2006年11月10日

雑感?

【AUDIO】
 
 
今日の朝刊(京都新聞)に『名ブランド続々復活』という記事。
お金や時間にゆとりのできた団塊の世代が回帰の傾向と‥‥。
高級オーディオ市場(どこからが高級というのかは判然としない)において、かつてのブランドが次々と復活しているらしい。
音響メーカー(この語句自体死後だったような)のケンウッドは「TORIO」を復活させ40万〜60万円代のステレオセットを、三菱電機エンジニアリングは「DIATONE」はスピーカを(受注生産で一本105万円)といった具合だ。
 
 
続きを読む
posted by tori's 108 at 20:58| Comment(20) | TrackBack(0) | diary | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月05日

支離滅裂‥

hank.jpgcaries.jpgsadistic.jpgvera.jpgtrue.jpg
 
 
 
なんともはや、支離滅裂。
本日、早朝の私が観たり聴いたりした面々‥‥‥‥(爆)。
 
『SadisticMicaBand』に『Vera Lynn』、『A Letter To True』ってはっきり言って何の繋がりもない。Hank Williamsに至ってはそうとうワープしないと‥わはは。
で、じゃがバターがムショウに食べたくなってきた‥(爆)。
キムラカエラだったっけ?この娘は面白いなぁ。日本語でちゃんとロックしてる‥。
高中正義も参加だと‥わはは。
 
 
続きを読む
posted by tori's 108 at 07:53| Comment(24) | TrackBack(0) | diary | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月19日

from Niigata

10月20日金曜日、午後6時に京都駅で待ち合わせ、着いたら電話入れるヮ‥。
新潟の友人から連絡。
早いものでもう一年が過ぎたのか‥。

 

で、本日の京都駅界隈は‥‥(つづく)

posted by tori's 108 at 20:58| Comment(11) | TrackBack(0) | diary | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月15日

Jayその後

cocoa3.jpg love 001.jpg
 
 
 
渋谷さんのLiveと手術日が重なってしまったので、麻酔から覚める間ずぅっと付いててやることが出来なかったJay。ノー天気にはしゃいでるLoveは放っておいて‥。
不幸中の幸いというのか、Loveはネコ後天性免疫不全症候群に陽性だったのだがJayは手術に伴う検査の結果、まったくの白だった。しかし、ほんとうに恐いのは猫白血病(FeLV)や猫伝染性性腹膜炎(FIP)なのだ。ネコ後天性不全症候群(ネコエイズ)ばかりが、報道され一般の人たちにはなんだか訳のわからない難病みたく思われがちなのだが、これは性的接触或イは血みどろになるくらいのけんかが行われない限りは伝染しない。しかし、後述のFeLVやFIPは普通の生活の中で伝染する上、効果的な治療法はいまだに無い。
元を正せば、人間の我がままに翻弄されたネコたち。その上、抗生物質に頼り切った医療という土台があって、そこに多剤耐性をもつウィルスを“応援”する人間がいたという図式が完成。最悪だ。
今、これを書いてる足元で元気にころげまわっているLove。しかし、いつ発症してもおかしくない、彼女は“陽性”なのだから。
 
まだ、Jayはまどろんでいる。Loveと一緒にするのはまだまだ先のことになりそうだ。
posted by tori's 108 at 17:04| Comment(16) | TrackBack(0) | diary | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月12日

両手に花

shibuya.jpg
photo by tea42.net 
 
 
 
渋谷毅with小川美潮&金子マリ / PARKER HOUSE ROLL
 
いよいよ、10月14日、15日京都『PARKER HOUSE ROLL』(烏丸松原下ル)にて渋谷さんのLiveだ。今回は「両手に花」ということで、ヴォーカルに小川美潮さん、金子マリさんを迎えるという‥なんだか想像がつかないが、楽しいLiveになりそうだ。
前日、金曜日には名古屋「Lovely」が初日となるのだが、渋谷さん酒量は抑え目にして京都でフルパワーとなるようお願いいたします。
続きを読む
posted by tori's 108 at 20:20| Comment(8) | TrackBack(0) | diary | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月05日

ちびっこギャング


またまたエライのがやって来た(汗)!

 


 

続きを読む
posted by tori's 108 at 10:56| Comment(21) | TrackBack(0) | diary | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月03日

宮野弘紀ワールド2

nakadai.jpgmclaughlin1.jpg



宮野さんからまたまた画像を送って頂いた。
今度は『椿三十郎』の仲代達也だっ!わっはは。凄い。フキだしまで入ってるっ!このアコギの第一人者とのギャップが何とも宮野さんの人となりを表現しているようで、親しみを感じてしまうのは私だけだろうか…?
前回のpostで、ギタリストのコメントがあったのだが誰か忘れているのではないだろうか?泥さん?
そう、H.MとH.Sが……………………!!!

