  泥水飲込 at 2007年01月28日 00:24
小松攻撃しましたかぁ?
どんな顔されてたんだろう?その一瞬、臼庭さん。
で、泥さん、IKGAMIさんって誰?わはは。
TOEICの話まで出てるのだから、スペル間違っちゃだめだめヨ、わはは。

しかし、至近距離のsaxは迫力あっただろうネ?羨ましい。
Posted by torigen at 2007年01月28日 05:31
あちゃ〜酔ってたんで、、、、ごめんちゃいIKEGAMIさん。

お袋が外泊で帰ってきてるのに嫁が熱を出して。
あ〜あ、困ったなぁ。

小松〜似てましたねぇ、確かに。臼庭さん「こんな田舎で俺を小松呼ばわりされるとはおもわなんだ」ってところでしょ。わはは、ネットの力は侮れず。
Posted by  泥水飲込 at 2007年01月28日 10:45
そっか、家が大変だから臼庭さんとゆっくり一杯って感じじゃなかったのかぃ?残念だなぁ。
私なんぞ、渋谷Liveの時なんかヘロヘロだし、わはは。
Posted by torigen at 2007年01月28日 11:23
みんなでそうやって、お酒の話をしていなさい!
さあて薬を飲むぞ〜。
Posted by J・AGE at 2007年01月28日 14:18
ごめんね、Jさん。つい、ね。
アノ店に行く時はジャズの師匠?の大口取引先の社長さんと行くので、一人でのんびりは出来ないんです。二人でタクシーに乗って帰るんですよ。

今日は嫁はダウン。困るわ、嫁さんの代わりは出来ないよぉ。。。(TOT)

8時過ぎに長男が帰ってくるから、それまでは酒も飲めないな、、、
Posted by  泥水飲込 at 2007年01月28日 16:20
いえ、嘘でーす!
楽しんで戴いていれば全然OKでーす!

我が家も家内が先週ダウンしましたが、一日で復活してくれました。
うちの家内は具合が悪くなるとテコでも動かなくなりますが、むしろ一日放置しておくことで、復活するので助かります。

確かに代わりはできませんね〜。きついっす。
私は刃物が怖くて包丁持てないし。
Posted by J・AGE at 2007年01月28日 17:22
嫁さんのいない私的には、じゃどうするの?わはは。

どこかにKirsten Dunstのような良い嫁さん候補いないかなぁ…贅沢?わはは。
Posted by torigen at 2007年01月28日 20:38
わはは、鳥兄、ゴメン〜

でもね〜うちの場合大変なのよ〜今も明日のゴミ出しの準備して〜次男の宿題とか〜アホみたいに手のかかる家族ばかりなんだから。わはは。

とあるところから、ブート?なのか知らないんだけどポール・ジャクソン&マイク・クラーク(云わずと知れたヘッドハンターズの鉄壁リズム隊)にチャーさんが絡んだ音源をいただけることになって。届くのが待ち遠しい。早く聴きたいよぉ〜
Posted by  泥水飲込 at 2007年01月28日 21:16
Herbie HancockのいないHeadHunters?
'98年に『Return To Headhunters』ってのも出してるよネ。
Posted by torigen at 2007年01月29日 04:20
チャーさんはいろいろなノリに対応できるんですね〜。なんか別の方向から感動。
Posted by J・AGE at 2007年01月29日 09:27
やっぱり、ヨメサンの代わりは出来ないわ〜。
次男を学校に送り届けてきて、でも雪がちらついて。

ヘッドハンターズはハンコックがいてもいなくてもヘッドハンターズ。再結成までしてるしね〜一昨年の東京ジャズでも新生ヘッドハンターズ?名義だったし。
個人がライブハウスで録音したようです。楽しみなんだよね〜まだ届かないけど。
Posted by 泥水飲込 at 2007年01月29日 09:54
ちなみにp・ジャクソンも記事の似顔絵に、、似てないか〜ツルツル頭だってところだけかな。凄い巨漢だし。ウィルトン師匠とは全然ちがうヴォリューム感。

次男の学校・塾の送迎、買出しと比較的フリーな仕事なので出来たけど、、、明日も、かな?ヨメの日常は大変だわな〜

ヘッドハンターズの「洪水・ライブ」はマスタ・Gの「ぶちきれてる!」とのお墨付きです。私的にも最高ランクのアルバムで。思えば初めてジャズの売り場に足を運んだような気がする、コレを買うのに。
Posted by  泥水飲込 at 2007年01月29日 18:24
いやぁ、難しい!
鼻が特徴的なWilton、で細身で長身。頭蓋骨折したモノは諦めて一からやってますが…(汗)。
ヒゲと頭髪は塗りでごまかすかも…わはは。
Posted by torigen at 2007年01月29日 18:29
こんにちは。
これウィルトンによく似てますよ。
私、すぐわかりましたよ。
Posted by Sken at 2007年01月29日 19:48
ああ、鼻。鼻。そう横から見るシルエット。

