2008年05月27日

LITTLE GIRL BLUE

littlegirlblue.jpg

LITTLE GIRL BLUE / YOSHIKA KITANAMI
01. I WISH YOU LOVE
02. HOW LONG HAS THIS BEEN GOING ON?
03. SO IN LOVE
04. 小さな空
05. 燃える秋
06. AMA POLA
07. LITTLE GIRL BLUE
08. BABY, WONT YOU PLEASE COME HOME
09. 色彩都市
10. I'M GLAD THERE IS YOU
11. AVE MARIA
12. MONA LISA


Yoshika Kitanami (vo), Akira Ishii (p), Yosuke Inoue (b), Akira Sotoyama (ds), Kiyotsuga Amano (g), Masahiko Osaka (ds), Yosuke Onuma (g), Richard Galliano (acco), Alexis Cardenas (vn), Jean-Marc Apap (va), Ericmaria Couturier (vc), Stephane Logerot (cb), Herve Sellin (p), Scbastien Surel (vn)

All songs arranged by Akira Ishii


5/31(sat) 神戸ビッグアップルでの『渋谷毅 & 北浪良佳 Duo』ライヴの予習(汗)だ。
key,pのBONちゃん以来、溝口恵美子さん、そして今回の北浪良佳さんと最近、大阪音大出身の方に縁があるようだ。
現在、サーバ・トラヴルで渋谷さんのサイト「tea42.net」へのアクセスが出来なくなっている模様だが、その直前にお誘いを受けたのがこのビッグアップルでのライヴ、しかし、またもや勉強不足で北浪良佳さん(vo)をいまだ拝聴していなかった。急遽、HMVから取り寄せたものがこのアルバム「LITTLE GIRL BLUE」だ。
溝口さん同様、オペラを専攻されていたからか、発声法が一味違い独特の雰囲気を醸し出していて、アルバムでの選曲と石井彰氏のアレンジによってクラシックの香りのする落ち着いた作品になっている。全体的に少し抑えめの構成でRichard Gallianohのaccoと彼の率いるストリングスとのマッチングも絶妙、彼女のこれからが楽しみになってくる逸品だ。日本語歌詞の曲の歌唱を聴いていて、ふと、2月に渋谷さんと一緒だった松倉如子さんを思い浮かべた。このアルバムの中では、「燃える秋」などじっくり聴かせるタイプの楽曲で彼女の優れたポテンシャルを堪能できるのだが、特にジャズに拘らず造られたと思しき本作でもそのジャズィーなvoの特性は可能性を感じさせてくれ、石井氏のアレンジ力に感嘆する次第だ。
さて、ライヴではどんな選曲で挑むのか、どんな色合いを見せてくれるのか…。
今回の渋谷ピアノ・マジックはどんな神戸の宵にしてくれるのだろうか。


YOSHIKA.ORG

http://www.yoshika.org/index.html
posted by tori's 108 at 00:00| Comment(29) | TrackBack(0) | music | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
一番!!
そうそうたるメンバーですねぇ。
オペラ出身、発声法が〜と聞くと興味も出るし、ビジュアルも、、、

いい天気だった、、
Posted by 泥水飲込 at 2008年05月27日 20:33
torigenさん、こんばんわ。いつもお世話になってます!なかなか電話するチャンスがなくてゴメンなさいね。&皆さん、こんばんわ。

今回のCDの詳細を見せて頂いてて、ミュージシャンの名前に「あ!」っと思ってGさんに確認したところ、記憶どおり石井彰さんも井上洋輔さんも、GさんがやっていたライブハウスBAGUSに、よ〜く出演されていた方々でした。久しぶりに名前を聞いて、Gさんも喜んでました。「お〜知ってる知ってる!よう出てくれてたよ。音大の先生やってるんちゃうかな?torigenさん、彼らにもし会うことがあったらよろしゅう云うといて下さい。」と云ってましたが、渋谷さんとボーカルの方のLIVEなんですよネ。