David T. Walkerを聴きながら煮詰まり具合をほぐすと宮野さんもおっしゃっているが、その感覚が判るような気がする。人柄が音に出てるものなぁ。続きを読む
posted by tori's 108 at 18:14| Comment(20) | TrackBack(0) | diary | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月01日

宮野弘紀ワールド

youjinbow.jpg



ひょんな事から思い出した。そうメールをもらったのは7月だった(汗)続きを読む
posted by tori's 108 at 14:58| Comment(23) | TrackBack(0) | diary | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月27日

STUDIO

macromedia.jpg



旧いアプリを引っぱり出して来た。
随分使い込んだ筈なのに全ては忘却の彼方…(爆)。こんなにも簡単に忘れてしまう自分自身が信じられないけれど、事実は事実また一からやり直しだ(汗)。これはWeb製作のソフトだが、Macの旧OS用なのでバージョン・アップしなければ、新しいMacでは使えない。しかし、清水の舞台からブッ飛んだ思いで購入した新型Macが届くまでに少しは使い方を思い出して置こうと考えたのだが…ただただ、笑うしかない(思い出せない)わはは。
posted by tori's 108 at 17:02| Comment(22) | TrackBack(0) | diary | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月26日

DANGEROUS RELATION

groovecrusade.jpg



盆休み入り直前に水面下で、“今そこまできてる危機”に突入していた我が“仕事”、風前の灯火だったのだがそこはそれ「生活」がかかっている訳で「あ、そうなんですか、わかりました」などと言ってる場合じゃない。
私の持っているとおぼしき智恵?と知識、押し出しと恐い顔でクライアントも含めた関係者に猛反撃を敢行。電撃作戦を仕掛けてきた同業他社の欺瞞と詭弁を手がかりに反撃するという薄氷を踏むおもいの8月だった(汗)。

と、いう事でblogの方もなおざりになりがちな状態が続いてしまった事をココにお詫びしなければならない。ゴメンちゃい(爆)。
気付いてみると永いもので、大学在学中から始めた商売はバヴルに乗ってなんだか本人も気付かないうちにフラフラと右肩上がりを続けていったのだが、景気の萎み加減とまったく同一の線グラフを見るように必殺!右肩下がりに移行、何人の知り合いが“飛んだ”ことだろう?
我ながらよく持ちこたえたものだなぁ…などと感慨に耽っている場合ではないのであった(汗)。

で、お気に入りの『The Crusaders』も本日、ひさぶりに聴いている。
パワフル、スゥィート、グルーヴ&イケてる!←何でもいいや…(爆)。音の粒立ちが心地良い!なんて久しぶりの感覚なのだ(わはは)。

40才で引退、あとはやる気のある奴に任せて田舎で自給自足の暮らしってのをやってみたかった私ではあるが、もう7年もオーバーしてしまって大幅な軌道修正に追いやられてしまった(汗)。
しかし、そんな時好きな音楽は再充電に“パワー”を与えてくれるのだよネ?皆さん?わはは。



posted by tori's 108 at 17:44| Comment(22) | TrackBack(0) | diary | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月14日

キツいなぁ…

「飲み過ぎ」(爆)。
こんな日は、Helen MerrillじゃなくてSuzuki Yuiだなぁ…。

あまり食欲も無いので難波551『蓬来』の豚饅!
関西の人間にとっては、ケンタッキーよりマックより難波551なのであった!
新開地の串かつやうどんもぐぅ〜!ホルモンも環状線沿いには一杯あるし、やっぱ、食べるのは大阪だよなぁ…。で、人情っていうかいつまでも少し田舎って感じの商店街がイケてるのだ。
くぅ〜!だんだん腹へってきたぁ。
posted by tori's 108 at 14:08| Comment(12) | TrackBack(0) | diary | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月13日

909LIVE

90906.jpg90910.jpg90906.jpg90901.jpg



いやぁ、異常?な盛上がりのBeetlesトリヴュート・『Beatrips』ライヴの一夜だった。店のラヴラドール「ジョン」と「ジョージ」?のお二人も元気一杯、久しぶりの楽しい一時。

写真の酔っぱらいは、初登場のライヴ仲間gaoちゃんとヨッシーに私。気分が悪くなったら具合が悪いので顔の詳細は消しておいた(わはは!)。
もうひとり、浴衣姿ののんちゃんが写って無い(当たり前、写してる…)んだけれど…。(この顔出し、具合悪かったかなぁgaoちゃん?)君が綺麗なお御足おしげもなく出してくれてるので思わず載せちゃったヨ、爆。

で、皆さん?このひと皿わかりますか?
泡盛にメッチャ!合う一品!これで、泡盛一瓶はイッてしまうかもくらいの逸品!旨い!

