2007年10月20日

初めてのmy CAR

P1000683.JPGP1000677.JPG

RA1-005887
平成10年式 SUBARU GF-RA1財団法人自動車リサイクル促進センター:リサイクル番号0800-5555-6523=\9.990-
自動車損害賠償責任保険:\25.000-
東京海上日動 自動車保険おすすめプラン:トータルアシスト:月掛け\19.780-

ユーキが20歳にして、初めてのMy Carをゲット!した。(初めての…と云うと何だったか?私の場合?サニーのトラックだったかなぁ…旧う)
クルマ関係の仕事をしている私の弟に頼んで業販オークションから引っ張ってもらった物がこのSUBARUだ。「バイト代で全部自分払って行くし…車買っていい?」ユーキのこの言葉から長い道のり?だった(わはは)。しかし、今の軽自動車って凄いと思う。殆ど10年落ちのこのクルマでさえ、ABSにエアバッグ、なんとスーパーチャージャー仕様だ………(驚)。
70年代だったか、私たちの年代ならスーパーチャージャー装備なんてヒックリ返るくらいの代物だったのに今はお買い物カーにも付いてるのだね?信じられない。
で、いきなり駐車場での“練習”とあいなった訳だけど…わはは。おいおい、危険があぶないゼ!(汗)
ほんとに京都市内を抜けて、舞鶴まで乗って帰れるのか?(不安)。
彼の母校、舞鶴高専では調度高専祭の準備で皆がお祭り騒ぎなのだが、4年生の彼は最上級生、これで下級生にも良いカッコできるかなぁ?車庫入れ練習しとかんとアカンぞ!ユーキ。

P1000675.JPGP1000667.JPG

で、リクエストの多いjayとlove。
彼らには何の難儀もありません…(絶句)。
posted by tori's 108 at 21:28| Comment(43) | TrackBack(0) | diary | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
さすが、見事な心がけ。任意保険にも加入!
しかも、天下の東海日動・トータルアシスト。(泥水も販売しております、、、この商品、、)

最近の軽自動車、良くなっています。フル装備で1t超え(車重)も珍しくありません。20年前なら1500ccクラスでも1t以下が普通でした。したがって燃費は意外に悪いです。低速トルクが不足していますので、低圧ターボなどで補っているようです。

自分は初めての車は、FFハッチバックでバカ売れしたファミリア。ターボ車で黒!新古車を格安で入手。当時認可になったばかりの60タイヤ・ポテンザ!を履いて、、、、

JAY&LOVE、可愛い、、、
Posted by  泥水飲込 at 2007年10月20日 22:02
泥やんが最初に書くと思ってたヨ!わはは。
初めてのクルマがファミリアかいな?やっぱ、若いなぁ…。ターボが普通なんだもんなぁ…。その辺から過給器を触ってナンボって云う世界からコンピュータに移行して行くんだよな。そうなったらもう判らないし…わはは。

保険関係はもう長い付き合いの田中クン。テニスの元生徒でもあります。
Posted by torigen at 2007年10月20日 22:40
私も軽に乗ってますが、普段1〜2人しか乗らず、片道2〜3時間程度の距離ならば、もう小型車中型車はいらないと思いますよー。たしかに燃費はそれほど良くはないが他の経費が安いのが魅力ですね。

東京に住んでいた時は、狭い路地裏に一人しか乗っていない大型車がムリヤリ入って来るたびに、殺気を覚えましたねー
Posted by HY at 2007年10月21日 07:49
いやぁ、ホント最近の軽自動車はよく出来てますよね、HYさん。
造りもしっかりしているし、このプレオは大きい。規格ぎりぎりまで寸法延ばしてるって感じ。KenwoodのCDプレイヤーまで付いていて…わはは。
Posted by torigen at 2007年10月21日 09:37
最初に乗った車か〜。
ワシは初代シティ。
あのころはヒマもあったし。
いっつも車磨いてたなぁ…。

ワが家は嫁さんが軽。
体重じゃなくて、車が。
通勤、買い物と大活躍で。

デブ症じゃなくて、出不精のワシの車はホコリかぶってます…。
Posted by 半斤八両 at 2007年10月21日 09:39
クルマはただ置いてるだけで、維持費がかかりますもんね、半斥さん。
お金のかかるおもちゃですね。
Posted by torigen at 2007年10月21日 09:54
あれ?思えば車を買ったことがない!