私もこのCDの曲には知ってる曲、好きな曲がいくつか入ってます。例えばAMA POLA…これは山下達郎さんや、レアなところでは沢田研二さんなんかが歌ってましたよネ。子供の頃によく聞きました。ロマンティックなCDみたいですね。いいですねー♪
Posted by chi-B at 2008年05月27日 22:42
またまた、渋谷的サプライズで…。
北浪良佳さんというvoがおられるって事は知ってましたが、京都RAGにも西山瞳(p)さんtrioと出演が決まっていたりで、さてどんなvoなんだろ?とは思ってました。この西山さんも大阪音大出身ってことで…わはは。そういえば石井彰さんもそうだわ。この人は拠点を東京に移してバリバリ活動されてますねぇ。
Posted by torigen at 2008年05月28日 00:47
渋谷さんのサイトが見れないとなんだかサビシ〜ですネ。
早く復活するといいのになぁ、とここでも思っています。
もう5月が終わるんですネ…はや。。。
さて、行ってきます!
Posted by chi-B at 2008年05月28日 14:54
そうみたいです。
アクセス出来なくなる寸前に「あっ、サーバから異音がしてる…」とおっしゃってましたから…。渋谷さんはパソコン通信の頃からやっておられたと思いますので、たぶん自己サーバでやっておられると…。でも、スケジュールも詰まってたから復旧するのは少々時間がかかるかもですねぇ。
Posted by torigen at 2008年05月28日 16:54
さすがマスタGのお店、、、一度行ってみたかった、、、
Posted by  泥水飲込 at 2008年05月28日 21:49
店内など、どんな雰囲気だったんでしょうね。始めはコーヒーの美味しい喫茶店だったらしいけれど…。
chi-B & masta.GのUSENでの放送にも出て来ますね、パーソナリティ氏もお客さんだったとか…わはは。
Posted by torigen at 2008年05月29日 16:59
そう、ホントにどんな店だったんだろう。行ってみたかったな、、、

有線って、私は全然なじみが無くて。USENに出てるのか〜姫たちが。

土曜日は次男の運動会なんだけど、、、雨マーク。晴れて欲しいんだよね、、、テルテル坊主、つくろうかな。
Posted by 泥水飲込 at 2008年05月29日 17:45
こんばんわ。
torigenさん、昨晩メールをしましたので発見して下さいね。ヨロシクお願いします。

torigenさんと泥さんがコメントして下さったBAGUSのこと、ちょっとだけ紹介を書くつもりが、書いているうちにすごい長文になっていったので、こちらで書くにはあんまり失礼なので、自分のブログの記事にしてしまいました。(新カテゴリーとして増設してしまいました。笑)皆さん、お時間あるときにぜひ、御一読よろしくです。
「文化の殿堂BAGUS」
http://chib.seesaa.net/article/98492669.html

torigenさん、seesaaの「再構築」って無くなってますネ。
Posted by chi-B at 2008年05月30日 03:09
(●^o^●)新しいカテゴリになったか!BAGUS! 朝、少しバタバタしてたもんでメール・チェックしてなかった(^_^;)後程。
Posted by torigen@携帯 at 2008年05月30日 07:38
音楽の話は今週まったくしていないなー。会場のBGM以外聞いていないし。
Posted by J・AGE at 2008年05月30日 08:33
BGMかぁ〜最近うるさいと感じます。(歳のせいかな?)
ブライアン・イーノの「ミュージック・フォー・エアポート」とか「ミュージック・フォー・ホスピタル」とかみたいに、邪魔にならないって視点が欲しいです。

マスタGのお店で音楽が流れてるのとは訳が全然違うでしょ?どんなのが流れてたんですか?会場では、Jさん。
Posted by 泥水飲込 at 2008年05月30日 16:37
津軽じょがら節とか佐渡おけさじゃないの…?
んな訳ないか…わはは。
Posted by torigen at 2008年05月30日 16:56
聴きました、泥さん。

