2007年05月20日

BABEL

spiderman3.jpgbabel.jpg
 
BABEL / 2006 & SPIDER MAN 3 / 2007

 BABEL / 2006 (米)143min


監督:Alejandro Gonzalez Inarritu
製作:Steve Golin, Jon Kilik, Alejandro Gonzalez Inarritu
脚本:Guilemo Ariaga
撮影:Rodrigo Prieto
編集:Douglas Crise, Stephen Mirione
音楽:Gustavo Santaolalla


Brad Pitt, Cate Blanchett, Gael Garcia Bernal, Koji Yakusho, Rinko Kikuchi, Adriana Barraza, Elle Fanning, Nathan Gamble, Boubker Ait El Caid, Said Tarchani, Mustapha Rachidi, Abdelkader Bara


その場面構成・設定と映像の美しさには、Alejandro Gouzalez Inarritu監督の非凡な感性と才能を感じるし、アカデミー賞等であれだけ話題になり取り上げられたことも納得の内容だった。次作を期待したい監督であることは間違いないだろう。
しかし、143分はあまりにも長い。90分程度に凝縮出来たならより中味の濃い作品に仕上がったのではないかと少々残念だ。
日本のマスコミの異様とも云えるハシャギ具合に見合う程の名演を日本人出演者が演じているかという点でいえば“否”である。
Koji Yakusyo、Rinko Kikuchi両名が他の俳優に入れ替わったとしてもこの作品にとっての評価に左右したとは思えないのだ。
それよりなにより自らもメガホンを握ることもあるAdriana Barrazaの好演が光るし、Elle Fanning(Dakota Fanningの妹)と兄弟役のNathan Gambleの二人が幼く危うい役柄を熱演、Mustapha Rachidiらの素朴な演技が真実味を本作に与えている。


SPIDER-MAN 3 / 2007 (米)139min


監督:Sam Raimi
製作:
Laura Ziskin、Avi Arad、Grant Curtis
製作総指揮:
Stan Lee、Joseph M. Caracciolo、Kevin Feige
原作:Stan Lee、
Steve Ditko
原案:Sam Raimi、
van Raimi、lvin Sargent
撮影:
Bill Pope
音楽:
Christopher Young
テーマ曲:
Danny Elfman

Peter Parker/Spider-man : Tobey Maguire
Mary Jane Watson : Kirsten Dunst
Harry Osborn : James Franco
Flint Marko/Sandman : Thomas Haden Church
Eddie Brock/Venom : Topher Grace
Gwen Stacy : James Cromwell
J.Jonah Jameson : J. K. Simmons


あれは、小学生の頃だったか…。当時アメコミに心酔していたここにも時々登場のヨッシーさん家に遊びに行った折りアメリカではこれが凄い流行ってると教えてもらい幼いながらも日本のアニメとは一線を画した“絵”の『アクション』に驚いたのを覚えている。まさに動いているような錯覚さえ覚える構図とストーリに世界を感じたのだ。
こういった過去のヒーローものでは、あまりにイメージが違ってしまい落胆させられる物も少なくないのだが、なかなかどうしてこの『SPIDER-MAN』シリーズは旨く漫画のエッセンスも交えて動画化に成功している希有な作品かも知れない。
主演Tobey Maguireの熱演もさることながら、なんといっても私のお気に入りKirsten Dunstに目がいってしまう。あるblog仲間が彼女を評して“ブサ可愛い”と爆弾発言をしたのだが、言いえて妙かも知れない。しかし、本作に限ってはその登場もさほど重要とは言えないし、2での身体を張った?演出にはほど遠いかも…。
しかしながら、楽しめる映画であることには間違いない。

posted by tori's 108 at 00:00| Comment(38) | TrackBack(0) | movie | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
スパイダーマンはDVDで前作を見ました。
悩んだりしながらも、前進する主人公に好感をもちました。
CGについては〜今時なのでこんなもんかな〜?と。
バベルは〜内容が解らないのですが、、タイトルからすれば言語が違って分かり合えない事、が根底にあるのかな?と。さらに菊池嬢は言葉を発しない役と言う事でさらに重層化した構図が予想できるな〜なんて。
Posted by 泥水飲込 at 2007年05月21日 09:24
私は「BATMAN」派で(汗)。
クリスチャン・ベールの作品で漸くに納得しつつあります。
Posted by J・AGE at 2007年05月21日 12:32
今日、1と2をレンタル店に見に行ったら全部借りられてた…。3効果なのかねぇ?