スバルは好きですね〜。よい車です。
Posted by J・AGE at 2007年10月21日 17:41
あっ、初代CITY、我が家にもありましたぁ〜。

税金関係、、一番取りやすいので、ドライバーは苛められてます。趣味の人と実用の人、贅沢の車と必要の車、、、きりが無いですけどね。

静かな車で、いい音で音楽が聴ける、そんなんがイイなぁ〜無理か。
Posted by  泥水飲込 at 2007年10月21日 17:49
急に御大@鹿児島さんが京都入り。
今頃、ヘロヘロになってるんじゃないかなぁ…わはは。久しぶりのKAKOちゃんと一緒なので会いたかったけれど、明日も早いしなぁ…爆。
Posted by torigen at 2007年10月21日 20:01
皆さん寝不足かな、、、
おお京都で会議か?会議のセッティングはJさんが本職だ。

スバルというと良いと思うのはレガシー。次男はインプかな、、イニシャルDに出てくるから。
Posted by 泥水飲込 at 2007年10月22日 09:59
スバルも中々ポリシーのしっかりしたクルマを造る会社ですね。しかし、パーツが何処でも手に入るかというと…汗。軽でいうと、HONDAは特別しっかりした造りです。ドアとかの立て付けや剛性は格段に違いますね。
Posted by torigen at 2007年10月22日 16:57
亡父が中島飛行機だったので、ものすごくスバルにはこだわりをもっていました。
Posted by J・AGE at 2007年10月22日 17:49
かつては有数の世界的航空機製造の会社でしたものね、しかし、まだその技術力は名前や経営資本が変わっても生きてます。
Posted by torigen at 2007年10月22日 18:44
いやいや、すみません。お話にまざらせていただきます。……いやいや、軽自動車……。そういえばスバルって、海外にいくと若い衆がよく乗ってます。(もちろん日本でもそうですが)たぶん、ヨーロッパの貧乏学生に人気なのは、スバルとフィアットじゃないですかね。
かくいうアタクシも、ロンドンでバンドやってて欧州の祭とかライブハウスをまわっていたころ、フランス人のメンバーが中古でボロボロのスバル(もちろんマニュアル)を買ってきて、それに五人すし詰めになって移動していたものでした。あとにも先にも、ギターのネックを抱きながら座って寝たのはあの時くらいです。なんか、軽自動車って、もちろんいろいろなイメージがあるとはおもいますが、アタクシにとっては金のない若い衆が肩よせあってわいわい乗る車ってイメージですね。ユーキ君、大事に乗ってください!!
Posted by 百舌 晴 at 2007年10月22日 20:22
百舌さん、ども。

欧州の貧乏学生…FiatやMINIは比較的リーズナブルなもの(長く生産されていたので、余計に年式が旧くて安い出物があった)が多かったんでしょうね、それとアチラの狭いごった返した処なんかは小さなクルマが乗りやすいでしょうし…。
しかし、ロンドンでバンドをって聞き捨てならないご発言!わはは。なんと本場で演っておられたんですね。
Posted by torigen at 2007年10月23日 03:19
百舌さん、ロンドンですか〜いやいや。

