2009年06月15日

渋谷 毅 Live in KOBE BIG APPLE with 山内 詩子

はじめまして! yossy@torigen です。
ボクをご存知で無い方もたくさんおられるようなのでとりあえず "はじめまして" です。
torigen の弟くんに賛同を得て、ボク = ヨッシーが "tori's triagle' を管理運営することになりました。ボクは、torigen の従兄弟ですが、幼い頃から彼の家族から長男と呼ばれていました。まさに三兄弟=トライアングルなのです。その意味も含めてこのブログのタイトルを付けたかどうかは、今となっては謎ですが、三兄弟で何か楽しい仕事が出来れば良いなーって話し合っていたのは確かなことです。
と言う訳で、とにかく、このブログに投稿いただいている皆様が快適な状況を保てるよう運営するつもりです。ボクはどちらかと言うと"ゆるキャラ"なので、彼ほどシャープなコメントはできませんが、よろしくお願いいたします。


shibuya090614.jpg

撮影:マスター@KOBE-BIG-APPLE

続きを読む
posted by tori's 108 at 20:17| Comment(32) | TrackBack(0) | music | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月20日

Candy Dulfer's Live Report

Candy Dulfer @ Blue Note Tokyo 2009.5.11

さて、浮気シリーズ第2弾!豚も木に登るのも第2弾!!
Candyちゃんのライブのご報告です。

続きを読む
posted by tori's 108 at 06:13| Comment(145) | TrackBack(0) | music | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月17日

Do It Your Self “MUSASHI”

posted by tori's 108 at 12:38| Comment(7) | TrackBack(0) | goods | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月13日

Man of La Mancha's Report

torigenさん、こんばんは。
 

おだてに乗って、アル・マッケイのライブレポート、書いてみました。
 
今回、ちょっと雑談多すぎ(いつもだよ!ってツッコミありそうですが・・)で
支離滅裂ですが、ご一読ください。
 
ラ・マンチャの男
アル・マッケイ&オール・スターズ(2009.4.28@ビルボード東京)



皆さんの煽り、おだてにのせられ、樹の梢にいる紅の豚です。

いや、ちがったラ・マンチャの男です。



GW直前、旧天皇誕生日前日の28日、再びやって来ました!

普段は無縁の六本木。今日もバブリー全開のみっどたうん!

しっかしこの街はなんでこんなに人がごちゃごちゃいるんだろう。

(と、普段そこに居ないオヤジの独り言・・・)