言語が違ってというのも少しは影響してるのですが、それより文化の違いと人種の違い…しかし、そんな異文化で遠く離れた人同士でも何らかの繋がりがある、そんな感じですか。それと先進国などと思ってる国の人間が実は親子の繋がりなどが希薄になって、これで良いのか…?という問いかけですネ。筋自体は以外と単純です。
Posted by torigen at 2007年05月21日 13:10
なるほど、、そんな感じね、、、観なけりゃわからんか、、、当然だな。

バットマン、、大友が書いた奴があるんですよね、、アンソロジーみたいなのに載ってて。これが合ってるんだな〜わはは。
おっと、スパイダーマンの話だよね〜でもさ、蜘蛛男でしょ?あっちは蝙蝠男、日本人の感覚だとヘンだよね〜?えっ?バッタ男に夢中になってる日本人もヘン?そりゃそうだ!
Posted by  泥水飲込 at 2007年05月21日 21:04
コミックに興味がない私ですがTobey MaguireファンとしてはSpider-man3は見逃せない映画の一つでした。
2の終り方が続編有りと思わせる終わり方でしたので3があることは間違いないと確信しておりましたが、今回は私のファンであるSteve Baxterさんが撮影に行ったと知った昨年の3月から楽しみに待っていた映画でした。映画とは完成するまでに時間がかかるものですね。
それにしてもtoriさんがおっしゃる通り迫力ある映画でした。ストーリー的には私は2が好みでした、でもtoriさんの様に不純な動機ではありません!(笑)3を観られていない方是非ご覧くださいませ。 そしてSteveを探してください(笑)。

ところでtoriさん、私のPCだとSPIDER-MAN 3のポストの字が変です。白くありません。なぜ?
あっ、BABELは観てません。

Posted by Andy at 2007年05月21日 22:14
昨日、小3の息子と見に行ったんですよ。スパイダーマン3。吹き替え版ですけど。
ワシは、「死霊のはらわた」のサム・ライミに期待していったんですけど。
期待はずれでした。
あたりまえですけど。ははは。
Posted by 半斤八両 at 2007年05月21日 23:51
Andyさん、ども。

postの字でしょ?テキストをコピペしたりすると勝手にあ〜いった状態になってしまう時があって、下手に修正すると色がおかしくなって読めないことがあるんですヨ。編集のインターフェイスがコロコロ変わるので判りづらいってこともあって放置プレイ状態であります。

半斥さん、わはは、そりゃそうでしょうネ。一応ヒーロー物ですから…わはは。

昨日は因みに『16BLOCKS』観てから寝ました。
Posted by torigen at 2007年05月22日 04:17
はらわた〜わはは。
テスト勉強中の長男。結果が良かったら何か映画にでも連れて行ってあげようかな。(昔はポケモンとか見てたんだけど、ターミネイター3とかを一緒に見たら〜嬉しかったようで)
次男は〜無理かなぁ。
Posted by 泥水飲込 at 2007年05月22日 11:28
そうそう、スパルタ特訓だけでなく情操面での学習も…わはは。

今日は、『SPIDER-MAN 2』『THE SKELETON KEY』を鑑賞予定。あっ情操教育の見地からはどうだか判らんけどネ。
Posted by torigen at 2007年05月22日 13:57
わはは、ホントは「彼女と映画観にいくから、小遣いくれ!」なんて云われたいんだけど。
美少女エリちゃんとなら私が行くけど、ね!

