2008年06月01日

渋谷毅 meets 北浪良佳

yoshika01.jpg

渋谷毅 meets 北浪良佳 at BIGAPPLE



いやぁ、Kずみちゃん、あんな渋谷さんってば見た事なかったりして…わはは。

九州ツアーで、久方ぶりに病床の中山さんにCD完成を伝えることが出来たから?か、本日の“ピアノも弾ける神様”渋谷毅は一味違った。

しかし、彼の記憶力に翻弄されたのも事実(爆)。ステージの合間に良佳嬢と話したら…わはは。
ま、いいや。こちらも酔っぱらってるんだもの…。
楽譜をピアノの上にぶちまけ、開演後も良佳嬢に「さて、どれ演る?」という渋谷毅(爆)。
セット・リストもへったくれもない、渋谷流ステージといえなくも無い…汗。
こういったノリでは、注目は一緒に演ってるパートナーにいくものだが、ところがドっこい、北浪良佳はそんなことではコケないのだ。
流石、百戦錬磨の神戸ッ子!

yoshika02.jpg

BIGAPPLEのマスターとも少し話す時間があって、彼の面白いキャラを堪能しながらの2ステージ!濃いで!。世界ってば、こんな面白人間で溢れてほしいものだ。

ヴォイス・コントロールの何たるか?など、決して判ってない私が云うのもなんだけど…北浪はやります!…わはは。スゥイートに語るように始まって、スムーズに高まって行きパワーを充填してゆくかのような力強い熱唱へと変化する様は圧巻、日本語歌詞の曲では少しアンニュイな雰囲気になるのがこれまた面白い。
演者がごきげんって良い事だ。それが店の雰囲気を一変してしまうから…。
彼女の持ち歌、『AVE MARIA』渋谷曰く、「こんなのやったことない…」わはは。実にアット・ホームで楽しいステージだった。隣に住む頑固親父を上手くリードするような北浪、ホントに翻弄してるのは良佳嬢のほうだったりして…。
数えきれない程のvoとのDuoを披露してくれている渋谷毅、そんな中、私も幾度か経験させてもらって来た訳だが、今回程、楽しそうな渋谷毅を見た事なかった。

rag08.06.15.jpg

で、次回の北浪良佳的アナウンスだ。
西山瞳trioとのステージは、どんな音“空間”を構築してくれるのか…、今から楽しみである。
posted by tori's 108 at 08:31| Comment(20) | TrackBack(1) | music | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
やはり音楽にはキャラクターが反映されますよね。キャラクターを活かすというのも鍛錬か〜。
などと書きつつ、横に出てくるWeekly Chartが一種の問題提起に感じてしまうのであった!!
Posted by J・AGE at 2008年06月01日 10:01
わはは、Weekly Chatなぁ…爆。
全然うちでは関係ないものネ、汗。

しかし、渋谷さんはご機嫌だし、北浪さんは関西のぶっちゃけノリを残しつつ、非常にクールな歌声を聴かせてくれました。予習していったかいがあったってもんだ。
Posted by torigen at 2008年06月01日 10:36
またまた渋谷さんに。いいなぁ、、、でサインも、、

晴天の運動会。次男は懸命にお遊戯やかけっこを。拍手喝采。得な子供だ、、、

音楽には人柄が出る。幾分かは先入観もあるかもしれないけど、出る!
そうか〜トークも面白いのか、、、
Posted by 泥水飲込 at 2008年06月01日 18:35
休みに何処かへ出掛けると、あっと云う間に終わってしまうけれど、心地良い少しの疲れが後に残る…そんな気分がしますネ。
まだ、頭の中では渋谷ピアノと良佳ヴォイスが鳴ってるヨ、わはは。
Posted by torigen at 2008年06月02日 04:10
 自分的には、休み明けは、休日に遊んで少し疲れている位が良いと思うのです。身体の疲れより、心の疲れを発散してね。
 だから、良い事だと思います!