今回は連れがいることもあり、双方ともGW前の仕事の段取り

に不安があるため2ndに行くことにしました。

従って、今日は覚悟の上の出血大サービス、上から目線承知の

2階席「りーざぶどしーと」じゃ!まあ、たまにはゼイタクをしても

許されるよね、ね、ネ・・・・



公演前、小腹が空いていたので、なにか腹にいれようと、

GW明けの職場での雑談のネタ仕入れをかねて、

某女優プロデュースのジャパニーズ・ヌードル・ショップ

(要はうどん屋さん)に行くことに・・・



オープン当初かなりの行列だと聞いていたが、もうかなり

時間がたっており、まあ、いけるだろうとタカをくくっていたら・・



「ぬわんだ、この人間は!」ってな具合に混んでいて遭えなく撃沈。



仕方がないとの時間節約でスゴスゴと東京ミッドタウンへ・・・

1階の、広場に面した洋風居酒屋で軽く下ごしらえ。

ここで小一時間時間をつぶし、徐に会場へ。



20:45の開場、21:30開演なので、20:55に窓口へ到着・・・



席へ通され、会場を見渡せば、「ん?、街の人出のわりには空いてるなあ・・・」

と不安がよぎる。



今回は舞台正面でなく、上手の方の2階なので某スマップの

某君が日頃の鬱憤晴らしか煩悩祓いかしらないが、般若湯を

しこたま聞し召したのち、精神も肉体も全開に解き放った後に

公僕のお世話になったという公園は見えませんでした。



公演前のひと時、スクリーンに映し出されるComing Soonの

Artist達は、なんだか、ターゲットが団塊世代〜ナルちゃん世代

を標的(ターゲット)にしたような懐かしの面々・・・

うーーん商売戦略がみえみえ・・・・しかしウマウマとそれにハマっている

自分には気がつかない。

実際、最近、TVのドラマやらCMやらで使用される音楽は70年代後半〜80年代が目立つ。



きっと我々世代がチーフプロデューサーあたりになって、最近の

音楽では画にフィットしないなどと会議でブチ上げ、自分の

「守備範囲」の音楽を引っ張ってきたのでは・・・

そんな一例が「ラブ・シャッフル」では??というのは個人的な邪推。

したがって、比較的新しいファンがいるかなと思いきや、公演時間が

近づくにつれて埋まってく席は、そんなに若い世代は居ない・・・

(というと、某sistersに失礼ですね(^_^;)ごめんなさい



たまにいるのは、我らとの同年代のオッサンにつれられてきている

奇麗なオネエチャンたち。なんとも羨ましい・・・

ちがった!疎ましい。なーーんてことはありません。

良い音楽は世代を超えて受け継がれて欲しいもの。



なんてことを、公演時間中、これ1杯で十分に持つであろう

アイリッッシュウイスキーの水割り(当然シングル!)を

舐めながらつらつら思い、連れと談笑しておりました。



さて、そうこうしているうちにintroが流れてきて、メンバーが静々と・・・・

1、2、3、4、5・・・??ん?まだまだ続々と・・・10、11、12、13!

ってこんなことで驚いているということは、いかに予習不足かということが

バレバレでんがな・・・今回はそう、ほんとうに予習不足。

E,W&Fだからと安心していたが、考えてみると、彼らの曲、ちゃんと

静聴するというよりはBGM代わりだった・・・

例によって例のごとく、曲名は甚だ不安一杯(大汗)



しかし、モーリス・ホワイトとフィリップ・ベイリーの両ヴォーカルに匹敵する、

いや、パワーという面ではひょっとしたら以上のヴォーカリスト・トリオの出現にはびっくり。

しかも、その声量たるや、足元が震えるくらい・・・ってこれは大型スピーカーのせいか・・



どちらが良いと言うのでなく、フィリップ・ベイリーの声と比較すると、ヴォーカルトリオは

なんだか金管楽器的な高音の切れと響きが感じられました。



しかし、前半の圧巻は、なんといってもバラード「リーズンズ」におけるヴォーカルとサックスの掛け合い!

ヴォーカルに挑発され?!サックス(エド・ウィン)が額の血管を浮き出るようなブローの熱いソロ!

クローネンバーグの「スキャナーズ」現象が起きてしまうのではないかと心配するほどの

熱いソロでした。(ソロの終わったあと、本当にしんどそうでしたよね・・・)



それはまるで一太刀、二太刀と交わした後、鎖鎌を振り回し、鎌と分銅で大気を切り裂くように

反撃した武芸者のよう。



考えてみると、十字軍の際には、ウィルトンの枯れたサックスのなかに、往年の息吹を感じる

といった、泡盛で言うクースーのような味を味わっていた私にとって、管楽器の饒舌さと

パワーをあらためて精神棒で叩き込まれたような衝撃でした。

これはニルスのブローで往年の十字軍に思いを馳せるのとはまったく違った発見です。





後半、30分のメドレー( In The Stone〜 Fantasy〜 Jupiter〜 Getaway〜 Magic Mind

〜 Let Your Feelings Show〜 Can’t Hide Love〜That’s The Way Of The World〜 September)

ではもう会場の82%は総立ちのディスコ状態!

そう、アースはクラブではなく、ディスコ!

ステージ前のいちばん良い砂被り席4テーブルを占領していた往年のクイーンらしき

お客さんたちも総立ちで会場は興奮の坩堝!

ひょっとして、この席にsistersが居たりして・・・・・



その砂被り席の中に、ファンである母親に連れられて来たらしい、1人だけ居た小さなLadyが

ヴォーカルに手を引かれて舞台に登場!

あの雰囲気にノルには幼すぎたようだが、彼女もきっと10年後には素敵なQueenに

なっていることだろう・・・(って何の根拠があって・・・)



アンコールは「レッツ・グルーブ」実は「ブギー・ワンダーランド」を密かに期待していたのだが

まあ、これはいつの日かエモーションズとコラボしてライブやる日を楽しみにしてましょう!



煌くイルミネーション(といってもLEDではなく電球の!)ようなステージはこうして幕。

終了後、連れと当時を偲ぶ会話がはずむ。5歳の差が微妙にズレを生じさせるがそれはまあ

ご愛嬌と言うことで・・・



しかし、このライブ、ビルボードではちょっと狭すぎ!ヴォーカル3人もスッテプを踏むのに

周りを気にしている体でした。それこそBunkamuraでも負けない質と量のグループかも。

ついでに言えば、Bunkamuraにしろ国際フォーラムにしろ物足りない点、それは

飲み物とテーブルのキャンドルが無いからだ!って最近気がつきました。



アースの曲、好みは人それぞれでしょう。

私的にはやっぱり「宇宙のファンタジー」と「ブギーワンダーランド」ですねえ・・・

前者は世界的と言うより日本で1番人気の曲ではないでしょうか?