Posted by  泥水飲込 at 2007年05月22日 22:44
昨年の夏、ホラー好きの娘を連れてスパニッシュ・ホラーを観にいったら・・・
それ以来、トラウマになったようで・・(^_^;)
ホラー見なくなった娘。
Posted by ラ・マンチャの男 at 2007年05月22日 23:41
娘さんが幾つくらいなのか判りませんが、そうね、女の人に残ってしまう人が多いかもですネ。
私も普通の映画に詰まった時は、ホラー系のもよく観ますが、これもジメっとしたのやカラっとしたのがあって、ただただ気色悪いのは個人的ランクでは下位かも。
『THE SKELETON KEY』はKate Hudson(Goldie Hawnの娘)の熱演もあり、割としっかりと作られていて中々の物でした。(未公開)
Posted by torigen at 2007年05月23日 04:27
去年だから・・・中2でした。
お目当ての「着信アリ」が混んでて、近くの別の映画館に行ったんですが・・
しかし、そのあとしっかりお好み焼1枚半平らげた娘って・・・(汗)
Posted by ラ・マンチャの男 at 2007年05月23日 09:02
おひさしぶり!torigenさん。マメに映画行ってるやン。
アメコミヒーローものは楽しいですね。ボクらの年代のツボをついてうまく映画をつくってくれるよね。
ボクは「パイカリ3」を狙ってます。50歳以上の夫婦でペアだといつでも1000円で観られるのだ。といってもボクは独身だから適当に女性を捕まえてネットで予約して夫婦って顔で行っちゃいます。たまに免許書の提示を求められるときはあるけど、住民票の提示まで求められないから楽勝。
torigenさんは顔パスで行けるんじゃない!
Posted by ヨッシー at 2007年05月23日 09:23
そう、映画のネックは料金。正直、高いと思う。2時間を過ごすことを考えれば、遊園地などとは比較にならないんだけど、ね。

可愛い次男は、裏庭のポピーが気に入ったようで。登校前に「赤ね〜白ね〜」と見ていました。
Posted by 泥水飲込 at 2007年05月23日 10:33
マネに映画…そのわりにコレだっ!つう物に当たることはあまりないなぁ。で、帰りのミュンヘンの方が楽しみだったりして…。
『PIRATES OF THE CARIBBEAN: DEAD MAN'S CHEST』は見に行ったけれど、もうヒトコエって処だったような…、今度はどうだろネ?

わはは、トラウマに陥っても腹の虫だけは大丈夫だったのですね、ラ・マンチャさん。娘さん、結構大物になったりして…わはは。

う〜む、高いか安いか…。上限1000円だったら他の相場からしても妥当かなぁ?
Posted by torigen at 2007年05月23日 12:09
タイの若い人は、日本のお化けは「サダ子」が典型だと思いこんでいました。
Posted by J・AGE at 2007年05月23日 12:14
夜間のプール・無人で、照明も落ちてるプールは怖いですよ〜「貞子」出てきそうで。あっ、リング2だっけ?プールは。

行きたいな〜映画館。地元の映画館、閉館しちゃったんだよね〜。
Posted by 泥水飲込 at 2007年05月23日 12:33
ハリウッドでのリメイクなどが効いてるんだろネ?
他のキャラは、古くからあっても世界的名声に欠けるからネ。

京都もドンドン閉館して全部シネコンになってきてますヨ。
Posted by torigen at 2007年05月23日 13:22
私はキネマの天地に住んでいるのに、もう映画館は一軒しかありません。
川をわたるとシネコンがなんと3軒あります。
うち二軒は上映時間を上手にづらして共存しています。

怖いと言えば近所の大学病院で献体されたご遺体をホルマリンのプールから浮くのを沈めるという見回りのアルバイトがかつてありました。みんな二度はやらなかったです。
Posted by J・AGE at 2007年05月23日 19:07
Jさん、そのバイトの話は何処にでもあるのでしょうか?なんだか口裂おんなやコックリさんの話のようによく聞いた話です。こちらでは、京大病院とかに固有名詞はなってますがネ?
しかし、よく考えてみるとそういった死体を扱うのにアルバイトに任せるってのも何だか不思議ですよネ?真偽の程は判りませんが…。
Posted by torigen at 2007年05月23日 19:36
torigenさん、皆さんこんにちわ♪