このグループのThe Crusadersって云うネーミングにはかねてから抵抗感があったのですが、この放送でも、なになにの十字軍伝説とか音楽における十字軍…などというパーソナリティの幼稚で歴史を顧みない言質が多々あります。たまたま「オリエンタリズム」という大部の人文科学的・歴史検証的本を読んでますが、キリスト教的・欧米列強的考え方からきた十字軍のことを考えるにつけ、甚だ遺憾に思えてなりません。日本人的にはCrusaders=十字軍という単純な思いしかないのでしょうが、これはあまりにも其の他の人々のことを考慮にいれない自己中心的な現れかと…。
私的に一番好きなバンドだけに、そういった軽々しいファンの言質に失望すら感じる昨今であります。何ごとにも深い歴史と意味があるってことを今更ながら実感する思いです。
Posted by torigen at 2008年05月30日 20:28
BGMは各ブースがバラバラにかけていますので、何だかわからんです。なんかテレビの企業特集番組で本社社屋の映像と一緒にかかりそうなやつ。
でも、設営のときは、デイブ・ギルモアに感化されたようにきこえるギタリストのインストでした。
Posted by J・AGE at 2008年05月30日 20:57
ああ、FMのね、、、(みんながわからないかもよ?コメントの意味が)
実は私もクルセイダーズって名前には抵抗がありました。
無知は罪、、、

映画を観るにも聖書やギリシャ神話などの知識が必要だったりするけど、音楽を聴くにも、ある程度のものが必要だと。

言葉が主体のバンドであればおのずと、、、だけど、インスト主体のバンドだと、紹介する側にはそれなりの見識が欲しいところ。情報を小出しにして「私はメンバーとご飯を食べたことがある」などというクダラない話はどうでもいいんだよね。

あの番組は角松氏のミュージシャンとしてのコメントと肉声インタビューですかね、、、
Posted by 泥水飲込 at 2008年05月30日 21:48
角松さんは、殆ど問題ないと思いますがネ、わはは。ナレーションやってる女性のがちょっとキツ目ですよね。局が云えってことをそのまま読んでるんでしょうけどネ。
イミジクもアフリカン・アメリカンや欧州より東にある地域をオリエンタルと呼びたいなら、それなりに学習してから公の放送を行って欲しいと思いますネ。このナレーターに限った話しではなくて日本の放送業界的にあまりに不勉強だと思わせる内容が多過ぎて、好きな音楽を単純に楽しむことが難しくなってるような気がします。
Posted by torigen at 2008年05月30日 22:03
ああ、価値がある部分、です。角松氏のようなミュージシャンがどんなところに影響を受けてたか、、、とかね。

ナレーターは原稿読む人、、、構成の人間かな、企画か、、問題は。タイムリーではあったけどね。
Posted by 泥水飲込 at 2008年05月30日 22:26
いやいや、放送自体はThe Crusadersで喜んで聴いてるんですよ、泥さん、わはは。
でもね、この話しに限ったことじゃないけれどあまりに物事知らないキャスターなどが高額のギャラもらって阿呆なことホザイテたら腹が立つんだよネ。ま、それを聞いて「へぇ〜」なんて思ってる視聴者が多いってことなんだろけれど…汗。
直接関係ないかもだけど、この国のお笑い番組も情けないしょ?ほとんどがアメリカのクイズ番組のパクりか、学校のいじめの焼き直しばかりだし。お笑いのレベルが低い国ってのはやはり大したことが無いってことなのよネ。

しかし、今、テニスのフレンチ・オープンやってるけれど、この女子の短パン型アンダー・スコートはアカンなぁ、爆。ウェアとどう考えても合ってないと思うのは私だけ?わはは。
私の時代は良かったけど…汗
Posted by torigen at 2008年05月31日 03:02
な、なにを書いてるんですか、toriさん!(笑)

テニスかぁ。かつては猫も杓子もテニスをやってた。伊達さんみたいに、生涯現役みたいのはカッコイイです。伊達さんは京都市出身なので、ずっとファンでした。復活してくれて嬉しいです。

ところで、明日、同志社大学の新町校舎でトークをします。某学会での発表なんですが、いつものように、ああでもない、こうでもないという、拙ブログのような話をスライドを見せながらするだけですが・・