しかし、二度目の店なのにまたまた店名を失念している自分に今、気付いた(汗)。
posted by tori's 108 at 07:28| Comment(19) | TrackBack(0) | diary | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月12日

拉麺 青龍

jpg 001.jpgseiryuu.jpgtakahiro.jpg



拉麺 青龍


最近、数少ない“北海道系”薄味非トン骨らーめん。
もう30年以上、おとっつぁんが頑張ってきて今は私の同級生の息子がやってる!
九州系トンコツが京都の拉麺界を風靡する以前の昔ながらのサッポロ・ラーメン系のダシ、イケてる。
写真は、その青龍の大将“タカヒロ”。恥ずかしがって顔を出してくれなかった。
もう、夫婦でやってきて何年になるんだろうなぁ…?
あ〜腹一杯で文章が出て来ない…わはは。

写真では何だか濃ぉ〜いスープに見えるかもだけど、非常にアッサリ。ふんだんに使った野菜のまろやかなダシが効いていてアルコールに犯された胃が洗われる感じ…。

“タカヒロ”がキャラらしくなく照れて後ろ姿だけ…と美人の潮ちゃんも登場でないけれど、そのうち…わはは。
posted by tori's 108 at 03:51| Comment(8) | TrackBack(0) | diary | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月06日

暑い‥

sanjyo1.jpgsanjyo2.jpg


You'd be so nice to come home to.
You'd be so nice by the fire
While the breeze on high
Sang a lullaby…


今日の三条界隈が、この詩に相応しいかどうか…は別にしてiPod にコレを入れて熱暑の中心部へ行って来た。三条京阪の歩道では、暑い中路上ライヴをやってる若者や加茂川べりで夜に行なわれる花火?か何かに合わせて若者たちが浴衣でそぞろ歩きしていた(汗)。体力あるんだなぁ…。
36度を越す必殺の温度の中、ヘロヘロになりながら目指す四条河原町は高島屋に到着。あ〜っ!ビールが飲みたいっ!
とりあえず、右も左もわからないので知り合いのいる地下のリカー売場へ直行する。しかし、なんだ何だ!この人の多さは…。皆さん、熱暑なんぞ何処吹く風って感じで…脱帽。
何を隠そう、いつもお世話になってる池上さん家のMax御殿『祝!完成おめでとさん!』ってことで…そのお祝を見繕いに出掛けたのだが、肝心のMax君と池上さんの嗜好が今ひとつ解っていないという致命的なことに着いてから気付いた(爆)。
ま、いいや。池上さんは酒を飲らないとは聞いた覚えがあるのだが、お友達には酒豪ばかりのようなのでパーティの際にでも御出し願うことにしてワインを選んでみた。
しかし、あまりの暑さに耐えられなくなってきて早く家に帰ってビールを補給したいという煩悩に1ラウンド10秒ノックアウト。わっはは。←エラいなぁ!私(何が…)。

本日は、…という有意義な一日であった!わはは。
posted by tori's 108 at 00:00| Comment(22) | TrackBack(0) | diary | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月29日

76.9 FM Hi!

lifetime.jpgfmhi.jpgjpg 007.jpg



Sound Space LIFE TIME


静岡のFM局シティエフエム静岡 FM-Hi!。
静岡市、焼津市を中心に、約80万世帯にマニアックにジャズィーに電波を送っている放送局があるのだ!
そんな番組『Sound Space LIFE TIME』を強力に押し進めている千賀由美子ディレクターから、これまた超強力、満足度200%の「番組録音」を送って頂いた!

そもそものきっかけは、当blogでもリンク、たまに(汗)御登場頂いているジャズ・ピアニスト&アレンジャー渋谷毅さんのご縁で千賀さんにコメントを頂いた事に始まるのだが、超ド級サプライズだ。

そんな番組出演があったということは、渋谷さんサイトで知ってはいたのだがココ京都では聴けるハズも無くただどんなだったのだろう?と想像するしかなかった。渋谷さん持ち前のアノ飄々とした自然体が電波に乗った光景は…如何に?