BABELはEWFのSeptemberのカバーが入っているので、サントラだけ買いました。
米では昨年、Brad Pitt, Cate Blanchettが共演ということで話題になっていました。日本の役所広司さんや菊池さんの事など、これっぽちも話題になってなかったのが少し寂しかったかな。

SM-3はSTEVEさんを探さなくっちゃね(笑)

Andyさん、Hiroshiにしかと伝えました♪、彼も"I'll have to look for Steve in SM-3..."と言ってましたよ♪
Posted by Kim at 2007年05月23日 19:58
ども、Kimさん。

そうそう、Rinko Kikuchiの話題などは日本のマスコミだけのお祭り騒ぎですからネ。
それよりなにより、『Snow Falling on Cedars/1999』のYouki Kudohはホントの体当たりって感じで好感持ちました。ちゃんと英語だし…。
っていうか、今コレを見終わった所です。
映像は美しいし、内容も奥深い。また、post致します。
Posted by torigen at 2007年05月23日 21:00
2本とも映画館で観たい映画ですが、DVDで見るしかないんだなぁ。。。腰痛が悪化したこともあり、もう2年近く映画館へ行ってません。

映画の値段は1000円で統一して、作品が気に入ったらチップみたいに自由に金を追加するカンパ制にしてくれないかな〜 非常にマレですが数千円ぐらい払いたくなる出来のもあるよね。

名画座がほとんど無くなったのは寂しい限りで・・・ シネコンの中の1館ぐらい名画座にしてくれないものかねえ、今のように封切りしか上映しないのは問題多し!

役所広司 菊池凛子 工藤夕貴 う〜ん漢字でないと感じ出んなー

驚いたのはJ・AGEさんの話。
遺体のホルマリンプールのアルバイト。小学生の頃から噂では聞いていたが、田舎だったしホントかどうか確かめようも無く、ずっと忘れていた。そのバイトが近所にあった人がいたとは、ビックリでしたー!

Posted by HY at 2007年05月24日 07:05
toriさん、おはようさんです。

Kimさん、Hiroshiさんへの伝言ありがとうございました。HiroshiさんはSteveの顔が判るから見つけられるかもですね。(笑)

福岡は暑くなり始めました。皆さんの所はいかがでしょうか?
Posted by Andy at 2007年05月24日 07:49
朝からピーカンで。昨日は栃木は東京より暑かったとか。

長男は中間テスト。次男は運動会の練習。
ゴンちゃんは〜いたずら。ほほえましいですわな。
Posted by 泥水飲込 at 2007年05月24日 09:12
腰痛があると、二時間の映画館での…非常にキツいですネ。かくいう私もそうなのですが、最近のシネコンの座席は昔と比べると雲泥の差、モゾモゾして態勢に変化を付けながらですが何とか座れています、今のところ。

今日はこちらも暑いです。
今夜から崩れるかも…。

『The Ninth Gate』『BROKEDOWN PALACE』が本日の予定であります(汗)。
Posted by torigen at 2007年05月24日 13:11
お昼にコメントしていたら途中でお客が来ました。

遅れましたがプールの話は、面々と先輩→後輩に近所の学生にバイト話がまわっていたので、私が聴いたときはうわさ話があることもしりませんでした。後にこの病院、行政の警告が入りそうになってバイト自体が完璧にうち切りになりました。
ところで、ここ、二回ほど健康保険の指定を停止されています。

てなことでーす。
Posted by J・AGE at 2007年05月24日 20:23
Jさん、泥さん、最近アクセスが減ってる?
5000番台から6000番台をウロウロしてたのが、最近急に10000番台に落ちちゃったです、わはは。
ナンデダロ〜なんでだろ〜?順位なんてどうでも良いんですけど(マジで)、急の変化はビックリしたりしますよネ?
ま、お二人に頑張って貰うしかないのでヨロシク。わはは。
Posted by torigen at 2007年05月24日 20:44
そんなことないんじゃないの〜??わはは。
ちょいとお疲れモードではあるけどさ、、、
夕方、事務所でコメント書いてる途中でお客さん来たんで、、Jさんと一緒だ〜
またJさんと楽器ヨタ話する??ぶわはは。