マーク・イズのThreading Timeを流して大学の先生や院生を煙に巻くつもり。(笑)教室でCDを売りたいが、さすがにそれは禁止か。(笑)
Posted by asianimprov at 2008年05月31日 06:42
シャラポアが好きだ!
Posted by 泥水飲込 at 2008年05月31日 09:21
あっ、ボタン押しちゃった、、、

大学で講演ですか〜凄いな〜 録音とかしてないんですか?
Posted by 泥水飲込 at 2008年05月31日 09:23
あれ、asianさん?
講演が終わってから三ノ宮に移動ですか?汗。
おおいに院生や教授陣を煙に巻いて来て下さい、わはは。

伊達さん、頑張ってますねぇ。長いブランク後っていうのは中々思い通りに打てないものだけど…。
昔、一緒に練習してた竹内映二クン(デビス・カップ監督)や辻のトシちゃん達が中学生頃の伊達さんの相手したりしてた筈です。しかし、男子では考えられない復活劇ですよネ。

泥さん、シャラポワかいな?わはは。
ロシア、旧ソ連勢が最近強いなぁ。
Posted by torigen at 2008年05月31日 10:58
雨だ、、次男の運動会は明日に順延。

北がミサイルを試射したようだが、名前はスティックスとか。つい「フーパー?」とかTVに向かって言ってしまう私、、、

私は運動音痴なのでテニスは出来ません〜ぶわはは。エースを狙え!のあと、80年代初めとか、みんながお遊戯テニスしてました。
隣町には、テニスコートが沢山出来ました。東京方面から泊りがけでたくさん来てました。
ブームが去ったあとには、そこがゲートボール場になりました。
今は、雑草がはえてます、、、
長男の同級生は「テニスの王子様」に刺激されたようです。
Posted by 泥水飲込 at 2008年05月31日 14:23
ではでは、三ノ宮に行ってきます。
Posted by torigen at 2008年05月31日 15:26
腰痛と腋の下痛で意気が上がらない日々を過ごしております・・

ミサイルで思い出しましたが、先日書店に行くと、松本清張の「神と野獣の日」が平積みで置いてありました。
何で今頃?と思っていたら・・・

その隣には「蟹工船」!
なに?搾取された労働者が現代のワーキングプアに通ずる??んなアホな・・・
Posted by ラ・マンチャの男 at 2008年05月31日 21:34
ラさん、何をオジン臭いこと言ってるの?わはは。
元気出して行こうゼ!

いやぁ、渋谷&北浪Duo堪能してきましたぁ!
いつになく渋谷さん、ご機嫌で歌まで披露、関西系のノリが出来る良佳さんとの会話は面白かったです。ピアノの上にバラまいた楽譜をあ〜でもないこ〜でもないと・こんなやり取りを楽しめるのはこのコンビだけかもなぁ…わはは。
溝口恵美子さんが後輩に当たるらしいです、渋谷さん!ちゃんと教えてくれなきゃダメっすヨ、汗。
次のpostで、書くつもりですので詳細はお待ちの程…わはは。しかし、神戸三ノ宮、街が頑張ってます。若者も多いし、割とちゃんとしてるし気持ち良かったであります。
Posted by torigen at 2008年06月01日 01:13
うらやましいです。昨日は同志社大学におり、神戸は無理でした。学会でのトークは今日です。当たって砕けろです。二世部隊の精神です。見事に戦死してきます。(笑)同志社が綺麗になっていて、自分の出た大学とは思えない。不思議です。
Posted by Asianimprov at 2008年06月01日 07:33
大文字“A”のasianさん、その動揺?わかります、爆。わはは、昨日もKずみちゃんとasianさん、来るのだろうか?などと話したですヨ。
しかし、良かったですよ。もうね、渋谷系?が満載って感じですか。よっぽど、ご機嫌も良かったのかもしれません、いつになく凄くハッピィでありました。
Posted by torigen at 2008年06月01日 08:41
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。