長男は風邪でダウン。次男は元気。ゴンちゃんは〜元気だな。

ワンちゃんを乗せて運転する姿を見かけることが多いです。近くの別荘地などにも多いですね。ステーションワゴンの後部に仕切りをつけているレガシーなんて多いです。ゴンちゃんは後部座席に専用シート?で乗りますけど。
Posted by 泥水飲込 at 2007年10月23日 08:16
ドタバタでした。お袋が入院して、それで、ちょっと顔を見に行こうかと。1泊2日の強行軍でした。が、しっかり飲んどきました。初日の夜は有喜屋で蕎麦食って、ちょこちょこと飲んで、5時に裏寺の「静」でヨッシーとノンちゃんに合流。静のおっちゃんもおばちゃんも元気でした。
泊まりが新大阪だったので、少々早く戻って駅前で仕上げてホテルに戻りました。鹿児島から新幹線往復とホテルがパックになって、27000円。これって安すぎ!時間も5時間チョイやからね。本読んだり、仕事してたりしたらすぐです。
2日目は錦でお買い物。私は有次で真鍮のアイストングとマドラーを買いました。家人は漬け物を買ったり、んー、いろいろ買い込んでました。で、時間まで、なつかしい「スタンド」で昼真からヘロヘロに。で、京都駅から新幹線に乗り込んで、ほとんど爆睡しながら鹿児島へ、でした。
今度はゆっくり帰ろうかと、そのときは、鳥兄ぃ、飲みましょ。
Posted by 御大@鹿児島 at 2007年10月23日 12:37
ロンドンでって、凄いよなぁ泥さん。
レガシーはアチラでも高いだろけど…わはは。

御大@鹿児島さん、ども。
残念でしたが、Liveで行けなかったんじゃなくてあやのと二人でお留守番だったのと明くる日が二人共早かったので…。しかし、短い時間にしっかり酒だけはやってるなぁ、わはは。
お袋さんはどんな具合ですか?大丈夫かいな?
Posted by torigen at 2007年10月23日 13:49
すみませんっ!! おもいっきり自慢しました!!

とはいっても、ロンドンでのバンド生活。自作曲など演奏できるわけもなく、ただただひたすら村とか町の祭とかイベントをまわるいわばドサまわりでした。あっちにいたころ音楽面だけの年収を一度計算したことがあるのですが、なんと日本円で五十万足らずでした。トホホ……。というわけで、在英帰還はほとんどレスタースクエアにある日本食レストランでウエイターやってました。
ロンドンの民はえらく物持ちがいいようで、シトロエンの2CBなんかが平気な顔して走ってます。(まあ、もう十年前の話なんで今は知りませんが……)。日本車もモデルチェンジばっかりしないで、過去の名車のエンジンのせかえてレプリカ販売でもしてくれればなとおもいます。

そういえば、シティって、おもいっきり真っ四角のゲンチャがついてませんでしたっけ? たしか、『モトコンポ』って名前だった記憶があるんですが……。
Posted by 百舌 晴 at 2007年10月23日 16:11
鳥兄ぃ、ご心配ありがとう。お袋は大丈夫、って、年が年やからね。85ですわ。何があっても不思議なことはないけど、思ったより元気でした。歩けるし、頭の方も俺よりスマートです。毎日1首、短歌を詠み続けていますよ。大したもんです。
Posted by 御大@鹿児島 at 2007年10月23日 16:49
百舌さん。

いやぁ、良い自慢ですよ。若い頃のそういった冒険?は後々糧になりますもんね。杓子定規だけの島国根性だけではね、こういった人は嘘も平気でつきますから…わはは。
私のリンク先でも?7歳にしてイタリア語を独学の上、毎年のように演奏旅行をされている人がおられます(汗)。これまたテクも性格もファンキィそのもの。そのパワーには驚くばかりですが、そういった日頃の活動ってのはこれまた人格を育てるモノなんですよネ。エライ!

もう独りご紹介すると、東京在住のギタリストがいて、この人の演奏活動は殆ど謎…。で、アメリカへ頻繁に渡って修行しているようですが、この前のニューオーリンズの災害の時などいち早くヴォランティアとして駆けつける男気溢れるナイス・ガイ。

んなことを言いながら、一番羨ましがってるのは私だったりしてね…爆。

そうなんです。イギリスに限りませんが、欧米人たちの中でもしっかりした人たちは、3年毎?のマイナーチェンジなんぞで乗り換えたりしませんよネ?あれは完全にマスメディアとメーカーの思惑にハマってしまった日本人だけでしょう?
ヨーロッパの映画を観ていても、そりゃもう旧車が溢れていますもんね。道具は大事に使わなきゃダメなのです。