「洪水」はハンコック名義でした。ごめんなさい。本当に生で体験したかった!こんな演奏が日本で繰り広げられていたのかと。

コンソメでベーコン、キャベツとにんじん、ジャガイモ、月桂樹を。粗挽きウインナーを数種類入れて、保温調理器に。最後にもう一度火にかけて生クリームと塩コショウ。子供達にはこれでいいと。私的には追加でガリガリ黒胡椒と、同じくガリガリの塩を振れば。(ビールにも合った)
嫁さんも食べられたし、よかったよかった。
次男もにんじん食べるようになったしな〜。
Posted by  泥水飲込 at 2007年01月29日 20:20
私はにんじんの天ぷらがすきで、これに軽く塩をかけて食べます。
とりあえず、肉料理の付け合わせのにんじんが好きですね、メインより!
一度、おいしさがわかってしまえばご次男もにんじんに好きになるかも!

でも最近のにんじんは本当に苦みがないですね。
Posted by J・AGE at 2007年01月29日 21:04
紙粘土で髪の毛を制作するのに「ヘアマーカー」というのがあります。ところてんを作るのと同じように粘土を少量入れて押し出します。でも、Toriさんがゆっくりやればできますって。
あせらずにあきずにあきらめずにやって下さい。
「がんばらないけどあきらめない」という気持ちで・・・・。
Posted by ぶうみん at 2007年01月29日 21:37
このぶうみんさんのお言葉はありがたいです。私もこっそり心の手帳に書いておこう!チョビ&モモちゃんの小さかった頃の写真、またお暇なときにでも見せてくださいね。IKEGAMIさん宅のMAX”お凸ちゃん”の写真もぶうみんさん宅のハスキー達の写真も、もう大好きで、たまにパソコン上でスライド上映しています。といってもすぐに終わるのですけど。
Posted by chi-B at 2007年01月29日 22:12
てんぷらに塩!最高!
抹茶塩も好きだし、、(カレー塩もいい)天つゆも好きだけど。
山の上ホテルで食べたいとか、、、地元で美味い店があって。お客さんと一緒のときだけ食べにいける。行きたいなぁ〜社長にお願いしようかなぁ。
あっ、にんじんの話だった。反省。(いつも脱線は私から。)

ところで。気がついたら今週は資格試験があるのに。勉強してないんだけど。いつものことなんだけど。なんとかなるかな〜。いつもなんとかなるし。なんとかなるな!!

にんじん。生でも好きだけど。苦味は勿論平気だけど。苦いとか関係無しに次男はまずは「食感」で。予想と違うとダメ。それでも色んなものを食べられるようになってきたんですよ。今日も先生に誉められた〜って。
Posted by  泥水飲込 at 2007年01月29日 22:12
ウチのぼーず、幼稚園の参観日に「一番好きな食べ物は?」と聞かれて、すかさず「にんじん!」と叫んだ。

肉よりも野菜好きだったぼーずでした。

油っぽいのが苦手で、最近になってやっとカルビとか食えるようになったけど、妹と同量(苦笑)
Posted by ラ・マンチャの男 at 2007年01月29日 22:44
chi-Bさんのオトコの手帳いや、ちがった「ココロの手帳」に書き留めてもらって光栄デス。
わかりましたチョビ&モモの「小さい頃」の写真ですね。迷惑なほど送りますネ。
チョビが言ってました「どうせ、ワタシはおばあさんでもうキレイじゃないですよ」
モモが言ってました「どうせ、ワタシは標準体重を7キロも超えたデブイヌで醜いですよ」
ひがんでいますので「今」の写真も送ってイイですかぁ?
Posted by ぶうみん at 2007年01月29日 23:56
おっと、Skenさん、いらっしゃいませ。

そうですか?似てますかネ?
永六輔なんて言う人もおられる中、アリガトです。
目などは適当に大体の造作(目と目の間隔とか)がわかればオッケーなのでこれはコレで良いんですけどネ。最近はコンピュータ上で3Dデータ入力して専用の3D切削機で出力するなどというやり方もありますけど…。ま、チープに行こうってことで。
ここでは話題が急に横道にそれたりしますが、構わずコメント頂ければ、また本道に戻ったり戻らなかったり致しますのでお気軽に!わはは。
Posted by torigen at 2007年01月30日 03:35
ラ・マンチャさん、ども。