送って頂いた番組録音CDを早速、かけてみる。
なんと「お題」はDuke Ellington、Thelonious Monkではなく予想に反して?『Quincy Jones』だ!

Quincy Jonesといえば、Michael Jacksonの『Thriller』ぐらいからしか読者皆さんはご存じでないかも知れないが、主にアレンジャーとしての才能を若い頃から発揮していたのだった。ファンだったという渋谷さんがQuincyにどのような想いを持っていたか?など貴重なコメントと、元々トランペッターだったQuincyのこれまた貴重な音源、フリューゲルを吹くQuincyなども収録されていて非常にマニアックだ!!
この部分の、番組司会を担当されている林さんと渋谷さんのやりとりが微妙で思わず笑ってしまった。

何処かのライヴハウスで客が帰ったあと、酒をちびちび飲りながら音楽談議をしているような雰囲気が、非常に心地良くて聴いていると異空間を漂っているような錯覚すら受けた。これだからJazzは止められない…。
ブラボ〜!渋谷さん、林さん。それに千賀さんには極上のひとときを体感させて頂いた!
池上さん!コメント送ってネ…わはは。


【76.9 FM-Hi!】

http://www.fmhi.co.jp/


【渋谷毅official】

http://www.rinsen.co.jp/html/shibuya/sby_map.html
posted by tori's 108 at 04:15| Comment(18) | TrackBack(0) | diary | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月24日

Roll Chicken

rollchiken.jpgtare.jpgryouri.jpgsakeate.jpgshokusai.jpgsyokuzai.jpg



Roll chicken


ほんとに気紛れに料理をしたくなる時がある。
よくキャンプに出掛けていた頃は、たくさん凝った料理を造ったものだがバヴルが弾けると同時に一緒に楽しんでいた仲間も会社のリストラや商売の停滞とゆっくりキャンプを楽しむ余裕がなくなり、最近では料理をするというより、唯腹にいれるものを食っておかなきゃ…になってしまった。
ちょうどNHKを見るでもなく眺めているとRoll Chickenが画面に写っている。で、たまにはやってみるかと相成った訳だ。


鳥のモモ肉など開いたものを、クルクルっと巻きタコ糸でしばる。そいでもって、フライパンに少量のサラダ油を入れコゲ目が付くように万遍なく焼く。
タレの方は、下に書いたものをとろ火で煮て、焼き上がった鳥を入れ味がしみ込むようにじっくり煮る。
で、出来上がった鳥肉を1日程度寝かせるのだが今日は割愛。充分に漬けたあと、アルミホイルでキャンディ状に包み、焼き編みなどで再度焼く。出来上がったら一口サイズに切り分け、タレに辛子を添えて食す。
このタレはサラダにもグゥ。其の場合はタレに辛子を適量混ぜておいた方が味にキレが出て旨い。チキンにチーズやセロリなどと一緒に巻いても良いだろう。


【タレ】

日本酒:カップ1、味醂:少々、醤油:カップ2/1、ケチャップ:少々、唐辛子:少々、カレー粉:少々


この料理のキモは何と言っても焼き色。キツネ色に全体を焼こう。
posted by tori's 108 at 02:32| Comment(12) | TrackBack(0) | diary | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月19日

DONNY HATHAWAY LIVE

donnyaathaway.jpg



DONNY HATHAWAY LIVE


01. WHAT'S GOIN' ON
02. THE GHETTO
03. HEY GIRL
04. YOU'VE GOT A FRIEND
05. LITTLE GHETTO BOY
06. WE'RE STILL FRIENDS
07. JEALOUS GUY
08. VOICES INSIDE


Donny Hathaway (vo,e-p,p,or), Phil Upchurch (g), Cornell Dupree (g), Mike Haward (g), Willie Weeks (b), Fred White (ds), Earl DeRouen (conga,ds)


Curtis Mayfield,Marvin Gayeらと共に一時代を築いた天才だ。
中産家庭に育ち、当時としては珍しく大学で音楽専門教育も受けゴスペルだけでなくクラッシックのテイストも合わせ持つ彼独自のサウンドを形成していく。

この時期黒人社会では、未曾有の大激動期だっただけに彼の心中は音楽や家族だけに限らず穏やかではなかっただろうと思う。34歳で自殺、天才は夭折するのか?
出来ることなら老練な彼のステージを“今”観てみたいものだ。