モトコンボ。私の弟がリストアして持ってたんじゃないかなぁ、たぶん。
Posted by torigen at 2007年10月23日 17:28
御大@京都から鹿児島へさん。

そっか、うちのお袋よりまだ10年先輩だもんなぁ。所々疲れて来て当たり前だわ。

>頭の方も俺よりスマート…

当たり前でしょ!母上は朝から酔っぱらってないもの(爆)。また、ゆっくり帰って来てくだされぃ!
Posted by torigen at 2007年10月23日 17:31
やや、御大、お母様は〜。
大事にしてくださいね、、、、

百舌さん、そうです、モトコンポです。CITYのトランクスペースに合わせて作られてて、欲しかったんですよ〜
「逮捕しちゃうぞ」(アニメ・マンガ)にも出てきますが、、、

イギリス人、確かに物持ちよさそう、、、
Posted by 泥水飲込 at 2007年10月23日 17:35
シティ→モトコンポとくれば、もちろんズートスーツにムカデ歩き―。そう、マッドネスですね。シティ!! シティ!! と連呼して、お次に、ホンダホンダホンダホンダ〜♪ となるコマーシャル。あれ、アタクシは小学生でしたが、確実に時代の節目って感じの小洒落たCMでしたね。あっ、昨今の若人は知らないかもしれない!!
Posted by 百舌 晴 at 2007年10月23日 18:31
わはは、これやって写真撮りました〜。

CITYはターボとターボ2(通称ブルドック)が有って、、、

本来、耐久財であるはずのものを消費財として作り・販売する、、新しいものは常に価値が有ると刷り込みながら。そんなところでしょうか?
Posted by 泥水飲込 at 2007年10月23日 19:02
スバルからホンダに行きっぱなしだ…わはは。

CITYしかし、エポックメイキングだったと言える代物でした。発想が新しかったですよネ。日本のクルマでそういった事を感じることは非常に少ないですが、旧いクルマの中には結構良いものがあったように思います。風洞で空力を熱心にやり始めてから個性が無くなってきたと思います。ま、風洞実験でオッケーなデザインと言えば当然集約されるでしょうがネ。
Posted by torigen at 2007年10月23日 20:29
まぁ、車に関心が無い人にはみんな同じに見えるとか云われてしまいますね。
でも、タイヤが4つあって、ヘッドライトがあって、、、と、変わったようで変わっていないとも云えますね。

スバルの屋台骨としては、、ボクサーエンジン!4DW(シンメトリーな!)でしょうか。
並列でないエンジンはやはり航空機から、、、
Posted by 泥水飲込 at 2007年10月24日 09:47
皆様、健康には注意しましょうね〜
(なんだこのまとめは!汗)

うーーん、クルマは判らんが、中島飛行機は知ってるぞ!
一式戦「隼」二式戦「鍾馗」四式戦「疾風」は中島飛行機製でしたよね。
(元プラモ少年の記憶ですが)
Posted by ラ・マンチャの男 at 2007年10月24日 11:29
疾風などよい燃料を満載させたら最強だったんですよね〜。
Posted by J・AGE at 2007年10月24日 12:10
子供の頃は「ゼロ戦 はやと」なんてアニメもあったな、、、クレームあったみたいだけど。
Posted by 泥水飲込 at 2007年10月24日 12:36
皆さんは、アオシマ派だったのかハセガワ派だったのか、もしくは田宮の発売を待ったクチか…わはは。ほれ、だんだん話が旧〜くだんだんディープになって来たゾ…わはは。

泥やん、たぶんですが、安定性の問題などから当時、Porscheから始まる水平対抗エンジンを開発したんでしょうね。航空機で有名なドイツ・ブランドはBayerische Flugzeug-Werke、現在のBayerische Motoren Werke即ちBMWです。Focke-Wulfなどの開発に従事してたのではないかいな?わはは。
Posted by torigen at 2007年10月24日 17:22
どうなんだろうなぁ、、、星型エンジンの技術は航空機。並列4発とかじゃないスバルやBMWはそっちからかなぁ。ポルシェも水平対抗Egだしな、そっちか。技術供与は独・日はかなりあったんだろうし、、
弟は飛行機好きで、航空FANとか云う雑誌を良く読んでたから、、知ってるかな。

