2007年07月14日

Kirsten Dunst

newyork.jpginterview.jpgelezabeth.jpg

Kirsten Dunstの映画に着目してみる。ドイツ系の父、スウェーデン系の母との間に生まれ('82年)幼少の頃からTVCMなどに出演。
1989年『NEW YORK STORIES』で映画デヴューを果たし、その後も順調に出演を重ね青春コメディあり、シリアスな歴史物ありと幅の広い作品でそのヨーロッパ系らしい個性を存分に発揮してきた。
『Dick (大統領に気をつけろ!) / 1999』『Crazy / Beautiful / 2001』と彼女らしいハッチャけた役柄も無理がなく楽しめるが、『SPIDER-MAN』シリーズや『ELIZABETHTOWN / 2005』では一段と演技に磨きがかかったように思う。

とか何とか言いながら昨晩から10本程の映画を鑑賞?(暇ってこと?)した(爆)。
焼酎のロックを飲みながらなので、私が何を書こうが信用してはいけない、わはは。

crazybeautiful.jpgdick.jpg

『Crazy/Beautiful (2001)』では微妙な人種間の偏見・差別を扱った作品にも出演、作品中では非常に込み入った内容を単純にハッピーエンドさせてしまうキライはあるが、ただの子役から自動的に成り上がった可愛いだけの女優でない処を披露するかと思えば、『Dick(1999)』ではハッチャけた15歳をとなかなか多彩なところを見せてくれるのだ。

そんなこんなで、ずぅ〜っとモニタの前から動かない私に文句のひとつも言わず付き合ってくれているのが何を隠そうlove嬢。

P1000461.JPGP1000471.JPGP1000473.JPG

抱いてるお嬢?は一緒に映画鑑賞をしていた訳ではない、念のため…わはは。(手は私)
loveのこれっ!という写真が中々撮れないので…カメラのないときには非常に面白い奴なんだが…。なにしろ殆ど私の横を離れない愛い奴なのだ。キアステン(発音はそうらしい…)が横に居てくれるのとは当然のことながら全然感じ?は違うけれども…。



posted by tori's 108 at 12:32| Comment(13) | TrackBack(1) | movie | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
なんだかわからん、、、、

とりあえず、インタビュー・ウイズ・バンパイア。まんま「ポーの一族」観た時驚きました。
ちなみに、このトム・クルーズの役、S・ヴァイがやりたかったんだそうですよ、Jさん。知ってました?
Posted by  泥水飲込 at 2007年07月14日 22:23
お久しぶりで〜。
今日見たら、ケータイみたいな画面から戻ってました。やっぱ見やすいわ。
映画の話には全然ついていってないんですけど。
Posted by 半斤八両 at 2007年07月14日 22:33
torigenさんは、この女優さんがほんとに好きなんですネ。いつも話題にのぼってますよね。上の写真のえくぼのあるのがイイなと思いましたよ。で、LOVE…そろそろ最近の写真を見たいと思ってました。どれも凄くかわいいです!赤の首輪も似合って。目がいいですよね。ぜったいカメラ目線、というかtorigenさん目線ですし。元気に育ってよかったですよね。この前、拾われてきたときの写真を見ていたので、余計にじわ〜。もちろんジャイもかわいいです。
Posted by chi-B at 2007年07月15日 00:04
映画も馬鹿ほど観てるおかげ?で気になる俳優もたくさんいるんですけど、子役から今までというのも少なくない。Natalie Portmanとか…この子はイスラエル系で母親がエルサレム出身のポーランド系というように、同じアメリカに居るんだけれど何かが違うというか…Kirsten Dunstはドイツ系貴族出身を思わせる雰囲気があって、それが普通のアメリカ人をやってるのが面白かったりする…などと変?な視点から注目してたりするのです、わはは。
なので、単純に可愛いとか人気があるとかってだけで注目している訳でもないのです。
ま、二人ともちっちゃい頃から観てるので親戚のおじさんみたいな目で観ちゃってるのかも知れませんね、勝手に、わはは。
Posted by torigen at 2007年07月15日 05:44
LOVEちゃん、だっこ、うらやましい、、、

お散歩が出来ないゴンちゃん、昨夜は弟や嫁さんに遊ばれていました。茶の間で追いかけっこ。台風が過ぎさるまではね、、、

さて、また病院!
Posted by  泥水飲込 at 2007年07月15日 09:14
Loveちゃん、大きくなりましたね〜。
元気そうで何より。
おおし、台風だから籠城の続きしましょ。


場所借り。
泥水飲込さんへ
お疲れさまです。
いや、ヴァイさんの野望全然しらず。
本当にデーモンですね(爆)
Posted by J・AGE at 2007年07月15日 09:54
原作を読んで気に入り、結構 画策したんだそうです、ヴァイ君は。ヴィジュアル的にはハマりそうですよね。Jさん。

病院、結構疲れます〜腰が痛い!!
Posted by  泥水飲込 at 2007年07月15日 20:00
泥水さん、私も持ってます、30年前に買った「ポーの一族」フラワーコミックスで全5巻。
一生モンの名作ですよね。
インタビュー・ウイズ…は見てないなぁ
Posted by HY at 2007年07月15日 21:00
中坊の頃、それなりにSFにはまっていて、
その仲間に薦められたのが「11人いる」と「ポーの一族」

少女マンガ=絵が苦手という食わず嫌いの生意気中学生の目から鱗が・・・

吸血鬼もの、「ハンガー」という映画もありましたね。ドヌーブとボウイでしたっけ?
Posted by ラ・マンチャの男 at 2007年07月15日 23:35
わからん…わはは。
Posted by torigen at 2007年07月16日 00:40
私は小学校5年生で「宇宙戦艦ヤマト」の再放送で驚愕。だってロボットも怪獣も出てこないで、民族同士が戦っていて、かつ相手が単体ではなくて艦隊と戦闘機で攻めてくる!!
今は普通に手に入りますが、以降子供がお小遣い握りしめて必死に「松本零士」作品を探しに...。「男おいどん」はすぐに見つかったのですが...。
Posted by J・AGE at 2007年07月16日 07:43
こんにちは。
この女優は好きです。最近『エリザベスタウン』とか
『インタヴュー・ウィズ・ヴァイパイア』などを
偶然見ていましたよ。
Posted by Sken at 2007年07月19日 09:20
どもども、Skenさん。

いい女優ですよネ、私も「JUMANJI」「NTERVIEW WITH THE VAMPIRE」を見直してみようと思ってます。
あ、30年振りくらいで祇園祭中の市内に行って来ましたヨ(汗)。人ごみは苦手なのでいつもは家で飲んでいるのですが、今回は大宮でコンサートがあったので死んだ気になって?行ってきました(汗)。
Posted by torigen at 2007年07月19日 12:15
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

おどろいた
Excerpt: 先日の三重県中部の地震です。 京都にいてもわかりました、揺れたのは。 その前日、まさにその時間にちょうど鈴鹿へ行ってました。 幸い大きな影響は出てないようですが。 そちら方面の方は余震にも気を..
Weblog: 音楽なしは、人生なし!
Tracked: 2007-07-19 09:18
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。