2007年02月01日

DEAD MEN LIVING

deadmen1.jpgdeadmen2.jpg


Dead Men Living  vol.1.2
Brian Freemantle
「待たれていた男」(上下)戸田裕之 訳 新潮文庫

russia.jpgcasinoroyale.jpg


痛む足を引きずり、銃などを止む無く撃とうものなら必ず手首を捻挫してしまう中年窓際MI-6情報部員チャーリー・マフィン。
同じ立場?の“James Bond”とは立ち位置こそ似ているがその個性は水と油程も異なる。「FROM RUSSIA WITH LOVE」(ロシアより愛を込めて)以降、特に映画ではSF的エンターティンメント傾向が全面に押し出されてしまった007シリーズとは対称的に、駆引きの成否が自分の命のみならず国家間や組織間の政治、外交にまで影響を及ぼすという真実味のあるストーリー展開は、精緻なプロット、絶妙な伏線と相まって読者を多いに楽しませてくれる。

冷戦後、チャーリー・マフィン以外にも様々な作家たちによって創作されてきた“情報部員”たちはその活躍の場を何処へ持って行くのだろう?というのが読者諸兄の期待と不安だったのではないだろうか?
しかし、同じく英国情報部員である“ジェームス・ボンド”とチャーリー・マフィンについては大丈夫だった?ようだ。
それを言うなら“イーサン・ハント”も…だった(汗)。

しかし、Freemantleの作品連発には驚くばかりだ。


『CASINO ROYALE』

監督:Martin Campbell
製作:Michael G. Wilson, Barbara bBroccoli
製作総指揮:Anthony Waye, Callum McDougall
原作:Ian Fleming
脚本:Neal Purvis, Robert Wade, Paul Haggis
撮影:Phill Meheux
美術:Peter Lamont
音楽:David Arnold
主題歌:Chris Cornell

Daniel Craig (James Bond), Eva Green (Bondgirl), Mads Mikkelsen, Judi Dench (M), Jeffrey Wright, Giancarlo Giannini, Caterina Murino, Simon Abkarian, Sebasien Foucan, Jesper Christensen, Ivana Milicevic, Tobias Menzies


Ian Flemingの原作に忠実に…という触込みと今までにないアクション…ということで久しぶりに007シリーズ最新作を劇場で観た。
しかし、ひょっとして迷いながら製作したのではないか?と思った。
Daniel Craigはキャラクタとして完璧ではないかも知れないが、個人的にはオーケーなのだが、味方や敵との駆引きの場面で説得力を欠くところもチラホラ。ストーリィもMads Mikkelsen演ずるところの“Le Chiffre”がTVゲームで言うところの大ボスなのかそうでないのかも判り辛い。
だからと言って、2作目を期待していない訳では無い。
この後をどう持って行くか…が彼らの“使命”であろうと思っている。
posted by tori's 108 at 13:31| Comment(4) | TrackBack(0) | books | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
チャーリー・マフィンシリーズの第1作は「消されかけた男」でしたっけ?

いっとき、集中的に読みましたね〜。
Posted by ラ・マンチャの男 at 2007年02月01日 13:42
1973年-『Goodbye to an Oldfriend』(別れを告げに来た男)が最初だったのではなかったですか?
あっそうか、1977年-『Charlie Muffin』(消されかけた男)が初登場でしたか?
色々と、しかも何度も読み返してるのでどうだったかなぁ?記憶が…。
Posted by torigen at 2007年02月01日 17:19
思考停止。活動休止。
嫁から長男、そして私に。ウツル度に、症状を変えていくぞ。(鳥インフルの変異みたいです)

この状態では本も読めない、DVDも見れない。
枕元にラジカセを置いてCDを聴くも、気がつくと意識不明。困った〜

本については読んだこと無いし。
007は観てないし。
オースティン・パワーズ?を朦朧とした頭で思い出したり。ああ、支離滅裂。(いちもじゃねえぁよ〜とか自分でツッコミ)
Posted by  泥水飲込 at 2007年02月01日 18:46
それはそれは、ご自愛くだされ泥さん。

明日は凄く冷えるらしいので、悪化させないように!そんな時には兎に角暖かくして安静がベストですなぁ。卵酒でも飲んでぐっすりしなはれ、わはは。
Posted by torigen at 2007年02月01日 19:37
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。