ちなみに先日まで読んでいた「スカイ・クロラ」シリーズは飛行機好き(プロペラ!)にはタマランでしょうね。違うか、、、主人公が乗ってるだけか、、、映画、楽しみ。
Posted by 泥水飲込 at 2007年10月24日 18:50
・・・・・・・??
Posted by Andy at 2007年10月24日 21:57
わはは………
Posted by torigen at 2007年10月25日 04:04
わはは。女性や関心の無い人にはチンプンですよね。

ちなみに。昨日は出勤しようとしたら営業車がパンクしてて。鉄板ビスが刺さってました。朝からジャッキで、、、応急タイヤをつけて、、、大汗かいてしまった。最近の車はジャッキ・ハンドルなんかも凄くチープで、、、車載工具も無いし。
壊れないし、壊れても素人が触れないという事ですけどね。
Posted by 泥水飲込 at 2007年10月25日 08:53
航空ファンは定期購読していました。
航空ジャーナルが当時は民間機で、ファンが軍用機でしたね。
丁度、F-15のあとのFSXが話題で、それがF-17/FA-18ホーネットだったです。
Posted by J・AGE at 2007年10月25日 12:08
何処かの国の笊式漏洩省のイシバ某大臣も戦闘機や戦艦の模型造りが趣味のようで、中々詳しいみたいですが、我が省で何が起こっているのか良く知らないようですね?これで良いのか日本人。
私は『模型とラジヲ』購読の頃はやはりそういった物が好きでした。SLとか当時高嶺の花だったラジヲコントロールの戦闘機や戦車、クルマなどなど。
しかし、時代が時代なので戦車のキャタピラは金属の手作りでパーツを実物と同じように組み立てているので動く姿は圧巻だったり、戦闘機なども全部角材から切り出したものが殆どでマニアックったらありゃしない(汗)。
Posted by torigen at 2007年10月25日 12:51
模型にまでいくと余計にチンプンだよね〜わはは。
例えばターボだとやっぱり航空機から。次がディーゼルの船。レースカーを経て市販車にかな、、、
これも航空機としてみるか、内燃機関としてみるかだろうけど、ロールスだって戦闘機のエンジン作ってたし、、詳しく調べればわかるんだろうな、、
と言いつつ、意味不明は同じか。わはは。

男の子ってバカだね。
Posted by 泥水飲込 at 2007年10月25日 18:50
過給器の構造とか、シリンダーってのは…とか、蒸気機関ってのはこうやって車輪に力を伝達するんだ…とか、結構本より実践で模型の方が頭に入りやすかったりしますですヨ。

ま、今現在の先端化学、光学、工学、科学で戦争と全く関係のないものを見つける方が難しいですもんね。困ったもんだけど…。
Posted by torigen at 2007年10月25日 19:17
話を聞くより、目で見る(専門用語で視覚優位)。そして見るより触る!だぁ〜
猫は見て、臭いを嗅いで、舐めてみる、かな?わはは。
Posted by 泥水飲込 at 2007年10月25日 19:31
うーーん今回の脱線の切っ掛けはワシの「中島飛行機!」だな・・・・(-_-;)

世界の名だたる機械メーカー、化学メーカーの多くが結果として軍需に関連しているのは確かにそのとおり。
アクリルだって、航空機主導で開発されたし、欧州化学メーカーは火薬の開発でスタート。
Posted by 反省するラ・マンチャの男 at 2007年10月26日 11:52
うう、反省されては私も反省しないわけにはいけない!!

ところでボーイングの飛行機を最初に採用したのは、ニュージーランド郵政省だそうです。
Posted by J・AGE at 2007年10月26日 14:05
あれ?非戦闘機に話を変えようと努力してる?わはは、Jさん。

ラさん、良いんですよぉ、いつもの事だから…わはは。何しろ何処に話が向かうにしろ盛り上がったほうが、ね。
Posted by torigen at 2007年10月26日 17:01
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。