次男は振り替え休日で。でも昨夜は疲れたのか凄く早く寝て。朝は早く起きて。
見習わないといけない点。次男は目が覚めたら、すぐに起きます。布団の中でグズグズしない。スパッと起きて、やりたいことを始める。エライな〜
Posted by 泥水飲込 at 2008年06月02日 11:06
ライヴ当日は雨がもってくれて良かったけれど、今日は降って来た、汗。

1日に開通した阪神高速稲荷山トンネルを初めて利用しました。時間の短縮って意味では大変大きいんだけれど、約850億円にも膨れ上がった工事費には目が点になります。最初の見積もりからは考えられない出費、しかもまだ全線開通には至ってない(爆)。
Posted by torigen at 2008年06月02日 12:02
インフラ整備は大切だけど、、費用対効果も大切。利益誘導はダメ。

こちらはこれから崩れる予報かな?明日は奉仕作業でゴミ拾いの予定なんだけど、、、

風邪が治らない、、、
Posted by 泥水飲込 at 2008年06月02日 12:24
torigenさん、遠いところありがとう。
楽しかったけど、ぼくってどうしたあんなにたくさん飲んじゃうんでしょうね。自分でおそろしくなる(笑)。
自宅サーバーは復活に時間がかかりそうです。スケジュールとディスコグラフィーだけは別サーバーに移しました。他はちょっとむずかしいことがあったりして時間がかかりそう。
Posted by tshibuya at 2008年06月02日 13:40
どもども、渋谷さん。
常より楽しそうな渋谷さんを見てるとこちらも嬉しくなって来ます。酒量の方はそんなに際立って飲んでるって感じじゃなかったけれど、楽しい時のお酒は身体にも悪くないと思いますヨ、わはは。演奏以前にお二人の会話からして面白かったですから。

そうですか?サーバは。TEA42.NET見れないと面白くないなぁ…などという声が早くも挙がってます。ま、しかしお忙しい合間での復旧作業ですからボチボチってことでお願いします。
Posted by torigen at 2008年06月02日 16:59
ビッグアップルのマスターはなかなかいい味だしてる。なんか通いたくなるなー!

torigenさん、どーもいつも誘惑していただいてありがとうございます。でも、月イチがせいいっぱい。CDからレコードへの買い直しでお小遣いせいいっぱいです。

渋谷さん、ロンゲの茶髪で渋谷さんのCDを両手で掲げていたのがボクです。いつも「NONちゃんへ」ってサインをおねだりするのがボクのフィアンセです。覚えてないだろうーなー?

あしたのあしたのまたあした、みなさんお会いしましょうね。
Posted by ヨッシー at 2008年06月02日 22:13
うらやましい。酔っぱらった渋谷さんは見慣れているけど、北浪良佳さんはまだ見ていないからなあ。北浪良佳という名前を覚えておきましょう。

渋谷さんは「僕には自宅の近くでないと歌わないというポリシーがあるの。何故かというとさ・・」と説明しますけど、神戸のビッグアップルでは隠れて歌うんですよね。(笑)

来年は八木基督教会礼拝堂の残響の中で「いま、あなたはめざめ〜」とか「あしたのあしたのまたあした〜」とか歌っていただきましょう。お客さんが爆笑する姿が見えるようです。(笑)

チラシに「ピアノも弾く神様−渋谷毅(piano, vocal)」と印刷してやる!(笑)

神様が教会で歌って何が悪い!(笑)

追伸:学会発表は首尾良く終了。会場を二度爆笑させたので、それで満足です。学問より笑いです。(言い訳)
Posted by asianimprov at 2008年06月02日 22:45
渋谷さんの弾き語りというと、何度目だっただろ?
ビッグアップルにはまだ二度目ということはこの店以外でも聴いた筈…。う〜ム、PARKER HOUSE ROLLでだったかなぁ…?でも、渋谷さんが酔っぱらってるってことは私も酔っているので思い出せない…爆。

生憎の雨だけど、今日は「はちはち」で宮野・岡本・赤木リエさんのユニット『キエレスマテ』のライヴ。asianさん、15日には北浪良佳 & 西山瞳trioが京都RAGでありますよぉ〜、わはは。
学会で二度の笑いをとるとは流石asianさん!