ということは一男一女って構成ですか?わはは。
Jさんも『人参』好きらしいですけど、ホントに良い生産地で造った野菜は野菜自体の旨味が豊富で美味いけれど、普通のスーパーで売ってるようなのは味がしません。ひたすら工業化した農産物は土の滋味に欠けるような気がしますネ。小さくても曲がってても本来の味を追求して欲しいものです。


J・AGEさん。

そうですか?付け合わせの人参。
あのステーキなどによく付いてる面取りしたやつですネ?それに天ぷら。
私も塩と山椒で食すことがよくあります。京都は山椒や一味、七味など良い味を守ってる店が少なからず有りますから美味いですヨ。
関係ないけど、最近濃いめの昆布だしと酢・味醂と唐辛子だけでタコを食べるのがマイ・ブーム。
タコの良いのに当たった時は美味です。
Posted by torigen at 2007年01月30日 03:46
泥さん。

で、奥さんは復活?
次男君の風呂や学校を考えると嫁というより大人の人手が欲しいところかもなぁ。で、ゴン太の散歩かぁ。時間がいくらあっても足りないって感じかもなぁ。ご苦労さん。


chi-Bさん、ども。

ベースの話は楽しかったです。
はじめはどんな凄いプレイヤも似たり寄ったりから一歩ずつ身につけて行くんだからねぇ。
その積み重ねがLiveやCDで披露される訳ですネ。


ぶうみん氏。

顔面の前の部分だけからやってます。
別に焦りはないですよ。受注生産してる訳では無いので(汗)。
そっか、髪の毛などはそんなもので造るのか?その世界には完全に疎いので、またヨロシク。
Posted by torigen at 2007年01月30日 03:55
わはは、なんとかなるでしょ〜。だいぶ回復してきたし、嫁も。
意外にオオボケの長男が料理を手伝ったり、洗い物をしてくれたり、次男の世話を手伝ったり。
歳が離れているのもあるんだけどね。偉いんですよ。
Posted by 泥水飲込 at 2007年01月30日 09:40
ぶうみんさん、もちろん今の写真もかわいいですよー。小さいときと見比べて楽しもうと思って。どんなショットも大歓迎です。ハスキーたちの誤解を解いておいてください。>< オトコの手帳とは?いやいや、深くは聞かないでおこう。。。

torigenさん、長すぎる文章を読んでくださってありがとう!まだまだこれから先へと続くので、私が生きていく限り、あのシリーズに終わりはないようです。でもベースは…今は眠ってますけどネ。でも永い眠りから覚める日が来そうでもあります。神のみぞ知るです。
Posted by chi-B at 2007年01月30日 11:25
今日は、3月並みの気温?
京都は暑いくらいです(汗)。
Posted by torigen at 2007年01月30日 12:20
ウィンドウズ・ヴィスタ発売!
PC音痴の私には訳のわからぬ世界ではありますが。安全性が向上ってのはいいですね。
で!起動音?が気になっています。
「ロバート・フリップ」がサウンド・デザインという事ですから、クリムゾン・ファンは何度も立ち上げて喜んでいるのではないでしょうか。

鳥兄、もう頭部は完成?
急がないで、ね。
後は、あちこち飛び回る「同居者」にも注意ですね〜
Posted by 泥水飲込 at 2007年01月30日 12:35
それが問題なんヨ。
半端じゃない暴れ方だから…。
Posted by torigen at 2007年01月30日 12:36
だと思った。
大変だよね〜どこにでも乗っかるし。
関心はあるんだよね、ちゃんと。で、来るんだよね〜
Posted by 泥水飲込 at 2007年01月30日 18:06
そういうオイタが無くっても、そう簡単に出来ないけどネ、わはは。
試行錯誤の連続だわさ。
Posted by torigen at 2007年01月30日 19:13
で、今はどの辺でしょうか?
Posted by J・AGE at 2007年02月04日 17:03
一応、画像を載せましたが似てない…(爆)。
Posted by torigen at 2007年02月04日 18:09
いえ、似ています。
と、いうか平面図よりむしろ躍動的です。
Posted by J・AGE at 2007年02月05日 11:17
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

仕事人、その2
Excerpt: Wilton Felderさんです。 で、今日はこんなアルバム。 The Crusaders『Those Southern Knights』1976年 こういう音楽もどっちか言うとク..
Weblog: 音楽なしは、人生なし!
Tracked: 2007-01-29 19:47
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。