随分長文の記事を書いていたのだが、OSの不具合で一瞬に飛んでしまった(汗)。で、こんなに短くなってしまった(爆)。

【泥水飲込氏推薦盤】
posted by tori's 108 at 03:24| Comment(13) | TrackBack(0) | diary | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月17日

えほん館 其の弐

ehon01.jpg


既にyossy氏の指摘があったが、『えほん館』が京都新聞に掲載された。
敢えて、「むっちゃん」の近影を出さなかったのに…。
で、年齢まで書いてる記者のデリカシぃってのは何処へいったのか元々無いのか?京都新聞さん、少し考えろヨ、一応付いてるんだろ脳みそ。

ま、彼女の機嫌が良いならそいでよろし。
で、「むっちゃん」はこんな人でした。
posted by tori's 108 at 06:43| Comment(18) | TrackBack(0) | diary | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月12日

The Satanic Verses

小説『The Satanic Verses(悪魔の詩)/ Salman Rushdie』日本語翻訳者、筑波大学助教授 五十嵐一氏(当時44才)が殺害された事件は11日午前零時時効となった(殺害から15年)。
茨城県つくば市の筑波大校舎エレベーター前で、手首や頸動脈など数カ所を斬られた惨殺死体で発見された。
『悪魔の詩』が出版された'89年以降、世界各地で抗議行動が起こりこの惨殺事件の8日前にはイタリア語翻訳者が刺される事件もあったばかりだった。
これに先立っても邦訳記者会見でプロモーターが襲撃されていて、ご本人も身の危険を感じていたのではないのか。その時この国の公安や関連省庁はどんな施策をとって今そこにある危険を防ごうとしたというのか。

近くは映画・小説『Da Vinci Code』でもキリスト系宗教界での抗議行動や不買運動などがあったが、自らと意見が違うからと言って殺害に およびこれを正当化する事じたい信じられない思いだ。
イスラム教と単純に一言では現せない程、複雑に枝別れしていて同一視してはならないし宗教に依らずとも殺人も辞さない組織や個人がこれを決行してきた史実を見れば何と愚かな殺戮をこの人間社会は続けていくのだろうと思わずにはいられない。言うまでもないが、これをイスラム原理主義者の犯行と断定された訳ではなく、独りの狂信者の犯行という可能性が排除されるものでもない。
しかし、当時のイラン最高指導者Aレatollaノ Ruノollaノ Khomeiniがイスラム法のひとつの解釈fatwa(ファトワ)に依って死刑宣告をし、数億円という高額懸賞金が提示されたことは事実である。
時に国益、ときに宗教、人種などなど紛争はいまだに世界から絶えない。
自らの考えを押し通したいが為にロケットを打ちまくっている独裁国家もあるし、正義だと言いながら他国に空爆を加えつづけ、一般市民や子供達まで殺している国もある。劣化ウラン弾で自国の兵士にも深刻な影響を与えながら…。

で、この国はと言うと首相はプレスリーのサングラスをかけてもらって踊っているし、TVでは何処ぞの女優が誰ぞと別れたなどというどうでも良い事を垂れ流しているのだ。

この処の天気と同じで非常に蒸し暑くジメジメした気分になる今日この頃である。


ajisai.jpg
posted by tori's 108 at 04:39| Comment(6) | TrackBack(0) | diary | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月09日

Live Studio 909

909.jpg90901.jpg90903.jpg90904.jpg



ヨッシーとgaoちゃんの誘いで行ってきた。
The Beatles Real Cover Band 『BEATRIPS』のライヴ。
いやぁ、行って聴いてビックリした。上手い!
流石、アメリカのビートルズイベント、「アビーロード・オン・ザ・リバー」に招かれる程のバンドだ!
箱も超がつく満員!Beetlesパワーを思い知らされたヨ。

で、私的にバンドも上手かったしvoも言うことなしだったけれど、一番気に入ったのは、keyでサポートしてる村井愛ちゃん!すっごくキュートだ。
控えめながら、演奏中にニッコリしてくれると何だか見てるほうがホッとしてしまう(爆)。ずぅ〜っと愛ちゃんばっか見てしまった(汗)。

で、最後の豚足はライヴ終了後に立ち寄った琉球料理屋さん。屋号を失念してしまった(汗)。しかし、料理は一流。再度参戦するつもり。
ラヴとミニは、ライヴ・スタジオ909のオーナーさんの愛犬と愛車。


90905.jpg90906.jpg


posted by tori's 108 at 00:46| Comment(8) | TrackBack(0) | diary | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。