なんだか変な時間に目が覚めて…爆。
Posted by torigen at 2008年06月03日 00:10
うーーんライブの禁断症状がでてきそう・・・
Posted by ラ・マンチャの男 at 2008年06月03日 00:35
ライブ、うーん、もう一年くらい行っていないですね〜。
Posted by J・AGE at 2008年06月03日 07:55
ヨッシーさん、ご協力ありがとうございました。そうか、あの人がヨッシーさんね。
ビッグアップルのマスターって面白いでしょ。ぼくはファンです(笑)。
こんどは7月20日(日)に行きます。ベテラン竹田一彦さん(g)がゲストです。ぜひまたどうぞ(でもこんどはさすがに歌えないだろうな〜)。
Posted by tshibuya at 2008年06月03日 09:54
ライヴに行き過ぎても頭の中で「まだ、鳴ってる状態」に陥りますからご注意を…わはは。

最近の渋谷さんライヴでは、ヨッシ〜さんいつも私と一緒に出掛けてます。じつは私の従兄弟でありまして、若そうなカッコウで彼女といつもつがいのおっさんを思い浮かべてください、直ぐに判ります、わはは。
Posted by torigen at 2008年06月03日 12:00
torigenさん、またまたメールしましたので、発見ヨロシクお願いします。

私も先日のラジオ番組の収録で、神戸三宮に出かけて驚いたのですが、神戸は活気が溢れていますね。元気いっぱいで飲み屋もいっぱい!すごい人手で、街中がお祭りみたいでした。今の大阪よりずっと元気です。子供ばっかりじゃないし。。。あの大きな地震の痛みを乗り越えたバイタリティーみたいなのが根強くあるのでしょうか。苦労を乗り越えたあとの人間の強さのようなものをすごく感じました。

渋谷さんが書いておられるギタリスト竹田一彦さんは、ジャズドラマーの竹田達彦(たっちゃん)さんのお父様ですよね。たっちゃんsanはBAGUSでよくLIVEをされていました。私はアメリカに居たので演奏をビデオで見たことしかないのですが、魅力ある素敵なドラマーです。そのお父様のギターもきっとええやろなぁ〜と想像しています。
Posted by chi-B at 2008年06月03日 14:39
chi-Bさん、ども。

ほんとにネ、三ノ宮の人手とその賑やかなこと…、4月に行った時も同じようなノリだったのでいつもこんなのって事なんじゃないですか?わはは。渋谷さん達のライヴ前に食事をしようと何件か廻ったですが、ほとんどが予約で一杯(汗)京都では考えられない程の盛況ぶりでした。やっと見つけた処も予約客で溢れてました。

竹田さん、そうですか?世の中広いようで狭いってことですかね?私は今度がお初ってことになりますけど…って、渋谷さん大体の場合、女性voとのDuoが多いからなぁ、わはは。
Posted by torigen at 2008年06月03日 16:01
風邪でダウン中、、、嫁にもうつった、、、
Posted by 泥水飲込 at 2008年06月04日 11:19
焼酎抜いて寝てなさい!わはは。
Posted by torigen at 2008年06月04日 12:20
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

北浪良佳とタナカニコ(5)
Excerpt: 久しぶりの良佳さん。良佳さんは、大阪音楽大学音楽学部声楽科・同大学 大学院オペラ研究室修了、発声・音楽理論に裏付けられる実力派シンガー。 この日は教会での演奏に相応しいアマポーラやアヴェマリア..
Weblog: タナカニコのJAZZ生活
Tracked: 2009-11-18 21:06
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。