(さらに付け加えれば、モーリス・ホワイトのソロの「I need you」もなぜかすきなんですよネエ〜)



ところで、フィリップ・ベイリーのような歌声は、ファルセット・ヴォイスと言うのだと思っていたが

正しいのだろうか?

かつて、これをついついファラセットと言ってしまっていた・・・・



ファラセットといえばついついファラ・フォーセットを連想してしまう。

ピンナップガールから「チャーリース・エンジェル」で一世を風靡したのファラ・フォーセット。

売れ出した頃はファラ・フォーセット・メジャースと言っていた。

そう、当時すでに「600万ドルの男」のリー・メジャース夫人だったファラ。

実は「600万ドルの男」の1エピソードから独立した「バイオニック・ジェミー」の主演に

リー・メジャースが自分の妻であるファラを推したが結局はリンゼイ・ワグナーに決まった。

当時、ウチの組では級友がファラ派とリンゼイ派に別れていたような・・・・

って、全然関係ないじゃん!どこがライブレポートじゃい!





最後に当日のメンバー(billboard Tokyoより)

アル・マッケイ/Al McKay(Lead Guitar)

クロード・ウッズ/Claude Woods(Vocals)

ティム・オウェンズ/Tim Owens(Vocals)

ディビア・デュケット/DeVere Duckett(Vocals)

ディーン・ガント/Dean Gant(Keyboards)

ベン・ダウリング/Ben Dowling(Keyboards)

マイケル・ハリス/Michael Harris(Trumpet)

スティーヴン・リード/Stephen Reid(Trumpet)

カツトシ・ヒライシ/平石 勝俊from オーサカ=モノレール(Trombone)

エド・ワイン/Ed Wynne(Saxophone)

フレディー・フルウェレン/Freddie Flewelen(Bass/Guitar)

デイビッド・リーチ/David Leach(Percussion)

アーロン・ハガティ/Aaron Haggerty(Drums)



==============================================

どうですか?この大作!わはは。
ラ・マンチャの男(Man of La Mancha)さんの気合の入ったレポートは実に楽しいおまけも付いて、時にするどい意見、ときにズッコケを呈して私たちをライヴ当日のハイ・テンションに誘うのだ。
また、お願いいたしますよ、ラさん!!
posted by tori's 108 at 16:28| Comment(33) | TrackBack(0) | music | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月09日

雑記6

toris_style_logo.pdf

rogo2.jpg

うちの職工長候補が…続きを読む
posted by tori's 108 at 09:46| Comment(39) | TrackBack(0) | diary | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月07日

雑記5

Image183.jpg 090502_1300~01.jpg F1000189.jpg

追記有り。


体力も気力もガックリ落ち込んで、blogの更新も覚束ないときに誠にNice,Cool! & Timely!!な投稿をKimちんが受けてくれて近い将来、ネット・ショップをやる為、その商品チョイスやデザイン、ロゴ、取引勧誘などの時間を与えてもらったカタチにもなって、感謝している。続きを読む
posted by tori's 108 at 00:00| Comment(31) | TrackBack(0) | diary | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月04日

Kim's Report at Al Makay All Stars

AlMcKayAllStarsInFukuoka1.jpg


The Al McKay All Stars at Billboard Live in Fukuoka on Friday, 5/1続きを読む
posted by tori's 108 at 11:31| Comment(49) | TrackBack(0) | music | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月27日

.........

korenani?.jpg

申し訳ない、やっと頭を挙げていられるように…。

※ Kimちん!Al兄さんのライヴ・レポートに、Andyちゃんとの生邂逅レポ?書いてくれて良いん
  だけど…わはは。
続きを読む
posted by tori's 108 at 16:17| Comment(58) | TrackBack(0) | diary | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月05日

BIOHAZARD 5

biohazardxbox.jpg

BIOHAZARD 5 / for XBOX360 Deluxe Edition

続きを読む
posted by tori's 108 at 11:01| Comment(100) | TrackBack(0) | diary | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月26日

VALKYRIE

posted by tori's 108 at 00:00| Comment(60) | TrackBack(0) | movie | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。