死体〜マニアにはタマりません状態かなぁ。私は勘弁してもらうけど。

Posted by 泥水飲込 at 2007年05月24日 21:25
昨日は、『The Ninth Gate』を観て正解でした。
結構良かったデス。Jonny Depp主演。
しかし、一日2本ペースは少々キツい(汗)。
Posted by torigen at 2007年05月25日 04:22
昔、名画座3本立てなぞ、喜んで行ったのに、いまはきっと無理だろうなあ・・

メル・ブルックス3本立ては、笑いすぎて観終わったあと、顔の筋肉がこわばる感じがしたけど・・
もはや気力、眼、腰・・・・うーーん情けない。

最近、劇場への足は遠のいていますが、WOWOWなぞで観る、一般論的感想・・

昔の映画を今見ると、本(脚本)はいいけど映像が?と思う反面、最近のは映像はいいけど本が・・・と思ってしまう。

まあ、今の画像は所謂、中華料理症候群(化学調味料漬け)の結果かもしれないけど。
Posted by ラ・マンチャの男 at 2007年05月25日 08:40
私もナインスゲイト見た〜。あれってポランスキーなんだよね〜。
Posted by 泥水飲込 at 2007年05月25日 09:24
ナインスゲイト、私も観ました。
レンタルだったけど。

え?減ってます。
失礼しました。

ばてていますがかなり元気です。
Posted by J・AGE at 2007年05月25日 12:11
でもさ〜半年に3〜4本位にレンタルのDVD見るのも減ってるんだよね、私。15年位前までは結構見てたんだけど、、
2・3番館、ハシゴしたりしてた時期も有ったし。夢のようだな〜

明日は運動会だ!親子競技もあるぞ〜美少女エリちゃんは審判係だ!(ああ、エリちゃん小学校最後の運動会、、、)

でも、今晩はお通夜に行かなくては、、、
Posted by 泥水飲込 at 2007年05月25日 12:41
>昔の映画を今見ると、本(脚本)はいいけど映像が?と思う反面、最近のは映像はいいけど本が・・・と思ってしまう。

わはは、そうですよネ、ラ・マンチャさん。
'6~80年代のコレはっ!って言う作品のリメイクをもっとやっても良いような気もします。作品中の年代をイジってしまうと別物って気にもなりますが…。

中国の話で思い出したけれど、中国製の土鍋からカドミウムなどの物質が出たとか。鳥肉を炊いてた当人なのだが、アクにしては金属的に光ってるので食べなかったらしい…。やはり、中国製は要注意ですね。

泥さん、半年に3~4本ですか?私、一日に2本のペースをこのところ堅持しております!って、馬鹿だなぁ、私。
しかし、小さな子供のいる家庭ではそんなにゆっくり出来る自分の時間などないしなぁ。どうせ観るなら浸りたいですもんね、泥さん。
Posted by torigen at 2007年05月25日 17:26
わはは。だって次男がドラマ観てると「怖いの〜」って云うし、、、
あっちの部屋ではビデオをかけて、こっちではプレステで、向こうではDVDとか、平気でやるんですよ、次男。
それを消したり、CH変えたりすると何故かすぐに気がついて怒るし、、性質が悪いぜ!

中国、ペットフードにはXXXで土鍋からはOOOで、、、著作権とかは完全無視で、、、
Posted by  泥水飲込 at 2007年05月25日 22:57
中国と言えば、今北京に至る巨大水路を建設中だけど、周辺の街や村は二の次で先ずは北京らしい。農作物が出来なくて砂漠化が進んでいるというけれど、食料の確保など考慮しているのだろうか?と…。中国が飢えるとなると影響は激しいだろうなぁ。おかげで黄砂がいつまでも飛んでくるし。
で、肝心の長江の水の汚染も半端じゃないというけど、日本に勝るとも劣らない阿呆な国になりそうな気がするなぁ。
Posted by torigen at 2007年05月26日 10:05
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。